検診がリフレッシュになる!?お泊まり人間ドックに注目

人間ドック

健診でリフレッシュ!「お泊まり人間ドック」に注目

全身の健康をチェックしてくれる人間ドックが進化! 忙しい日々に、ついつい後回しにしてしまいがちな健診ですが、近年では1泊2日で受診するスタイルも登場しています。しかもラグジュアリーなホテル宿泊や温泉まで楽しめるプランあるようです。今回はそんな「お泊まり人間ドック」について詳しくご紹介します。

目次
  1. 宿泊つき人間ドック|2日間でじっくり行う検査とは
  2. 近隣ホテルを中心にお泊まりタイプいろいろ
  3. 検査食じゃない?素敵な食事が楽しめるプランもある
  4. 特別感がたまらない個室から温泉まで!?
  5. まとめ|お泊まり人間ドックで健康管理のプチ旅行♪

宿泊つき人間ドック|2日間でじっくり行う検査とは

人間ドックは、病気の予防や早期発見のために全身を対象に行われる任意の検査です。一般的には1日で全検査が完結しますが、受診施設によっては宿泊を含め2日間で行う人間ドックコースも存在します。

健診で日頃の疲れをリフレッシュ!

医療施設では、休息の一環として人間ドックを受診することを、健康管理の1つのスタイルとして提案しています。
新たな健康管理のスタイルのひとつとして、休息の一環で受診する人間ドックコースを提供している受診施設があります。忙しい日々を送る現代の人々に、束の間でも休憩をとりつつ検査を受けてもらおうという提案です。より快適に、ゆとりをもって受診することができます。

1泊2日の人間ドック|検査スケジュールの一例

スケジュールは受診施設や選択した検査項目によっても異なりますが、2日間の検査についてタイムテーブル例をご紹介します。

【1日目の検査の流れ】

時間 検査/内容
8:30 受付・更衣
9:00 問診・身体測定・血圧測定・診察・採血・採尿
9:30 肺機能検査・視力検査・聴力検査・眼底検査
10:00 心電図検査(安静時)・腹部超音波検査
10:30 胸部X線検査
11:00 胃内視鏡検査
12:00 午前の診療終了、昼食
14:00 心電図検査(運動負荷)
14:45 婦人科検診(子宮頸部細胞診検査・乳腺エコー)
15:30 1日目の検査終了、着替えて宿泊施設へ
17:30 夕食
21:00 翌日に向け、早めに就寝

【2日目の検査の流れ】

時間 検査/内容
8:30 受付・更衣・血圧測定
9:00 ブドウ糖負荷試験
10:00 面談・生活指導
10:30 検査終了

※医療機関によって検査の項目や流れは異なります。医療機関へ十分に確認のうえ、受診ください。

近隣ホテルを中心にお泊まりタイプいろいろ

お泊りドックの宿泊タイプは近隣ホテルが中心ですが、ホテル並みのお部屋がある医療機関も。

健診施設によって宿泊場所はさまざまなタイプがあります。

近隣にあるホテルへご案内

基本的に、宿泊施設は医療機関から近い場所にあります。ビジネスホテルのシングルルームはもちろん、ご家族・ご友人と一緒に受診可能な施設の場合、ツインルームを指定できる場合もあります。

憧れのラグジュアリーホテルに泊まれるケースも!?

帝国ホテルクリニック(大阪府)の一泊人間ドックコース
写真:帝国ホテルクリニック(大阪府)の一泊人間ドックコースでは、帝国ホテル 大阪の宿泊と食事が提供されます。
健診施設によっては、通常なら1泊数万円にもなるラグジュアリーなホテルにアテンドしてもらえることがあります。人間ドック1日目の疲れを癒し、2日目の検査を前にしても気分が上がるような、優雅な雰囲気にうっとり。宿泊つきの人間ドックは日帰りドックと比較すると高額にはなりますが、なかなか行く機会のない高級ホテルに泊まれるのなら、健診に出かけるのが楽しみになりそうですね。

ホテル並みのお部屋がある健診施設で快適!

