人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。

「生きて活きて逝ききる」を念頭に、"医療の設計士"として皆さまの健康コントロールを支援

沖縄県宮古島市平良字下里にある「うむやすみゃあす・ん診療所」は、遠慮のいらない医療の提供を目指しています。
「どぅすぬや(友達の家)に行くように通ってもらえ、喜怒哀楽がともにでき、垣根の低い本音で話し合える医療現場づくり」を目標に掲げ、敷居が低く、何でも気兼ねなく相談しあえる診療所でありたいと願っています。
そのため、当診療所には、老若男女問わず、多くの方々が集まり、和気あいあいとしています。

当診療所は、脳神経疾患を専門に見る診療所として宮古島では初めて開業いたしました。
もともと、ここ宮古島の人々は、“健康は天からの授かりもの”、“明日の健康の前に明日の生活(糧)”という考えが主流だったように思います。

そんな宮古島に脳神経疾患専門の診療所を作ろうと思ったのは、この地に脳神経を専門にする医師や開業医が不足していると気づいたからです。
今はこの診療所の院長をしていますが、それまでは大学や宮古島徳洲会病院の院長などをしていました。
その時にこの島のこと、現状の問題などを勉強する機会があり、“病院”ではなく、島の人々と真横に寄り添えるような形の医療機関を作ろうと決意し、この診療所を作りました。

脳神経外科の立場からすると、脳神経外科疾患の8割は急性発症です。
突然出血したり、突然梗塞を起こしたりするので、未然にどう防ぐかが重要になってきます。
たとえば、くも膜下出血や脳動脈瘤という病気の場合、それが破れる前に未然に防ぐことができれば二泊三日で家に帰れることもあります。
しかし、破れてからだと半年、ひょっとしたら二度と家に帰れないというケースも往々にしてあります。
そういったケースを防げるよう、未病・予防をすることで早期に見つけることができればいいと考えています。特にMRIの性能は日進月歩で良くなってきているので、検査を行えば、動脈瘤なら8割方見つかるような時代になってきています。

“医者は医療の設計士”という考えのもと、皆さまが人生を謳歌できるよう、どこまで私たちが寄り添い、健康な毎日作りを設計できるか、その手掛かりとして役立つのが健康診断やドックだと考えています。

うむやすみゃあす・ん診療所のこだわり

こだわり1

「どぅす(友達)・あぐ、とぅんから(同級生)」のように寄り添う

「どぅす(友達)・あぐ、とぅんから(同級生)」のように寄り添う
「どぅす(友達)・あぐ、とぅんから(同級生)」のように寄り添う

「精査脳ドック」は脳・心臓・肺・血液まで検査/その後の対話も重視

うむやすみゃあす・ん診療所では、各種脳ドックを提供しています。 その中でも「精査脳ドック」を推奨しています。
脳ドック協会の標準ドックを参考に、脳、心臓、肺、血液の四つを見ていきます。

脳を守るためには、心臓が正常に動いていることが肝心です。
その心臓が送り出す酸素を取り込むためには肺がしっかり呼吸していることが重要です。
それらを繋ぐパイプとしての血液がきちんと送れているか、そもそもキレイな血液であるかといったことも大切です。
これら三つが揃って初めて頭(脳)を守れていると考えます。

というのも、そもそも脳の検査に限って言えば、脳に傷がついたといった起きてしまった結果しか得られません。
未来予想をするために、血液検査で将来脳梗塞になりやすい傾向にないか、喫煙や暴飲暴食、偏った食生活、運動不足による動脈硬化が進行していないかといったことを見ていきます。

それらに加えて、「精査脳ドック」を推奨する理由として、お話ができるということです。
健康管理と聞いて"身体管理"と思う方は少なくありませんが、"メンタル管理"も入ってこそ、初めてご自身の健康を守ることに繋がると考えています。
そのため、不安なことは身体的なことはもちろんのこと、精神的なことも含めて気兼ねなく話していただけたらと思います。
それこそ「どぅす(友達)・あぐ、とぅんから(同級生)」のように。

ご自身のことだけでなく、家族の悩みも聞きながら、「あなたの健康は、あなたと家族の将来にとってどう関わってきますか?」という一歩踏み込んだところまで投げかけ、サポートしく医療を目指しています。


