人間ドック・各種検診を受診される皆さまへ

台風15号の影響により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
現在、関東地方を中心に停電が発生している地域があります。
停電対象地域、およびその周辺の医療機関で人間ドック・各種検診予約が確定されている方は
事前に受診予定の医療機関にお問い合わせくださいますようお願いいたします。
株式会社EPARK人間ドック事務局

《予約可》静岡徳洲会病院の人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。医療機関直通の番号ではありません。

静岡徳洲会病院

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

40代からの「PET-CT検査」を受診しておくことを推奨します

医療法人沖縄徳洲会「静岡徳洲会病院」は、静岡市駿河区エリアで人間ドックを提供する医療機関です。当院は「がんの早期発見・早期治療」「保健指導を含めて生活習慣病の予備軍の健康管理」「快適な健診が受けられる、真心を持った対応」を重点に人間ドック・各種健診を実施しています。
また、「予防医学」を重要と考えており、健康寿命と平均寿命の差である10年を近づけていく必要があります。健康でいるためには、まず一つは病気にならないことが大事ですが、きちんと調べておかなければならないのは、死亡率が高いがんや心臓病、脳卒中、肺炎です。脳卒中や臓病は通常の健康診断でも調べられるため、徐々に減っているのですが、高齢社会の真っただ中ということもあり、がんだけはまだ増え続けているように思います。当院は、そのための予防医学として人間ドックがあると考えています。
当院では「PET-CT検査」を実施しています。がんは、50~60代で増加していくため、当院は、がんが発見される前に、40代くらいから「PET-CT検査」を受診しておくことを推奨します。特に、タバコを吸う人、アルコールをよく飲む人に受診をおすすめします。

施設写真

  • 静岡徳洲会病院のPET-CT検査機器
    PET-CT検査機器です。
  • 静岡徳洲会病院の待機室
    待機室です。
  • 静岡徳洲会病院の診察室
    診察室です。
  • 静岡徳洲会病院のバス停
    最寄りバス停です。

診療時間

診療時間
09:00~12:00 × × ×

休診日:月・日・祝(年末年始)

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

  • ※予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。
  • ※次の時間帯は自動応答での折り返し受付となります。
    ・平日夕方18時から翌朝9時まで・土日祝日

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

静岡徳洲会病院のこだわり

こだわり その1「PET-CT検査」を軸とした検査コースを実施

「PET-CT検査」を軸とした検査コースを実施

がんが小さければ、簡単な手術で済む

静岡徳洲会病院は、「PET-CT・がんドック」「PET-CT・脳ドック付き[問診なし]」「PET-CT・脳ドック付き[問診有]」は、いずれもPET-CT検査を軸とした検査コースです。がん細胞に集積するブドウ糖に似た性質を持つ薬品(FDG)を全身に分布させ、CT撮影によってがんの位置や大きさを検出する検査方法です。
当院は、「PET-CTは、がんを小さい段階で見つけられる」と考えています。がんが小さい段階で見つかると何が良いかといえば、たとえば肺がんの場合、胸腔鏡というもので処置できます。小さければ、簡単な手術で済む場合が多いです。よく受診者から「なぜ早期発見が大切か?」と聞かれますが、「小さければ、簡単な手術で済む」というメリットがあるからです。

早期発見しにくいがんを調べる「腫瘍マーカー検査」

当院では、PET-CT検査と併せて「腫瘍マーカー検査」を実施しています。腫瘍マーカーを組み合わせているのは、FDGの集積が低い前立腺や肝臓など「PET-CT検査」では、早期発見しにくい部分のがんを発見するのが主目的です。
実施している「腫瘍マーカー検査」は、PSAとNAP‐22です。この他にも対応している種類もありますが、それらは基本的に「PET-CT検査」でも見つけることが期待できます。

