人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

メンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ:
2020年4月10日(金)18:00〜12日(日)21:00の間、当サイトが利用できなくなります。なお、状況により時間が前後することがございますので、あらかじめご了承ください。

10 件の医療機関が見つかりました|1~10件表示

更新日
2020年02月10日

駅近 健診専用エリア バリアフリー
  • 愛知県名古屋市中区栄5-4-12
  • 矢場町駅 (1番出口から徒歩5分) / 矢場町駅 (1番出口から徒歩5分) / 栄(愛知県)駅 (13番出口から徒歩9分)
  • 休診日:日・祝 (年末年始)

愛知県名古屋市の人間ドック・検診関連情報

がん検診推進事業における無料クーポン券の配布

子宮頸がん、乳がんは若い世代に多いがんです。また、大腸がんは、近年男女とも中高年に増えているがんです。これらのがんは、いずれも早期発見・早期治療で治る可能性が高いと言われています。これらがんの早期発見を目的に、名古屋市では特定の年齢に達した市民を対象とし、子宮頸がん検診・乳がん検診・大腸がん検診の無料クーポン券を送付し、検診の受診促進を図っています。

「ワンコイン検診」の実施

がんの早期発見・早期治療を推進するため、前述の無料クーポン以外にも名古屋市では「ワンコイン検診」として、胃がん検診、大腸がん検診、肺がん検診、子宮頸がん検診、乳がん検診及び前立腺がん検診を自己負担額500円で実施しています。平成28年度の受診者数は、胃がん検診は60,493人、大腸がん検診は133,736人、肺がん検診は133,622人、子宮頸がん検診は91,405人、乳がん検診は51,397人、前立腺がん検診は54,698人と年々受診者数は増えており、名古屋市では今後も受診率向上に向け取り組みます。

がん検診とその後の検査の重要性

名古屋市では、がん検診の受診の結果、「要精密検査」と判定された人へ精密検査の受診を推奨しています。胃がん検診の受診者数55,294人のうち「要精密検査」と判定された人は、11.0%の6,097人と、6つのがん検診のうち一番多い結果となりました(平成27年度)。さらに、そのうち4,493人が精密検査を行い、86人にがんが確定診断されています。

がんに関する学習補助教材

名古屋市では、がんに関する正しい知識の習得と理解の向上を図ることにより、がん予防の意識を高め、生涯にわたる健康づくりにつなげることを目的として、平成26年3月に子ども向けの冊子「がんについて考えよう-がんの正しい知識と理解のために-」を作成しました。平成26年度から、がんに関する学習に活用するための補助教材として小学校6年生と中学校3年生に配布しています。本教材では、がんができる仕組みや原因、がんの予防、さらにはがん検診やがんの治療などについて、子どもたちが科学的根拠に基づいて学習できるよう、わかりやすく説明しています。