国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)の宿泊施設

写真:国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)の宿泊施設

宿泊するお部屋を備えた医療機関もあります。といっても、ベッドとシャワーがあるだけ、といった無機質なものではありません。最上階に位置した眺めのよい部屋や、リビングルームのようなソファがセットされた広々とした個室の場合もあるようです。ホテルへの移動する手間がなく、医療機関に宿泊できる安心感もあります。

検査食じゃない?素敵な食事が楽しめるプランもある

宿泊できるだけでなく、検査終了後のランチやディナーを提供してくれる医療機関もあります。

幸せ!近隣レストランの食事券付き

宿泊を伴うプランならではの提携しているレストランやホテルでの食事をいただける医療機関も。
提携しているレストランやホテルでの食事をいただけるケースがあります。日帰りの人間ドックコースでも食事つきプランは存在しますが、宿泊を伴うプランだからこその贅沢感や、翌日の検査に向けたモチベーションアップを味わうことができるのが醍醐味です。

ラグジュアリーホテルでの宿泊の場合、普段はなかなか行けない優美なレストランでの食事がいただけるなんて、かなりのご褒美!

医食同源◎うれしい豪華お弁当付き

栄養バランスが考えられた食事を提供する医療機関。参考写真:【左】国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)/【右】吉田病院(北海道旭川市)のお食事例

写真:【左】国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)/【右】吉田病院(北海道旭川市)のお食事例

しっかりと栄養バランスが考えられたお弁当を用意いただけるケースもあります。健康管理のための人間ドックならではのおもてなしですね。管理栄養士が考えたお弁当は、人間ドック受診後の食生活にも参考になるでしょう。

特別感がたまらない個室から温泉まで!?

ほかには、待機時間に個室を提供される場合も。他の受診者と重ならないように配慮され、待ち時間にスマホが使えるなど嬉しい工夫がなされています。

温泉つき施設で日頃の疲れをすっきり

温泉つき施設で日頃の疲れをすっきり!
温泉地周辺の場合、医療機関にも温浴施設が備わっていることがあります。健康管理の一環、温泉でのんびり……いわば「温泉ドック」です。宿泊時だけでなく、待ち時間にも温泉を利用できる施設もあります。

参考写真:旅館での宿泊を提供している長田病院の御花ドックプラン

写真:長田病院の御花ドックプランでは、柳川藩主立花邸 御花にご宿泊いただけるプランをご用意。

さらに、旅館での宿泊を提供する健診施設も! 会席料理や温泉というご褒美づくしに、人間ドックでの宿泊だと忘れてしまいそう。一泊旅行にきたような気分を味わうことができるでしょう。
たとえば、佐賀県小城市にあるひらまつ病院の「ひらまつ1泊2日ドック」の場合、小城温泉「開泉閣」の宿泊を案内してもらえるそう。洗練されたロビーに迎えられる医療機関で人間ドックを受けたら、夜は趣ある温泉宿へ。しかも税込5万円という価格もうれしいですね。

参考写真:佐賀県小城市にあるひらまつ病院のロビー

写真:佐賀・ひらまつ病院のロビー。ひらまつ1泊2日ドックでは、小城温泉「開泉閣」の宿泊を案内してもらえる。

人間ドックのあとは観光へ

受診者にリラックスしてほしいという思いから、観光の一環として人間ドックを受診することを、健康管理のひとつのスタイルとして提案
眺望や温泉を満喫する観光を兼ねたホテルが拠点なら、周辺観光も楽しめるはず。受診者に少しでもリラックスしてほしいという思いから、観光の一環として人間ドックを受診することを提案している健診施設は少なくありません。

まとめ|お泊まり人間ドックで健康管理のプチ旅行♪

お泊まり人間ドックは、プチ旅行気分で健康管理にも役立つ

病院が苦手、忙しいから面倒、と健診を避けてしまう人も多いかもしれません。日帰りドックに比べて検査項目の多い1泊2日の人間ドックですが、スケジュールは意外とゆったりしているので、プチ旅行気分で出かけてみるのはいかがでしょうか。想像以上に快適で贅沢な時間が過ごせて、健康管理に役立てることができるはずです。