《予約可》静岡県の人間ドック医療機関一覧|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

検索条件

静岡県 の医療機関検索結果

静岡県 で予約可能な医療機関は 3件の医療機関です。
EPARK人間ドックでは、静岡県 の医療機関を検索し予約することができます。

3件中 1~3件表示
池田病院 健康管理センター(静岡県 )

池田病院 健康管理センターでは、池田病院グループの中軸である「予防医療・老人福祉・救急医療」のひとつ、「予防医療」の取り組みとして人間ドックを提供しています。 池田病院に併設する当センターでは、消化... 続きを見る

  • 静岡県 駿東郡長泉町本宿411-5  地図
  • 最寄り駅: 三島駅(伊豆箱根バス(大岡経由沼津駅行き)で「池田病院前バス停」下車 すぐ) / 沼津駅(伊豆箱根バス(大岡経由三島駅行き)で「池田病院前バス停」下車すぐ)
  • 休診日:日・祝

更新日:2018年9月10日

検査コースをもっと見る(全11件)
静岡済生会総合病院(静岡県 静岡市駿河区)
  • 駐車場あり
  • カードOK
  • 静岡済生会総合病院
  • 静岡済生会総合病院
  • 静岡済生会総合病院
  • 静岡済生会総合病院
  • 静岡済生会総合病院

静岡済生会総合病院は静岡市駿河区にある総合病院であり、二次・三次救急や災害拠点病院という 役割も担っています。アクセスはJR東海道本線「静岡駅」よりバスで約10分、JR東海道本線「東静岡駅」 より車で約5... 続きを見る

  • 静岡県 静岡市駿河区小鹿1丁目1‐1 地図
  • 最寄り駅: 静岡駅(しずてつジャストラインバス10分(済生会病院前)) / 東静岡駅(車5分)
  • 休診日:土・日・祝(年末年始)

更新日:2018年7月23日

宮下医院(静岡県 富士市)
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
  • 宮下医院
  • 宮下医院
  • 宮下医院
  • 宮下医院
  • 宮下医院

「医療法人社団雄健会 宮下医院」は、静岡県富士市(JR富士駅北口より徒歩7分)に所在する医療機関です。診療科目としては肛門外科、内科、外科などが設置されており、肛門外科では痔の診療に力を入れています... 続きを見る

  • 静岡県 富士市平垣本町4-1 地図
  • 最寄り駅: 富士駅(北口より徒歩7分)
  • 休診日:日・祝

更新日:2018年8月29日

3件中 1~3件表示
件中 1~3件表示

続きを見る

こんな方にオススメ

このコースのご予約はお電話にて承っております。

0066-9809-0000731
(通話料無料・24時間受付)

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

このコースのご予約はお電話にて承っております。

0066-9809-0000746
(通話料無料・24時間受付)

件中 1~3件表示

静岡県の人間ドック・検診関連情報

市町におけるがん検診実施状況

静岡県の全市町村において、肺がん検診が毎年実施されています。対象年齢は基本的に40歳以上ですが、20歳以上や40歳以上を対象にしている市町村もあります。また、胸部エックス線検診は全ての市町で行われている一方、喀痰細胞診は「問診の結果次第」、「高リスク者のうち希望者に実施」、「喫煙指数(1日に吸うタバコの本数 × 喫煙年数)600以上は喀痰細胞診」といったような条件が付いている場合や、基本的に全員に実施している場合など市町ごとに検査内容は異なっています。

静岡県における疾患による死亡状況

静岡県では多くの疾患で全国に比べて死亡率は低い状況ですが、死因別の死亡数では、がん、心疾患、脳血管疾患の順に多く、がんは増加を続けている状況です。また、平成22年人口動態統計(厚生労働省)おいて、脳血管疾患の死亡率(人口10万人対)は全国(97.7)に比べ静岡県(111.9)は高い状況にあり、健康寿命は全国トップクラスですが、一方で、脳血管疾患の死亡数が全国平均よりも多いという健康課題を抱えています。

全国トップクラスの健康寿命

平成27年12月、平成25年データに基づく都道府県別健康寿命が公表され、静岡県は男性が72.13歳で全国3位、女性は75.61歳で全国2位でした。静岡県が独自に算出した男女計では、73.90歳で全国2位となり、前回の発表に引き続き全国トップクラスの健康長寿県であることが示されました。また、「家計調査(二人以上の世帯)都道府県庁所在市及び政令指定都市別ランキング(平成27~29年平均)」によると、「緑茶」の一世帯当たりの年間支出金額は9,491円で静岡市が日本一です。静岡県は全国一のお茶の産地であり、日ごろからお茶をたくさん飲んでいることも健康長寿の理由だと静岡県では考えられています。

減塩から始める健康生活「減塩55プログラム」

静岡県では脳血管疾患対策の1つとして、高血圧の予防が効果的で、そのためには減塩が重要と考え、5年で5%の減塩を目指す、「減塩55プログラム」に取り組んでいます。その活動として、伊豆市健康づくり食生活推進員を対象に「塩の勉強会」や、「ふじ33プログラム(3人で3カ月間3分野の行動メニューに取り組む)実践教室」でも「お塩のとりかたチェック票」を取り入れ、総合健康センターで開催している「すこやかSANSUN教室」で「お塩のとりかた」の目標も立てました。