東京脳神経センター特集|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

EPARK人間ドック
Point1

Point1
MRI/MRAで検査する脳ドックの有用性とは

MRI/MRAで検査する脳ドックの有用性とは

脳神経外科専門医ほか、専門性を誇る医師・技師が早期発見へ導く

東京脳神経センター(東京・港区)は、その名のとおり脳・頭部を調べるMRI/MRAに注力されている医院。なかでも頭部MRI/MRA+頸部MRAによる検査を、受付から会計までトータル1時間以内で行う「スピーディー脳ドック40」は短時間でありながら、脳神経外科専門医*をはじめ高い知見を誇る医師・技師によるダブルチェック体制が特長です。

頭部MRIでは脳の断面画像を撮影し、脳梗塞、脳内出血、脳萎縮、脳腫瘍等の有無を。そして頭部MRAでは脳血管を調べ、未破裂脳動脈瘤や出血性脳卒中のリスクをチェック。さらに頸部MRA検査により、血管の狭窄や屈曲の有無、プラークの有無を調べます。

*日本脳神経外科認定 脳神経外科専門医

脳ドックの受診は基本的に40代以上の方に推奨されますが、脳神経専門の医院として数多くの症例を見てこられた東京脳神経センターでは、頭痛・吐き気などの症状のない20代の方でも脳腫瘍が見つかったケースがあるとか。
1センチ以下の小さな腫瘍らしきものを確認できたとしても、それがどの程度のものか判断するのは容易ではありません。動脈瘤の形状や向き、放置しても大丈夫かの判断は、知見のある医師の経験が活かされます。

この20代の方の場合、脳神経外科医師、放射線科医師、検査技師のトリプルチェックで、結果的に悪性腫瘍であると診断、早期発見につながりました。世代を問わず、気になることがある方や家族に既往歴がある方も、脳ドックを活用しましょう。

検診体制・環境について

短時間ながら充実の結果レポート

短時間ながら充実の結果レポート

「スピーディー脳ドック40」のMRI/MRA検査自体は15~20分以内で終了。医師の診察がないぶんだけ短時間、かつ受診費用も抑えられています。診察がなくても、撮影した画像を納めたCD-ROMと結果レポートを受領できます。

都心部の好立地も魅力のひとつ

都心部の好立地も魅力のひとつ

東京脳神経センターは東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩2分、「六本木一丁目」駅から徒歩10分。周辺にはショッピングや飲食を楽しめるスポットも充実しています。負担の少ない検査なので、終了後に散策を楽しむのも良さそうですね。

Point2

Point2
検出精度は85% 脳梗塞リスクマーカーとは

自覚症状のない「隠れ脳梗塞」をチェック

自覚症状のない「隠れ脳梗塞」をチェック

東京脳神経センターではさまざまなオプション検査も用意されていますが、なかでも注目したいのが脳梗塞リスクマーカー(A6C)検査。これは血中に含まれる毒性の強い不飽和アルデヒド「アクロレイン」の量を測定する血液検査です。
ローリスク(低値)/境界値/ハイリスク(高値)の3段階で脳梗塞の発症リスクを評価しますが、自覚症状のない段階の小さな梗塞、脳梗塞のリスクを約85%*の精度で検出できます。スピーディー脳ドックなどの検査コースにプラスしての検査が可能です。(オプション価格11,000円)

*アミンファーマ研究所調べ

Point3

Point3
読影~生活習慣指導も◎アフターフォロー万全

連携医療機関は30施設以上今後のリスクまでトータルにサポート

連携医療機関は30施設以上
今後のリスクまでトータルにサポート

脳神経外科専門クリニックが誇るのは検査の速さや、専門分野に長けた医師・技師の体制だけではありません。検査後、二次対応など診療移行が必要な場合には、緊急具合や状況に応じた提携医療機関へスムーズに案内いただけます。その数は30施設以上!

脳は特に、アフターフォローが重要といわれます。東京脳神経センターでは、診察のない「スピーディー脳ドック」だけでなく、医師による結果説明や生活習慣の相談にものっていただける診察つきコースもあります。健康管理・維持についてトータルにアドバイスいただくことで、今後起こり得るリスクに備えましょう。

Point4

Point4
受付から会計まで|検査の流れを紹介

1時間以内で検査終了!「スピーディー脳ドック」

【STEP.1】受付・問診表記入

【STEP.1】受付・問診表記入
予約時間の10分前までに受付へお越しください。事前にお渡ししている問診票などを忘れずにご持参いただくようお願いします。

【STEP.2】採血

【STEP.2】採血
オプションで脳梗塞マーカー検査、腫瘍マーカー検査をお申込みの方は、まず採血から行います。

【STEP.3】MRI/MRA検査

【STEP.3】MRI/MRA検査
頭部MRI/MRA、頸部MRAなど画像診断の検査を行います。事前の注意事項をしっかりと確認しましょう。

【STEP.4】読影

【STEP.4】読影
MRI/MRAにて撮影した画像を、脳神経外科医、脳神経内科医などが診断。基本的にダブルチェックが行われています。

【STEP.5】CT検査(胸部・腹部)

【STEP.5】結果受領・診察(希望者)
検査画像と診断レポートは2~3週間後に郵送で受領。診察付きのコースを選択した方のみ、医師から直接の説明を受けられます。
(診察つきの場合は約2時間で終了)

MRI/MRA検査で脳血管疾患リスクを早期発見

東京脳神経センターのスピーディー脳ドック

  • 【40代以上の方】スピーディー脳ドック40
    • 頭部MRI検査
    • 頭部MRA検査
    • 頸部MRA検査
    • 対象となる主な疾患(調べられる病気)
      動脈硬化、くも膜下出血、脳卒中、脳梗塞、脳出⾎、脳萎縮、脳腫瘍、未破裂脳動脈瘤、血管奇形、頸動脈血栓の有無
    • 所要時間
      約1時間
    ¥30,800(税込)
  • 【30代未満の方】スピーディー脳ドック30
    • 頭部MRI検査
    • 頭部MRA検査
    • 対象となる主な疾患(調べられる病気)
      くも膜下出血、脳卒中、脳梗塞、脳出⾎、脳腫瘍、未破裂脳動脈瘤、血管奇形、血管狭窄
    • 所要時間
      約1時間未満
    ¥20,900(税込)

※2020年1月時点

施設情報

都心部の好立地でスピーディー検査
脳神経専門のクリニック

東京脳神経センター

東京脳神経センター

  • 東京都港区虎ノ門4-1-17 神谷町プライムプレイス2F
  • 神谷町駅(B4出口から、徒歩2分) / 六本木一丁目駅(徒歩10分)
  • 休診日:日・祝 (日曜は脳ドックコースのみ実施、年末年始)