人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

知る・コースを探す 気になる病名

前立腺肥大

主な症状は排尿障害

前立腺肥大(症)とは、加齢とともに前立腺の細胞数が増えて大きくなる疾患です。前立腺は精液の一部を作る、男性だけが持つ臓器で、そのなかを尿道が通っています。50代以上の男性にめずらしくない疾患です。

前立腺がんと前立腺肥大症は、加齢とともに増加する男性の疾患という点では共通していますが、発生する場所も性質も異なる病気です。前立腺がんは悪性の腫瘍で前立腺の外に広がって他の臓器に転移しますが、前立腺肥大症は良性の腫瘍で、転移はしません。

前立腺肥大の原因はまだよくわかっていません。肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されており、メタボリックシンドロームとの関係についても検討されています。

主な症状は排尿障害です。具体的には、次の症状などがあげられます。

・頻尿(トイレが近い)
・夜間頻尿(夜、何度もトイレに起きる)
・排尿遅延(尿がすぐにでない。時間がかかる)
・残尿感(排尿後、まだ残っている感じがする)
・尿勢の低下(尿腺が細くちょろちょろと勢いがない)

前立腺肥大症に関する診断は、まずは「国際前立腺症状スコア(IPSS)」という自覚症状を問診して評価する方法がとられることが一般的です。同時に、尿検査によって、尿の濁りや腎機能の状態、尿路結石・腎結石の有無、尿路感染症の有無などを調べます。

また、腫瘍マーカーのうち「PSA」は、前立腺がんだけではなく、前立腺肥大症でも正常値を超えて上昇するため、スクリーニング検査として多用されます。

受けるべき主な検査

問診
尿検査
尿流測定
直腸診
腫瘍マーカー ※とくに次の項目に注意:PSA (前立腺特異抗原)
腹部超音波(エコー)検査
前立腺超音波(エコー)検査