人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駅近

土曜日も人間ドックが受診できる大宮駅徒歩5分の埼玉県さいたま市にあるクリニック

大宮エヴァグリーンクリニックは、JR大宮駅東口から徒歩約5分の立地の埼玉県さいたま市大宮区下町2丁目にあります。
このエリアの周辺は企業が多く、そこへ勤務しいている人が人間ドックの受診にくることが多いです。 比較的健康意識が高い人の来院が多いようにも感じています。

大宮区はまだまだ健診施設の数が足りおらず、当院でもすべての受診者を受け入れられないケースがあります。
しかし、会社で受ける健康診断の検査項目だけでは病気の早期発見に至らないこともあるので、任意で受ける人間ドックの受診数が多いことは喜ばしい事実です。
当院は、健診やドックを受診しに来た人をすべて受け入れられるようなクリニックを目指して、今後も健康維持のサポートに取り組みたいと考えています。

近年は病気になってから治療するのではなく、病気になる前に予防し、病変を早期発見して治療まで行う「予防医学」がなによりも重要な視点だと言われます。
会社の健診だけでなく「人間ドック」を受診することが、病気の早期発見・早期治療につながり、将来の健康寿命を延ばすキーポイントになると当院では考えます。

また、当院はスタッフの笑顔が溢れ、清潔感のある過ごしやすいクリニックを目指しています。 居心地の良さを意識した当院で人間ドックの受診をおすすめします。

大宮エヴァグリーンクリニックのこだわり

こだわり1

早期の胃がん発見に役立つ胃カメラをオプションで胃部X線検査から変更可

「人間ドック」は全身の疾患を総合的に調べるスタンダードな検査コース

大宮エヴァグリーンクリニックの「人間ドック」は、全身を総合的に調べるスタンダードな検査コースです。
疾患リスクを幅広くカバーする検査内容に加え、設定している上部消化管検査はオプションで胃部X線検査から胃カメラへと変更することができます。

胃カメラは、検査方法を経口方式と経鼻方式から選ぶこともでき、診療科として消化器科・胃腸科を設置している当院の強みを活かした人間ドックコースです。


病変を浮かびやすくするレーザーを使用した胃カメラを検査に導入

当院は胃カメラ検査に注力しており、検査ではレーザーを使用した胃カメラを導入しています。
この胃カメラは、白色光で確認する一般的な胃カメラと異なり、レーザー光を使っているので、病変を浮かびやすくするという特長があります。

会社の定期健康診断では胃部X線検査を受診することが多いと思いますが、毎年「胃部X線検査」ではなく、できれば胃部X線検査よりも検査で得る情報量が多い胃カメラも受診することをおすすめしています。
基本的には1年に1度、胃カメラでの検査を推奨しているので、まずは3年間のうちに一度も胃カメラを受けていない人は、今年は人間ドックでの胃カメラ検査を受診してみることを推奨します。


こだわり2

将来の健康維持のために人間ドックを受診/必要な検査はオプションで追加

オプション検査は前立腺がんを調べる腫瘍マーカーの追加が多い傾向

大宮エヴァグリーンクリニックでは、胃カメラのほかにもオプションで追加できる検査を複数設定しています。

オプションの検査項目には、血管年齢がわかる「動脈硬化度測定」や骨密度を測る「骨塩定量検査」、前立腺がん・大腸がん・卵巣がんなどをスクリーニングする各種腫瘍マーカーなどを設定しています。

腫瘍マーカーは採血で診断するため、新たに検査を追加する必要がなく、受診者の負担も軽減されます。
腫瘍マーカーのなかでも、前立腺がんは罹患率が高くなると言われていることもあり、疾患リスクを調べるためオプションとして検査を追加する人も多いです。


予防医療として人間ドックを受診することが健康寿命を延ばすキーポイント

会社では健康診断の受診が義務づけられているため、定期的に健診を受診する人は多いかと思います。
会社で受ける健診は採血、心電図、レントゲン検査など必要最低限の項目のみ実施されますが、それだけでは不十分なケースもあります。

近年は病気になってから治療するのではなく、病気になる前段階で予防し、早期発見して治療まで行うという「予防医学」をもとにした医療が主流です。
当院が注力している上部消化管検査はもちろん、簡易的な健診ではなく「人間ドック」を受診することが病気の早期発見・早期治療につながると考えています。
予防医療を重視し実践することが、将来の健康寿命を延ばすキーポイントではないかと考えます。