こだわり その2受診者のニーズを反映させた脳ドック

受診者のニーズを反映させた脳ドック

5年に1回の「脳ドック」受診を推奨

静岡徳洲会病院は「PET-CT検査」との組み合わせで「脳ドック」を実施しています。「脳ドック」は、三大疾患のひとつである脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見・早期対応につなげることが主目的になります。また、受診者から「PET-CTと脳ドックを組み合わせてほしい」というニーズがあり、これを検査コースに反映させました。
当院は、5年に1回の「脳ドック」受診し、くも膜下出血や動脈瘤のリスクを調べることを推奨しています。

脳梗塞のリスクを調べる「頸動脈超音波(エコー)検査」

当院の「脳ドック」は、「頭部MRI検査」「頭部MRA検査」「頸動脈超音波(エコー)検査」を検査項目として設定しています。
脳梗塞の起こり方には、「脳の血管がとって詰まる場合」「不整脈で心臓からとってくる場合」「動脈の中にクラークが破裂して起こる場合」があり、脳や首の血管の動脈硬化が原因で脳梗塞になることがあります。それを見つけるための「頸動脈超音波(エコー)検査」です。

こだわり その3受診後の食事提供などホスピタリティを大切に

受診後の食事提供などホスピタリティを大切に

画像検査の読影は全てダブルチェック体制

静岡徳洲会病院は、画像検査の読影について、全てダブルチェック体制を整備しており、放射線科の医師と各医学に知見のある医師が担当しています。また、血液検査などその日に判明する一部の検査結果について、受診日中に説明を受けることができます。最終的な結果報告書は2週間後の郵送が基本です。
もしも、検査で問題が見つかった場合本人の同意を得た上で、たとえば、その場であらかじめ承諾を得ている人にはポリープ切除、ピロリ菌検査にも対応しています。

施設1Fに「PET-CTセンター」、3Fには「健康管理センター」

当院は、施設1Fに「PET-CTセンター」が、3Fには「健康管理センター」を設け、一般的な人間ドックは「健康管理センター」の中で全て完結できるようにしてあります。
当院は「PET-CT検査」の受診後にはお食事を提供しているなど、受診者への対応・ホスピタリティも大切にしています。
また、基本案内は全て女性スタッフの方で受付から最後の見送りまで行い、医療と同じ建物で人間ドックを実施しています。受診者が迷ったりしないように誘導する女性スタッフが付きますのでリラックスして受診することができます。

こだわり その4正しいがん検診が何よりも大切

正しいがん検診が何よりも大切

早期でがんを見つけるために「PET-CT検査」を推奨

医療現場では、「がん検診をして、がんが見つかってがんが発展して、手術し、再手術し、死んでしまった」という例が多くあります。当院は、そのようにならないよう、正しいがん検診をしていくことを大切にしています。
たとえば、胃がんの場合は胃部X線ではなく胃カメラ、大腸がんは便潜血だけではなく大腸カメラ、肺がんはレントゲン写真撮影などが挙げられます。がんが早期がんで見つかることは少ないということで、当院は「PET-CT検査」を推奨しています。

インタビュー

治るがんを見つけるためのがん検診をおこないます。そして最小限で治療できるよう努めています。

治るがんを見つけるためのがん検診をおこないます。そして最小限で治療できるよう努めています。

Dr.インタビュー:相澤 信行 先生
健診は、予防医学にとって非常に大切です。健診を受けることで疾患の早期発見につながりますので、我々も治るがんを見つけられるよう日々努めています。機械も豊富ですので、様々な検査を当院で受診していただく事ができます。受診者様に負担のないような院内環境も整えておりますのでお気軽に当院にご来院ください。

インタビューを見る
  • 予防医学の重要性について、貴院のお考えを詳しくお聞かせ願います。

    現在の日本は、健康寿命と平均寿命の差が10年あります。その10年を縮めるためには、病気にならないことがまず第一です。特に一番死亡率の高いがんをはじめ、心疾患、脳疾患、肺炎については特に気を付けたい疾患です。これらは健康診断で早期に発見が可能ですので、健康寿命を延ばすためにもぜひ健診をお受けください。

  • 貴院が提供する「PET-CT検査」の受診が推奨される年代やプロフィール、受診頻度の目安があればお教え願います。

    がんは50代60代からだんだん増えていきます。そのため、その前の40代くらいから受診しておくことをお勧めします。特に喫煙者や飲酒歴の長い方、糖尿病の方はがんリスクが高まりますので、このPET-CT検査を積極的にお勧めしています。健康に自信がある方でも自覚症状がないケースも多いですので、できれば年に一回は受診していただいた方が安心です。

  • PETとは?

