人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駐車場あり
  • カードOK

胃カメラ・大腸カメラがメインのクリニックで、年代に限らず、早期受診を推奨

まちだクリニックは、沖縄県中頭郡北谷町上勢頭で胃カメラ・大腸カメラを中心とした検診を提供しています。
沖縄県の中でも中頭郡北谷町エリアは病院数が限られており、特に内視鏡検査を受診できる医療機関が少ないという課題があります。
内視鏡検査を受診したくても、総合病院ではなかなか予約が取れないことや、検査まで日数を要することも多く、そういった課題を少しでも解消できればと思い、内視鏡検査をメインとしたクリニックを開業しました。

胃カメラは、胃部X線検査と異なり、胃の健康状態を直接カメラで見て判断できる点が特徴です。
大腸カメラは便潜血検査の二次検査として実施することが多いですが、受診に抵抗がある人も多くいます。便潜血検査だけでは発見できない病気が、内視鏡を使うことで発見につながるケースもあるため、検診で再検査となった人や1度も大腸がん検査を受けたことがない人には、早めの受診を推奨しています。

当院は小さなクリニックなので、大きな病院よりも受診しやすい環境だと考えています。
緊張の程度も軽減されると感じるため、ちょっと調子が悪いだけの人や別の病院で薬を処方されているけれど一度検査を受けてみたいという人にも検査をおすすめしています。

まちだクリニックのこだわり

こだわり1

胃カメラ検査は嘔吐感を軽減するために経鼻方式を推奨

胃カメラ検査は嘔吐感を軽減するために経鼻方式を推奨
胃カメラ検査は嘔吐感を軽減するために経鼻方式を推奨

胃カメラは嘔吐感の少ない経鼻方式での検査を推奨

まちだクリニックでは胃カメラを経口方式・経鼻方式から選択することができます。
当院を受診する人では経鼻方式で受診することが多い傾向です。

経鼻方式は経口方式と比べて嘔吐感が抑えられるので、以前胃カメラを経験した際に苦しい思いをした人にもおすすめです。
ただし、蓄膿などで鼻の通りが狭い人や鼻血が出やすい人は経口方式での受診となります。
また、当院の胃カメラ検査では鎮静剤を使用しています。


昼休みの時間帯で受診できる大腸カメラ検査

大腸カメラは、一般的に下剤を飲む辛さに加え、検査自体も苦しさがあると言われます。
また、検査にかかる時間も胃カメラに比べると長く、通常午後から検査を開始するのに合わせて朝早く来院し、午前中には下剤を飲み、午後から大腸カメラで実際に検査を行うというスケジュールで実施されることが多いです。

当院では、昼休みの時間帯で検査を行い、昼過ぎには検査が終了するため、忙しい人にもおすすめです。


こだわり2

胃がん・大腸がんの検査は年代に限らず早期受診を推奨

胃がん・大腸がんの検査は年代に限らず早期受診を推奨
胃がん・大腸がんの検査は年代に限らず早期受診を推奨

内視鏡検査は女性25歳前後・男性30~40歳代の年齢の節目で受診

胃カメラ・大腸カメラでの検診は、女性の場合25歳前後での受診を推奨しています。
その理由は、女性のライフスタイルに関わることになりますが、妊娠中の内視鏡検査はなるべく控えたいことと、出産後は育児によって検査に割ける時間が限られてしまうためです。
特に子育て中は体調が悪くてもすぐに病院へ行けないというケースも多いとうかがいます。

また、進行が早く発見しにくいスキルス胃がんは、若年層の女性に多く発症する傾向があるので、全身の健康状態を確認するために1度は内視鏡検査の受診もしておくことをおすすめしています。
男性の場合は30歳・35歳・40歳など、年齢ごとの節目で受診すると良いでしょう。


直接胃・大腸内部が観察できることが内視鏡検査の特徴

内視鏡検査の特徴は、直接胃や大腸内を観察できる点だと考えます。
胃カメラではピロリ菌検査も実施でき、大腸カメラではポリープなどの病変が発見された場合に、その場で保険診療に移行し、取り除くことや組織を採取して生検まで行えます。

