人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

いすゞ病院インタビュー

レディースデー、ミックスデー(夫婦ともに参加)などの健診形態をご用意しています。

Dr.インタビュー:芦原 毅 院長
地域密着医療として、ライフスタイルに合わせたサポートをおこなってきました。女性専用のレディースデーだけでなく、夫婦で一緒に参加できるミックスデーも設けており、様々な形態の健診を選択していただけます。2017年にリニューアルを行い、快適に過ごせる環境も整えていますので、ぜひお越しください。

  • 貴院を訪れる受診者様の傾向について教えてください。

    当院はいすゞ自動車が企業病院としてやっている病院です。地域住民の方の健康のために会社として地域貢献しています。約9割が住民の方、1割が社員ですが、健診となると近隣企業の方が非常に多くいらっしゃいます。個人で健診を受けにこられる方はまだそれほど多くなく、今後もっと力を入れて喚起していかなければいけないと思っています。

  • 予防医学の重要性について教えてください。

    日本も寿命が延びてきて、2人に1人ががんになってしまう時代になっています。もちろんがんを発見することも重要ですが、健康寿命を考えると寝たきりの期間をいかに短くできるかが重要です。がんの発見以外にも、メタボなどの生活習慣病の改善に対して、予防的な健診が必要だと考えます。

  • 任意型の人間ドックを受診することの意義について教えてください。

    一般健診は、最低限の検査項目になりますので、がんの発見などを対象にしていないです。メタボなどの生活習慣病に関してはだいぶ充実してきましたが、家系的な疾患にはまだまだ十分とは言えません。そのため、人間ドックなどの細やかな健診をしていく必要があります。予防や早期治療と考えると、35歳くらいから健診を受けていただくことを推奨します。

  • 人間ドック(胃部X線検査)について教えてください。

    胃部X線検査は、バリウムを利用したレントゲン検査になります。内視鏡もありますが、大部分の方がバリウムを選択されます。現在では潰瘍やがんの原因となるヘリコバクターピロリ菌がレントゲンで見分けがつく時代になってきました。ピロリ菌も同様です。これらを発見した場合には、早めにご説明をし対応させていただいています。

  • オプション検査について教えてください。

    当院ではより詳しく健康状態を知っていただくために、オプション検査を充実させています。受診者様ご本人が今かかっている病気に合併しやすい検査を選ぶことを大事にしています。また、家系的に起こりやすい疾患リスクも考えています。どうしても年齢を重ねる毎ににがんのリスクは高まりますので、年に1回は受けてみて、必要なオプションを追加してください。当日追加可能な検査もありますので、ご相談ください。

  • 女性向けオプション検査について教えてください。

    女性向け健診は、恥じらいもありなかなか受けられる方が少ないです。乳がんや子宮がんは増加傾向にありますので、少しでも受けやすい環境を作ることも我々の務めだと考えています。そのため、レディースデーを設け、男性の目に触れないよう気を付けています。夫婦で受けたい方もいますので、月に1回は男女ミックスの日を作っていますのでぜひご利用ください。

  • MRI検査やCT検査について教えください。

    MRI,CTにおいては、人間ドックに十分な性能の機械を導入しています。MRI検査は頭部が1番重要ですが、脳腫瘍や認知症についてもチェックすることが可能です。また、喫煙者には胸部CTを1~2年に一度はぜひ受けていただきたいです。そのほかにも腹部CTでは内臓脂肪面積の測定も可能ですので、メタボのチェックに有効です。

  • 受診環境のこだわりについて教えてください。

    当院は2017年にリニューアルを行いました。ワンフロアですべての健診ができる作りになっています。外来診療とはフロアが異なるので、インフルエンザなどの感染リスクも抑えられますので、気軽に受診していただけます。また、婦人科系の検査室は中待合室を含めて一カ所に集めることで、なるべく女性だけの空間で気兼ねなく婦人科健診を受けていただけるように考えています。

  • 受診しやすさの配慮・接遇面の工夫について教えてください。

    当院では第1・第3土曜日も人間ドックを行っています。やはりお仕事などで平日に来られない方からの要望が多いため、実施することにしました。内視鏡ももちろん行っていますし、今後もニーズによって午後ドックなど、さらに喜んでいただけるようなシステムを導入したいと考えています。そのためのアンケートも実施していますので、どんどんご意見をお待ちしています。

  • いすゞ病院の強みをお聞かせください。

    当院では、健診部門と病院部門を統合して、受診IDも統合し、すべてのデータを同じIDで診れるようにしました。そのため、診療に関してもドックに関してもシームレスに移行ができます。どちらでやった検査も外来診療部で診れますし、外来診療部の2次検査をやってどうだったのかを健診部でも確認できますので、一つの施設の中ではうまく連携しているかと思います。

"

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する