人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

5 件の医療機関が見つかりました|1~20件表示

更新日
2021年01月05日

駅近 カードOK 英語 バリアフリー

大阪府の人間ドック・検診関連情報

市町村別・部位別のがん検診受診率

大阪府によると、各市町村でのがん検診受診率には大きな差があります。例えば、2015年の胃がん検診では、最も高い受診率を誇る箕面市では25.4%であるのに対して、最も低い受診率の池田市では2.4%しかありません。これは他の部位も同様で、市町村間の差が大きい現状にあります。また、大阪府全体での部位毎の受診率も異なっており、2015年現在、胃がん5.5%、大腸がん16%、子宮頸がん23.9%、乳がん18.2%、肺がん12.2%となっています。

性別ごとの罹患率の差異

大阪府立成人病センター調査部の「大阪府におけるがん登録(2013年)」によると、大阪府のがん罹患率は性別によって異なる傾向を示しています。まず男性に関して、40歳から70歳までは胃がんが最も多く、75歳以上になると肺がんが最も多いというデータが示されています。一方で、女性に関しては、30歳から64歳までは、乳がんが最も多いとの結果が出ています。

大阪府のがん啓発活動

大阪府の健康づくり課生活習慣病・がん対策グループでは、大阪府内の各小中学校・高等学校や自治会などからの依頼に応じて、がんに関する様々なテーマの出張講習会を行っています。最近取り扱ったテーマとしては、「乳がん自己触診法について~まずは、触ってみることから始めましょう~」、「がんのことを知らないのはもったいない~女性特有のがんを中心に~」などがあります。

がん拠点病院の指定

大阪府では、質の高いがん医療を受けることのできる医療機関を府民が迷うことなく選ぶことができるよう、日本において罹患者の多い肺がんと胃がん、肝がん、大腸がん、乳がんの診療等に関して特定の要件を満たした病院をがん診療拠点病院として公表し、周知しています。このがん診療拠点病院に指定された病院は、府民に対してがん診療状況等を公開し、がん医療の水準向上にまい進しております。