医療関係者のあいだでは、たとえ自覚症状がなくても「50歳を迎えたら1度は心臓の検査を受診すべき」という共通認識があります。その理由は、心臓病リスクが本格的に高まる直前の年齢にあたるためです。 今回は代表的な心臓病である狭心症・心筋梗塞について、予防するための心臓ドックの検査についてご紹介します。