    放射線を使った検査で、がんの発見に役立ちます。保険適用が可能な病気もあります。

  • PET検査のしくみ

    がん細胞は、正常細胞とくらべ、とても多くのブドウ糖を細胞内に取り込んで消費します。この性質を利用して、ブドウ糖が他の臓器より多く集まっている場所をつきとめて「がん」を発見するのが「PET検査」(ポジトロン断層撮影)のしくみです。

  • PET検査とは?

    PET検査とは「ポジトロンエミッショントモグラフィー」「陽電子放射断層撮影法」と呼ばれ、X線CTの様な装置で、心臓や脳、腫瘍などの動きを断層画像(輪切りや縱切りの画像)として捕らえ、病気の原因や病状を診断する検査方法です。検査方法は「ポジトロン(陽電子)」を放出する薬剤を注射し薬剤が体内を移動し腫瘍に集まる様子を体の外側からPETカメラにて撮影します。

  • CT検査やMRI検査との違い

    CTやMRIの検査では輪切りの写真や縱切りの写真を撮影しています。X線撮影(レントゲン撮影)やCT検査では、体の外側からX線を照射し、反対側に配置した検出器でX線の透化量を調べ画像にします。MRI検査では強い磁石の中に入って体に電波をあてて体内の水分子を画像化しています。PETなどの核医学検査では体内に注射した薬剤から出てくる放射線を外側に配置した検出器で捕まえて画像にしています。

  • PET検査で注射をする薬剤

    人間ドックなどでがんを見つけるためのPET検査では放射線を出すブドウ糖(グルコース)を注射します。このブドウ糖を「フルオロ・デオキシ・グルコース」とよび、頭文字を取ってFDGと呼んでいます。放射性同位元素(放射線を出す物質)は、「フッ素」F-18を使っています。したがって現在のPET検査はよくFDG-PET検査と呼ばれています。

  • PET検査を受診するうえで注意すべきこと

    検査には採血と注射があります。PET検査の4時間前から食事制限があり、ベッドに20~40分ほど寝ていただいて検査が終了します。

  • 脳ドックについて、検査項目や特徴などお聞かせ願います。

    脳梗塞が起こる原因として、脳の血管が詰まる場合や頸動脈破裂があります。そのため、頸動脈エコーで早期に発見する事で脳梗塞を予防する事が可能です。頭部MRI検査と頭部MRA検査についても、脳疾患の早期発見に役立つ検査ですので、健診とは別に脳ドックの受診をお勧めします。

  • 画像検査の読影体制についてと結果説明の方法についてお聞かせ願います。

    読影は放射線科の医師と担当医師によるダブルチェック体制をとっています。また、結果説明に関しても当日にお話ができるようにしています。その際にすぐにわかる検査数値の異常についてはその場でご説明をしたり、生活習慣のご相談やアドバイスなどさせていただきますので、安心してご来院ください。

  • 受診後のフォローアップ体制について、お聞かせ願います。

    当院は様々な機械が揃っていますし、科もたくさんありますので、何か異常が見つかった場合には基本的に当院で対応しています。受診者様も、そのまま当院で診療・検査を希望する方が非常に多いのも事実です。もちろんご自身の身体のことですので、ご希望があれば本人の意思を尊重し他院に紹介状発行も可能ですのでお気軽にご相談ください。