こだわり3

病変を見逃さないようダブルチェックに注力したフォロー体制

2次検査は当院でも受け付け/受診者の希望で紹介にも対応

大宮エヴァグリーンクリニックの近隣には、主な施設として自治医科大学の埼玉医療センター、さいたま医療センター、さいたま赤十字病院があり、連携機関として認定されています。
万が一健診で異常が発見された場合には、必要に応じて2次検査のために、これらの連携施設を紹介します。

ケースによっては、埼玉県立がんセンターにも紹介することはありますが、基本的には当院に近い医療機関を指定します。
ただし、受診者が希望する場合には他医療機関の紹介状にも対応します。
また、当院で2次検査ができる範囲については、受診者と相談の上で当院を再受診することも可能です。

当院での2次検査を行うケースでは、たとえば、前立腺のがん検診(PSA検査)で異常値だった人などです。
このような場合、すぐに生検を行う必要はなく、フォローしていくことも重要です。
そのため、他の大病院で再検査を行う前に当院で様子を見ながら、必要に応じて日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医的のいる施設への紹介や、猶予があれば受診者と相談して採血などを行います。


検査結果は報告書で送付/ダブルチェックを基本とした画像診断

当院では、受診日当日の結果説明でなく、報告書を郵送して結果をお知らせしています。
結果報告書は、難しい専門用語などは使わずに受診者がわかりやすいよう工夫をしています。
内容については、希望に応じて後日来院していただいき、説明することもできます。

また、画像診断は胸部X線検査について、埼玉医科大学教授と当院の院長でダブルチェックを行っています。
消化器の検査画像やマンモグラフィも含めて、基本的に全ての画像診断でダブルチェックを行う体制をとっています。

昨今は、レントゲン画像で病変を見逃す例なども見受けられますが、お金を払って人間ドックを受診しているにも関わらず、病気を見逃してしまうことは大きな問題です。
当院では、見逃しがないよう、ダブルチェックを必須とした診断に取り組んでいます。


こだわり4

人間ドック受診中にも快適に過ごせるような環境づくりを意識

JR大宮駅から徒歩約5分の立地/土曜日も受診可能

当院はJR大宮駅東口から徒歩約5分の立地にあり、土曜日も受診可能です。
そのため、平日に仕事をしている人も受診しやすいと思います。

また、院内には、ゆったりと座れる待合室を設けています。
待合室には、ウォーターサーバーや雑誌をそろえ、待ち時間もくつろいで過ごしてもらえるように配慮しています。
とくに受診者の接遇には力を入れ、社外から講師を招いての研修などにも取り組んでいます。
笑顔で声かけをするところからはじまって、受診者がドック中を快適に過ごせるような環境づくりを意識しています。


医師・スタッフ

院長:伊勢呂 哲也 先生

地域の皆さまが健やかに暮らせるよう願いを込めて、各種健診、人間ドックの提供をしています。

【略歴】
2009年3月 名古屋大学医学部医学科 卒業
2011年4月 JAあいち豊田厚生病院 腎臓泌尿器外科 勤務
2014年4月 医療法人仁生会 高木病院 勤務
2016年4月 医療法人誠高会 おおたかの森病院 勤務
2019年4月 大宮エヴァグリーンクリニック 院長就任
【資格】
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医

45,100

(税込)
くすりの窓口ポイント:12,300P
6月 7月 8月 9月 10月 11月
  • がん・生活習慣病などを発見したい方
  • 健康診断など簡単な検査しか受けたことがない方

48,400

(税込)
くすりの窓口ポイント:13,200P
6月 7月 8月 9月 10月 11月
  • がん・生活習慣病などを発見したい方
  • 健康診断など簡単な検査しか受けたことがない方

大宮エヴァグリーンクリニックの基本情報

住所・最寄駅
埼玉県さいたま市大宮区下町2-16-1 アクロスビル3F

JR宇都宮線大宮(埼玉県)駅(徒歩5分)
休診日
日・祝 (土曜午後)
責任者
院長:伊勢呂 哲也 【略歴】
2009年 名古屋大学医学部医学科 卒業
2011年 JAあいち豊田厚生病院 腎臓泌尿器外科 勤務
2014年 医療法人仁生会 高木病院 勤務
2016年 医療法人誠高会 おおたかの森病院 勤務
2019年 大宮エヴァグリーンクリニック 院長就任
【資格】
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