人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駐車場あり

地域のみなさまのよりどころになる総合病院を目指して

県南病院は、土浦市中の緑豊かな丘陵地帯にある総合病院です。最寄りにはJR常磐線の荒川沖駅がありますが、2kmほど距離があるので荒川沖駅からは当院の送迎バスを利用ください。また、広い駐車場があるので自家用車でのアクセスに便利です。
当院は、急性期(病気になりはじめた時期)からリハビリテーションまで、治療をトータルに行える脳神経外科の専門施設です。何よりも大切なことは脳血管障がいなどの疾病をあらかじめ予防することにあると考えています。そのため当院では予防医療にも力を入れており、検査項目を充実させるとともに、地域のみなさまの予防意識を高めるための啓もう活動にも取り組んでいます。脳血管障がいなど緊急手術を行う必要がある場合は、すぐに対応できる体制も整っています。

医療法人財団 県南病院のこだわり

こだわり1

受診者のストレスを抑える大型MRIを導入

受診者のストレスを抑える大型MRIを導入
受診者のストレスを抑える大型MRIを導入

閉所恐怖症の方に配慮し、ドームの口径が大型のMRIを採用

県南病院は、東芝製1.5テスラのトンネル型MRIを導入しています。このタイプはドームの直径が70㎝ある大型で、閉所恐怖症の方や狭いところが苦手だという方もストレス少なく検査が受けられます。この装置では、脳や脳血管の状態を精細に検査することが可能です。検査時間は40分ほどで、検査当日に画像をお見せして結果を説明します。くも膜下出血などの原因になる脳動脈瘤、脳血管障がい(無症候性脳梗塞)や脳腫瘍などの発見に有効です。

MRI画像を使用し、脳の萎縮の程度を調べる検査も行っております

県南病院では、VSRAD(ブイエスラド)という画像処理・統計解析ソフトウェアを導入し、脳の萎縮の程度を調べる検査も行っています。
早期アルツハイマー型認知症やアルツハイマー型認知症はもの忘れの進行とともに、内側側頭部(海馬・扁桃・嗅内野の大部分)、特に海馬という記憶に関する部分が萎縮するのが特徴と言われています。アルツハイマー型認症などの症状の発見に有効であり、早期対応が期待できます。

こだわり2

より精度の高い読影を目指してダブルチェック体制、さらに定期医師会合でもチェック

より精度の高い読影を目指してダブルチェック体制、さらに定期医師会合でもチェック
より精度の高い読影を目指してダブルチェック体制、さらに定期医師会合でもチェック

検査技師と担当医師による読影のダブルチェック

当院では、検査後のデータや画像を検査技師と担当医師の2人で読影しています。
ダブルチェックすることにより、病変の見落としや検査ミスを極限まで少なくし、質の高い検査結果が導き出すことを目指しています。さらには定期的に行うカンファレンスにおいても、画像をチェックするという取り組みなども行っています。カンファレンスは技師や常勤のドクター全員が参加して実施するもので、複数の経験のある医師の読影により、より質の高いチェックが期待できます。

こだわり3

検診だけでなく、健康を考えた栄養・運動・保健指導も実施

検診だけでなく、健康を考えた栄養・運動・保健指導も実施
検診だけでなく、健康を考えた栄養・運動・保健指導も実施

受診者の健康を考え栄養指導、運動指導、保健指導などにも力を入れています

県南病院では栄養指導や運動指導、保健指導などを行い、受診者のみなさまが日々健康に過ごせるようにサポートしています。予防医療を考えるうえで、普段の食事や運動習慣も大切なことです。糖尿病や血管障がいなどを予防するための食事の指導、毎日の運動の習慣づけの指導などを実施しています。また、検査後にはデータを提示しながら、今後起こりうる疾病のリスクを洗い出し、あらかじめ予防するためのさまざまな提案を行っています。

職員一人ひとりが丁寧に、相談を受けられる体制を整えています

当院ではどんなことでも気軽にご相談いただけるように、職員一人ひとりがみなさまの質問に応じる体制を整えています。専門の窓口を設置しているというわけではないですが、人間ドックや脳・脊髄ドックについて、何か疑問や質問がありましたらスタッフへ気軽にご相談ください。
また、検査結果に関する相談にも応じておりますので、不安がある場合には総合診断書を持参して来院ください。人間ドックに関する検査内容や、料金についての説明も丁寧に行うよう心がけています。

こだわり4

みなさまにリラックスして検査してもらえる設備が充実しています

みなさまにリラックスして検査してもらえる設備が充実しています
みなさまにリラックスして検査してもらえる設備が充実しています

清潔感のあるきれいな院内で落ち着いて検査が受けられます

県南病院は、2017年の5月に新棟を開院しました。院内は白を基調にした清潔感のある明るいデザイン設計を採用し、不安のある受診者がリラックスして検査に臨めるように工夫しています。
広い通路や車イスで利用できるトイレ、車イスで利用できるエレベーターなどを備え、障がいのある方やお年寄りの方でも、負担なく利用できるバリアフリー設計です。検査室なども広々とした設計になっているので、ゆったりとした気分で検査が受けられます。

無料送迎バスを運行しているのでアクセスも問題ありません

県南病院は最寄りのJR常磐線荒川沖駅から2kmほどの距離があるため、荒川沖駅から無料送迎バスを運行しています。送迎を希望される受診する方は、あらかじめ予約時にお知らせください。バスが到着するエントランスから受付まではスロープが設けられているので、車イスの方や足の不自由な方も楽に出入りできます。

◇基本脳ドックコース◇

専門医 男女共通 全年代 オプション検査あり

脳ドック

27,500

(税込)
5月 6月 7月
×
所要時間
約1時間
結果説明方法
当日結果説明(無料)
  • めまい、立ちくらみ、耳鳴りが気になる方
  • 頭痛が気になる方
  • ものわすれが気になる方
  • ご家族に脳疾患の経験者がいる方

◇基本脊椎ドックコース◇

専門医 男女共通 全年代 オプション検査あり

その他

27,500

(税込)
5月 6月 7月
×
所要時間
約1時間
結果説明方法
当日結果説明(無料)
  • 腰痛・頚部痛・肩こりが気になる方
  • 脊椎・脊髄の状態を詳細に知りたい方
  • 今現在症状はないが年に1~2度襲われる痛みに悩んでいる方
  • 脊椎疾患を抱え治療法の選択に迷っている方

医療法人財団 県南病院の基本情報

住所・最寄駅
茨城県土浦市中1087

JR常磐線荒川沖駅(車約7分)
休診日
日・祝 (年末年始)
駐車場
駐車場あり
責任者
理事長:塚田 篤郎 【略歴】
1980年3月 筑波大学医学専門学群 卒業
1980年6月 筑波大学附属病院 脳神経外科
1985年2月 筑波メディカルセンター病院 救急科長
1986年4月 県西総合病院 脳神経外科 医長
1987年4月 筑波メディカルセンター病院 脳神経外科 医長
1988年4月 筑波記念病院 脳神経外科 医長
1989年4月 筑波大学臨床医学系 脳神経外科 講師
1990年4月 医療法人財団 県南病院 副院長
2004年7月 医療法人財団 県南病院 院長
2006年9月 医療法人財団 県南病院 理事長

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