当院の院長は日本消化器内視鏡学会認定「消化器内視鏡専門医」であり、これまで外科医として医療に携わってきた経験と知見を活かして予防医療に取り組んでいます。
日本人の部位別がん罹患数・死亡数の上位である胃がん・大腸がんは、特に注意が必要な疾患として内視鏡検査の受診を推奨しています。


こだわり3

内視鏡検査の特徴を活かしたフォローアップを実践

内視鏡検査の特徴を活かしたフォローアップを実践
内視鏡検査の特徴を活かしたフォローアップを実践

検査結果に問題点が発見された場合、診療移行や医療機関を紹介

まちだクリニックでは、胃カメラ時に胃がんの原因となるピロリ菌検査なども併せて実施することがあります。そのため、ピロリ菌がいれば検査の後、治療についての相談を行います。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある場合も同様に、治療に関するアドバイスなどを実施します。

当院で継続して治療できるものは対応し、入院や精密検査が必要な場合には対応できる医療機関を紹介しています。
内視鏡検査では病変を直接確認できるため、今後どのような治療が必要なのかがすぐに判断でき、治療へと移行しやすいという点も特徴だと考えています。


検査結果は当日モニターを見ながら説明/食事改善のアドバイスも提供

当院では、検査画像をモニターで確認しながら結果説明を行います。
また、結果報告のレポートも印刷して渡しています。この時、日常生活で役立つ、健康維持のための基本的なアドバイスも実施します。

薬を服用している人が胃カメラ検査を受けた際、薬を飲むほどの症状ではないケースもしばしば見受けられます。そのような時には服薬を続ける代わりに、「食べ物をよく噛むこと」を心がけてもらい、糖質制限、野菜不足・過多についてなど食生活に関するアドバイスを行います。
「病は気から」と言うように、実際に体の中を目で見て確認することで健康上の不安が取り除かれ、食生活を改善すると良くなるケースもあります。


こだわり4

胃がん・大腸がんの死亡者0を目指して地域医療をサポート

胃がん・大腸がんの死亡者0を目指して地域医療をサポート
胃がん・大腸がんの死亡者0を目指して地域医療をサポート

内視鏡検査を受ける機会を増やし、疾患リスクの早期発見へ

まちだクリニックの駐車場は敷地が広いので、鎮静剤を使用する内視鏡検査後は自動車を置いて帰り、翌日に取りに来ることができます。

胃カメラ・大腸カメラは受診するハードルが高い検査だと思われがちですが、一人でも多くの人に受診する機会を持ってもらい、疾患リスクの早期発見を目指します。

当院では胃がん・大腸がんで命を落とす人が0になるよう、スタッフとコミュニケーションを取りつつ連携して地域医療を支えていきたいと考えています。


医師・スタッフ

院長:町田 宏 先生

院長:町田 宏 先生

<待たずに受けられる専門クリニック>を目指して、この地で予防医療を提供しています。
初めて内視鏡を使った検査を受けられる方でも受診していただけるよう、こまやかにサポートいたします。

【略歴】
1991年 昭和大学医学部 卒業
2014年6月 まちだクリニック 院長就任
【資格】
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医

【当日結果説明】胃がん検診(胃カメラ(経鼻))

専門医 男女共通 土曜可 オプション検査あり

胃がん検診

16,500

(税込)
5月 6月 7月
×
所要時間
約1時間
結果説明方法
当日結果説明(無料)
  • お腹や胃の調子が悪いことが多い方
  • よく飲酒している方
  • 食べすぎ、ウエストまわりが気になる方
  • ご家族にがんの経験者がいる方

【当日結果説明】大腸がん検診(大腸カメラ)

専門医 男女共通 全年代 事前来院あり

大腸がん検診

22,000

(税込)
5月 6月 7月
×
所要時間
約3~4時間未満
結果説明方法
当日結果説明(無料)
  • ご家族にがんの経験者がいる方
  • がんを早期に発見したい方

まちだクリニックの基本情報

住所・最寄駅
沖縄県北谷町上勢頭556-3

休診日
日・祝 (水曜・土曜午後)
支払方法
VISA/MASTER/JCB/AMEX/UCカード/DCカード
現金
駐車場
駐車場あり
責任者
院長:町田 宏 【略歴】
1991年 昭和大学医学部 卒業
2014年6月 まちだクリニック 院長就任
【資格】
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