人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

豆知識 この検査は何のため?

頭部MRI/頭部MRA/頸部MRI/頸部MRAとは?

頭部MRI検査

MRI(磁気共鳴画像撮影法)装置を用いて、頭部・頭蓋内の断層写真を撮影する検査です。脳血管疾患(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)などの発見に役立ちます。磁気共鳴画像法は英語でMagnetic Resonance Imagingですので、その頭文字をとってMRIと呼ばれています。

強い磁場のなかで身体に電磁波をあてることで、体内の水素原子(プロトン)が特定の周波数に共鳴するという現象を利用し、画像をつくりだす技術です。

頭部MRI検査では、頭部の画像検査です。主に脳(大脳、小脳、脳幹)を調べますが、頭蓋骨、脊髄、下垂体、内耳、副鼻腔、眼窩(眼球や視神経、涙腺などのあるスペース)なども観察することができます。

頭部MRA検査

MRAは「磁気共鳴血管撮影法」。磁気共鳴現象を利用して頭部の血管の状態を立体画像化する検査です。くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の有無の発見などに役立ちます。MRAはMagnetic Resonance Angiographyの頭文字です。

脳動脈硬化や動脈の狭窄、拡張、動脈瘤の有無の確認がに有用です。動脈瘤については数ミリ程度の微少なものも発見する可能性がある検査方法です。

頸部MRI検査/頸部MRA検査

同じく頸部MRI検査も、脳血管疾患(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)などの発見に役立ちます。また、頸部MRA検査も、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の有無の発見などに役立ちます。

性能を示す単位T/受診時の注意点

MRI/MRA装置の性能は、最高磁力強度によって表わされます。単位はT(テスラ)です。この数値が大きいほど短い時間で質の高い画像が得られます。現在の人間ドックでは、1.5Tか3.0Tの機器が一般的です。

MRIは強力な磁力を使う検査ですので、磁石に反応するものは検査室内に持ち込み禁止です。アクセサリー、腕時計、ライター、文房具、携帯電話や電子機器などは持ち込めません。入れ歯や金属を使用したウィッグ・カツラなども検査前にはずす必要があります。

磁石がとても強いので、誤って磁石に反応するものを持ち込んだ場合は、機械に向かって思いもよらぬ勢いですっ飛んで行きます。誤って酸素ボンベや磁石に反応するストレッチャー(移動式のベッド)、点滴棒などを検査室に持ち込んでしまい大事故が起きた例もあります。

また、ペースメーカーや人工内耳などを体内に入れている方も原則的にMRI検査を受けることはできません。最近ではMRI対応のペースメーカーも開発されていますが、対応している磁場や撮影モードが限定されており、製造元によって対応状況も異なるため、確認のうえで検査を受けましょう。

人工関節や外科手術によるクリップやステントなどは最近のものは非磁性体でMRIに対応しているものがほとんどですが、確認してから検査を受けるようにしましょう。とくに15年〜20年前などの古いものはMRIに対応していないものもありますので注意しなければなりません。

入れ墨、タトゥー、アートメイクを入れている方は色素の成分で磁場と電磁波に反応するものがあり、MRI検査で熱くなってやけどをしたり、変色してしまうこともありますので、注意しながら検査を受ける必要があります。

湿布や狭心症や喘息の貼り薬も貼ったままでは検査を受けることができません。貼り薬もやけどを引き起こしてしまうからです。貼り薬を使われている方は、検査当日は検査前にはがすことを考慮して、貼るタイミングを考えたり、予備のものを持って行くなど、主治医と相談して事前に準備するようにしましょう。

最後に蛇足ですが、財布を誤って検査室に持ち込むと、MRIの強力な磁場で銀行のキャッシュカードやクレジットカードの磁気情報がやられてしまい、お金が引き出せなくなってしまいますので、気をつけましょう。