現状の脳の状態を把握し、これからの健康について一緒に考える診療所

当診療所は、「お手軽脳ドック」「標準脳ドック」といった脳ドックも実施しています。 脳梗塞リスクを調べる頭部MRI検査、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤を調べる頭部MRA検査、動脈硬化の程度を調べる頸部MRA検査を行っています。 脳ドックなので、突然発症するような動脈瘤に関しては特に注視し、見逃さないように努めていますが、ひとまず「今の脳の状態を把握してほしい」という思いで検査を行っています。

というのも、当診療所で行う脳ドックは、最終ドックではないと考えているからです。
詳細に脳のことを知りたいのであれば総合病院などで検査を受けた方が手っ取り早いです。 当診療所で脳ドックを受けて、再検査や精密な検査が必要になったり、治療が必要なケースが発生したりしたとしても、これまで培ってきた人脈を生かして、受診者一人ひとりに合った医療機関、医師を紹介するようにしています。

私たちは、受診後の人生を一緒に考えること、一人ひとりが思い描く健康について一緒に考えていくことに力を注いでいます。


こだわり2

脳ドックを身近な検査と捉えてもらえるようオープン型MRI装置を導入

脳ドックを身近な検査と捉えてもらえるようオープン型MRI装置を導入
脳ドックを身近な検査と捉えてもらえるようオープン型MRI装置を導入

閉所が苦手な方でも受診できるよう配慮

うむやすみゃあす・ん診療所では、オープン型のMRI装置を導入しています。
通常のMRI装置というと、丸い筒状の機会の中に入って検査を行っていくので、閉所が苦手な方の受診機会を喪失していたと思います。
それに比べて、オープン型のMRI検査は、閉塞感なく、気を楽にして受けていただけるので、閉所恐怖症という方や閉所が苦手な子供でも受けやすいと思います。
万が一、途中で気分が優れなくなったとしても、すぐにスタッフが対応いたします。


こだわり3

人脈を生かした診療移行/読影の専門機関への依頼で見落としを防ぐ

人脈を生かした診療移行/読影の専門機関への依頼で見落としを防ぐ
人脈を生かした診療移行/読影の専門機関への依頼で見落としを防ぐ

本島などの島外の医師を紹介する際でも"顔の見える医師"に託す

うむやすみゃあす・ん診療所では、精密な検査が必要だと判断した場合には、宮古島内で治療を受けたいと希望される方には、県立病院を紹介しています。
ただし、県立病院でも難しい場合、本島などの島外の医療機関を紹介します。

大切な島民の健康、ひいては命を預けるので、顔の知らない医師に紹介するということはしません。
院長である私が懇意にしている医師、もしくはその医師が連携をしている医師を仲介してもらうといった形で、医師間のキャッチボールを密に行って、コーディネートするように努めています。


受診後が"医療の設計士"の本領発揮/読影の専門機関にダブルチェックを依頼

当診療所では、対話を重視しています。
そのため、後日ご来院いただくようお願いしております。
ただ単に検査結果を伝えるだけであれば書面で十分事足りますが、当診療所では、検査結果をどう生かすかが重要だと考えています。
大げさかもしれませんが、“検査を受けた後の人生について一緒に考えていく”、その気概で各種ドック・健診を提供し、ドックを受けて終わりにさせない取り組みを行っています。

診断は、院長である私が行うのはもちろんのこと、京都にある読影を専門に行っている機関に依頼もして、ダブルチェックを行うように努めています。


こだわり4

医療スタッフと受診者との距離感が近いアットホームな診療所

医療スタッフと受診者との距離感が近いアットホームな診療所
医療スタッフと受診者との距離感が近いアットホームな診療所

リゾート地の保養所のような環境/腹を割って話せる関係を重視

うむやすみゃあす・ん診療所では、あえて“診療所”らしさをあまり感じさせない環境作りをしています。
「今から検査をするぞ」と医療スタッフや環境が受診者に余計な緊張やストレスを与えて多少なりとも数値に影響を及ぼしてしまっては、本末転倒だと考えるからです。

受診者が「今から医師による検査が始まる」と意識してしまった瞬間から“遠慮”が始まります。
遠慮のあるコミュニケーションでは本音で語り合えない、分かり合えないと考えているため、当診療所では、まず白衣を着用しません。
加えて、受診者番号や受診者様といった他人行儀な呼び方もいたしません。
さん付け、親しい馴染みの方にはチャン付けで呼ぶこともあります。

杓子定規な遠慮を必要としない間柄になってから初めて本音で話してもらえるようになり、それが健康寿命延伸、幸せな人生を送るためにこの検査結果をどう生かしていくか、といったことを一緒に考えていくことに繋がると思います。

