心臓ドックとは?検査内容や項目|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

心臓ドックとは?

心臓ドックとは、心臓病(心疾患)リスクを調べる検査コースの総称です。心臓病は、がん・脳血管疾患とならぶ三大死因といわれており、また、心臓病には、心筋梗塞・狭心症・弁膜症・危険な不整脈などがあります。とくに急性心筋梗塞は、突発的に発症して数時間以内に死亡するケースもめずらしくありません。そのため、心臓病の予兆である動脈硬化の段階でリスクを見つけ、できる限り早期に対策をとることが大切とされています。

この心臓病リスクの発見が心臓ドックの大きな役割です。心電図検査を基本として、血液検査(トロポニン、BNPなど)や心臓CT検査(冠動脈の動脈硬化の進行度などをチェック)、頸動脈超音波(エコー)検査(全身の動脈硬化をチェック)などが実施されます。

心臓ドックの検査項目

施設や受診コースによって異なります。

身体測定
(身体計測)
身長・体重・BMI・腹囲測定を行います。
血圧測定
(血圧脈波検査)
最高、最低血圧を測定します。
胸部エコー検査
(心臓エコー/心エコー/心臓超音波検査)
超音波を使って、心臓の内部構造・機能・心臓の動き・弁膜の状態や血流に異常がないかを検査します。
頚動脈エコー検査
(頚動脈超音波検査)
全身の動脈硬化の指標となる検査で、将来の心筋梗塞の危険性を予測します。
胸部X線検査
(胸部レントゲン検査)
心肥大・心拡大・心奇形・胸部大動脈瘤などが分かります。
心電図 安静時・負荷時・24時間の状況に応じて心臓の動きに違いがあるかを調べます。
冠動脈CT検査
(心臓CT)
狭心症や心筋梗塞の原因は、心臓に血液を送る冠動脈の動脈硬化です。CT画像として冠動脈を直接確認することで、発症の危険性を評価します。
冠動脈CTは造影剤を投与して検査精度を高め検査を行います。造影剤も改良がくわえられ副作用(吐き気やじんましんなど)が減少してきました。アレルギー体質・腎機能障害がある・過去に造影剤で体調が悪くなった人は検査前に医師に伝えましょう。
息を吸ったり止めたりしながら検査を進めるため、最初に練習があります。息を止める時間は毎回10~15秒ほどで、全部で約20分で終了します。検査後は30分ほど安静を保ち、とくに問題がなければ終了です。
血液検査 肝機能、腎機能、脂質、糖代謝、貧血の有無などを調べます。
BNP 血液検査で血中のBNPの値を調べることにより心不全の程度を診断することができます。
動脈硬化検査 血管の硬さや詰まりの程度を調べます。

心臓ドックの検査の流れ

施設や受診コースによって異なります。

前日

準備

含まれている検査項目により食事・飲み物制限のあるものがありますので、事前に確認しましょう。糖尿病などの薬を服用している場合は、事前に受診施設に確認しましょう。

当日

受付・問診票記載

検査

終了

現在の動脈硬化の程度と将来の動脈硬化に対する危険性の評価を行い、予防のために必要な日常生活に関するアドバイスを行います。
造影剤の影響で体調を崩すおそれがあります。いつもと違うと感じたら迷わずに検査を行った施設に連絡しましょう。

コラム

心疾患は日本の死因の2位

心疾患は、厚生労働省の2015年「人口動態統計」(2016年12月2012年公表)によると日本の死因の2位となっています。ちなみに死因トップ は悪性新生物(がん)です。

心臓の疾患には狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、心肥大、弁膜症、心膜炎、不整脈など様々な物がありますが、いわゆる突然死の原因となりやすいのが心筋梗塞です。

心臓を栄養する冠動脈という血管が3本心臓の表面を走行し、常に動き続けるポンプの役割を果たす心臓の筋肉に酸素や栄養を送っています。つまり冠動脈はポンプへのパイプラインの様なものです。

動脈硬化が進むとこの冠動脈にプラーク(血管の内膜に脂肪がたまってできたこぶ状の塊)ができ、とおり道が狭まってしまいます。(狭窄といいます)この状態で心臓への血液供給が減り、一時的に短時間の胸の痛みや締め付けられる感じなどの症状が出る疾患が狭心症です。

さらに動脈硬化が進行して心臓への血液供給が完全にとだえたり、血栓によって完全に冠動脈が詰まってしまうと(閉塞といいます)、その先の心臓の筋肉は壊死に陥ってしまいます。この状態が心筋梗塞です。

虚血性心疾患のリスクー死のカルテット(四重奏)

下記に示す4つの項目にあてはまると虚血性心疾患での死亡率が高いので、このような名前がついています。これらは虚血性心疾患のリスクとなります。

1.高血圧
2.糖尿病
3.脂質異常症(いわゆる高脂血症のことです。コレステロール、中性脂肪が高い状態を指します)
4.肥満

このほか喫煙もリスクとなります。

また、上記のうちどれか1項目にあてはまるなら、別の項目にもあてはまる場合が多いため、注意が必要です。血圧、血糖値、コレステロールや中性脂肪の値は少々高くなったくらいでは自覚症状は出ない場合がほとんどです。生活習慣に気をつけるとともに、ぜひとも定期的なドックや健康診断で異常の有無を確認していきたいものです。

その他の検査コースを見る

男性・女性のための検査コース

  • 人間ドック
  • 脳ドック
  • PET検診
  • 心臓ドック
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診
  • 健康診断

男性向けコース

  • メンズドック

女性向けコース

  • レディースドック
  • 婦人科検診
  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診