  • 院内環境についてのこだわりやポイントをお聞かせ願います。

    当院は1階にPET-CTセンター、3階に健康管理センターを設けています。健康管理センターでは1フロアで全部完結できるようにしていますので、動線をよくする工夫をしています。そのため、受診者様の移動は短く済むので効率よく検査を進めていく事が可能です。ご来院されたすべての方に、また来たいと思っていただけるような施設を作れるよう日々努めています。

  • 受診者と接するうえで心がけていることや工夫していることをお教え願います。

    施設案内は全て女性スタッフが受付から最後の見送りまでさせていただいています。また、外来診療と同じ建物で行っていますので、受診者様が迷わないよう必ず誘導が付き添います。健康寿命を延ばすためには食生活も非常に大切になりますので、PET-CT検査受診後には食事を提供し、日常に活かしていただけるよう工夫しています。

  • このサイトをご覧の方に、先生からメッセージをお願いいたします。

    がんは早期発見する事で簡易な治療が可能ですし、予後も良好、QOLも向上するため健康寿命アップにもつながります。我々も予防医学は非常に大切に考えていますし、治るがんを見つけることを使命としておこなっています。自覚症状がないとなかなかご自身の身体と向き合うきっかけがないですが、まずは一度人間ドック・健診を受診してください。お待ちしています。

医師・スタッフ

総長:相澤 信行 先生

総長:相澤 信行 先生

医師の相澤です。
地域の皆さまに寄り添い、健やかな暮らしをサポートして参ります。

【略歴】
1981年 長崎大学医学部 卒業
1981年 茅ヶ崎徳洲会総合病院
1988年 湘南鎌倉総合病院
2005年 静岡徳洲会病院 院長就任
【資格】
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本救急医学会認定 救急科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
日本核医学会認定 核医学専門医
日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医

静岡徳洲会病院の検査コース

  • 料金:  102,600円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり

    ◆PET-CTによるがん検診。がんに特化して精査を望む方におすすめです。
    ◆日本医学放射線学会認定 放射線科専門医、日本核医学会認定 核医学専門医が実施しております。
    ◆検査は土曜日も実施しております。
    ... 続きを見る

  • 料金:  117,990円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり

    ◆PET-CTによるがん検診。がんに特化して精査を望む方におすすめです。
    ◆MRI機器を使い脳梗塞、脳内出血、脳萎縮、脳腫瘍、脳動脈瘤などの早期発見を目的とした検査を行うコースです。
    ◆日本医学放射線学会認... 続きを見る

  • 料金:  104,500円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり

    ◆PET-CTによるがん検診。がんに特化して精査を望む方におすすめです。
    ◆日本医学放射線学会認定 放射線科専門医、日本核医学会認定 核医学専門医が実施しております。
    ◆検査は土曜日も実施しております。
    ... 続きを見る

  • 料金:  120,175円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり

    ◆PET-CTによるがん検診。がんに特化して精査を望む方におすすめです。
    ◆MRI機器を使い脳梗塞、脳内出血、脳萎縮、脳腫瘍、脳動脈瘤などの早期発見を目的とした検査を行うコースです。
    ◆日本医学放射線学会認... 続きを見る

静岡徳洲会病院

住所
静岡県静岡市駿河区下川原南11-1 地図・アクセス
休診日
月・日・祝(年末年始)
責任者
総長:相澤 信行
【略歴】
1981年 長崎大学医学部 卒業
1981年 茅ヶ崎徳洲会総合病院
1988年 湘南鎌倉総合病院
2005年 静岡徳洲会病院 院長就任
【資格】
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本救急医学会認定 救急科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
日本核医学会認定 核医学専門医
日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医
最寄り駅
安倍川駅(車で10分) / 静岡駅(バスで約30分(中原池ヶ谷線又は東新田下川原線、徳洲会病院行)) / 新静岡駅(バスで約30分(中原池ヶ谷線又は東新田下川原線、徳洲会病院行))
アクセスについて
駐車場あり(無料/250台)
クレジットカード対応
VISA/MASTER/JCB/AMEX/UFJカード/NICOSカード

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

静岡県の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

閉じる