また、しっかりと話をしたいと判断した受診者には、その旨をお伝えし、了解をいただけたら順番を最後に変更して、とことん腹を割って話をするようにしています。


医師・スタッフ

院長:竹井 太 先生

院長:竹井 太 先生

医療機関特有の無機質なイメージを排し、木のぬくもりや自然を感じられるよう検査室も杉壁にするなど、受診者の緊張緩和に努めています。

【略歴】
1981年6月~1983年3月 東海大学 医学部 脳神経外科 研修医
1986年7月~1994年3月 東海大学 伊勢原病院 脳神経外科
1994年4月~2001年3月 東海大学 大礒病院 脳神経外科
2001年4月~2005年3月 宮古島徳洲会病院 院長・脳神経外科部長
2005年4月~2006年6月 沖縄県立宮古病院 脳神経外科
2006年8月 医療法人たぶの木 うむやすみゃあす・ん診療所 開設
2012年11月 ふれあい医療研究所 設立
2016年6月 沖縄県認知症疾患医療センター(連携型) センター長
【資格】
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医

肺がんドック

女性スタッフ可 男女共通 全年代 オプション検査あり

肺がん検診

15,270

(税込)
3月 4月 5月
×
所要時間
1時間未満
結果説明方法
当日結果説明/後日来院/後日郵送
  • 喫煙している、喫煙していた方
  • ご家族が喫煙している、喫煙していた方
  • 日ごろからせきやたんが出る方
  • 呼吸時にゼーゼーと音が鳴る方

【ペア価格】肺がんドック

女性スタッフ可 男女共通 ペア 全年代 オプション検査あり

肺がん検診

20,370

(税込)
3月 4月 5月
×
所要時間
1時間未満
結果説明方法
当日結果説明/後日来院/後日郵送
  • 喫煙している、喫煙していた方
  • ご家族が喫煙している、喫煙していた方
  • 日ごろからせきやたんが出る方
  • 呼吸時にゼーゼーと音が鳴る方

お手軽脳ドック

男女共通 全年代 土曜可 オプション検査あり

脳ドック

15,270

(税込)
3月 4月 5月
×
所要時間
約1.5時間程度
結果説明方法
後日来院/後日郵送
  • ご家族に脳疾患の経験者がいる方
  • 初めて脳の検査を受診する方
  • めまい、立ちくらみ、耳鳴り、軽度の頭痛が気になる方

標準脳ドック

男女共通 全年代 土曜可 オプション検査あり

脳ドック

30,040

(税込)
3月 4月 5月
×
所要時間
約2時間程度
結果説明方法
後日来院/後日郵送
  • ご家族に脳疾患の経験者がいる方
  • 初めて脳の検査を受診する方
  • めまい、立ちくらみ、耳鳴り、軽度の頭痛が気になる方

精査脳ドック

男女共通 全年代 土曜可 オプション検査あり

脳ドック

40,230

(税込)
3月 4月 5月
×
所要時間
約3時間程度
結果説明方法
後日来院/後日郵送
  • ご家族に脳疾患の経験者がいる方
  • 初めて脳の検査を受診する方
  • めまい、立ちくらみ、耳鳴り、軽度の頭痛が気になる方

認知症予防ドック

男女共通 土曜可 オプション検査あり

脳ドック

20,360

(税込)
3月 4月 5月
×
所要時間
約3時間程度
結果説明方法
後日来院/後日郵送
  • ものわすれが気になる方
  • アルツハイマーや認知症などの病気が心配な方
  • 軽度認知障害を心配されている方
  • ご家族にアルツハイマー病の既往歴がある方

うむやすみゃあす・ん診療所の基本情報

住所・最寄駅
沖縄県宮古島市平良字下里1477-4

休診日
日・祝
責任者
院長:竹井 太 【略歴】
1981年6月~1983年3月 東海大学 医学部 脳神経外科 研修医
1986年7月~1994年3月 東海大学 伊勢原病院 脳神経外科
1994年4月~2001年3月 東海大学 大礒病院 脳神経外科
2001年4月~2005年3月 宮古島徳洲会病院 院長・脳神経外科部長
2005年4月~2006年6月 沖縄県立宮古病院 脳神経外科
2006年8月 医療法人たぶの木 うむやすみゃあす・ん診療所 開設
2012年11月 ふれあい医療研究所 設立
2016年6月 沖縄県認知症疾患医療センター(連携型) センター長
【資格】
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