人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。

がんが当たり前な時代の予防医療としてPET-CT検査を長野県佐久市で提供

JA長野厚生連 佐久総合病院 佐久医療センターは、長野県佐久市中込の地で、PET-CT(陽電子放射断層撮影)検査を中心とするがん検診を提供しています。当院は、このエリアで地域医療に長年取り組んできた佐久総合病院の再構築にあたって、3次救急を含む急性期医療を担う医療機関として2014年に開院しました。そうした性格を備えているからこそ、疾患リスクの早期発見と早期対処につながる予防医療を重視しているのです。
現在、一生のうち2人に1人はがんに罹患するといわれています。がんのような重篤な疾患は、リスクを早期に発見するほど、対処の道も多様となり、治療の可能性も開けます。そのために当院が実施しているPET-CT検査は大きな役割をはたす手法であり、地域に住む人たちの健康維持と管理に貢献していくものであると考えています。

長野県厚生農業協同連合会 佐久医療センター のこだわり

こだわり1

検査薬の製造装置も備えてPET-CT検査を中心とするがん検診を提供

がん細胞は正常細胞より多くの糖を取り込む性質を利用

佐久総合病院 佐久医療センターががん検診の中心にすえているPET-CT検査とは、がん細胞が正常な細胞に比較して、3~8倍のブドウ糖を取り込むという性質を利用した検査項目です。受診者は、ブドウ糖に似た検査薬(FDG、放射性同位元素)の静脈注射を受け、全身にいきわたるおよそ1時間後に撮影することによって細胞が糖を取り込む様子をとらえ(PET検査)、いっぽうで断層撮影によって全身の白地図をつくり(CT検査)、両者の情報を融合させてがんリスクを調べるのです。PET-CT検査には特別な痛みはともなわず、約2時間~2時間半で終了します。

検査薬FDGの品質管理につながるサイクロトロン

当院は、PET-CT検査に用いる検査薬FDGを製造する装置であるサイクロトロンを設置しています。FDGは、製造された瞬間から放射線を放出して効力の減少が始まり、その効力が半分になる時間(半減期)は110分となっています。施設内にサイクロトロンがあることで、FDGに関する時間と品質(効力)を管理する体制を整えることができます。サイクロトロンによって、FDGを的確に使用することにつながるというメリットが生じると当院は考えています。

こだわり2

全身のがんリスクを調べることが目的の検査コース「PET-CT検査」

多角的に調べるため腫瘍マーカー・便潜血も実施

佐久総合病院 佐久医療センターは、がん検診として「PET-CT検査」を提供しています。ほぼ全身のがんリスクを調べることが目的です。この検査コースではPET-CT検査に加えて、がんリスクを評価する血液検査である腫瘍マーカー検査や、便潜血反応検査も設定されており、多角的な検査を実施しています。腫瘍マーカー検査が対象としているのは、肺がんや胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、前立腺がん、乳がん、卵巣がん、胆のうがん、胆管がんです。

40代以降の働き盛り・定年後の世代にも受診を推奨

当院は、「PET-CT検査」の受診がとくに推奨される人として、たとえば、がんの罹患が増え始める40代以降の働き盛り世代が一例としてあげられると考えています。また、長寿高齢化社会にあって、健康寿命が注目されている昨今、定年退職した人や70~80代になっても社会活動を行っている人にも受診を推奨します。加齢にともなう健康チェックの意味からも、数年に1度はPET-CT検査を受診するメリットは大きいとも当院は考えています。

こだわり3

診断・読影は日本核医学会認定「核医学専門医」など知見を持つ医師が担当

画像診断を含む検査結果は約1週間後をめどに郵送

佐久総合病院 佐久医療センターには、日本核医学会認定「核医学専門医」など放射線分野に知見を持つ医師が複数在籍しており、PET-CT検査の診断や読影にあたっています。必要がある際は、診療科を越えて医師間の情報共有や連携にもつとめています。また、検査結果についてのレポートや画像診断の結果が入ったCDなどは、受診後約1週間後をめどに郵送しています。

自院はもとより佐久総合病院での診療移行にも対応

当院でがん検診を受診した結果、何らかの必要性が見つかった場合は、かかりつけ医院の受診を原則として推奨していますが、緊急を要する場合は、当院での診療移行に対応することはもとより、当院と同一グループに属する佐久総合病院(本院)などを紹介しています。当院は佐久総合病院に併設された健診施設としての性格を備えており、スムーズな診療移行の体制を整えています。

こだわり4

自動車利用の受診者やその家族に配慮して8時間以内は駐車場無料

佐久市内からバスでアクセス・佐久平駅からは車で10分

佐久総合病院 佐久医療センターのがん検診は、立地環境(中部横断自動車道・佐久中佐都インターチェンジから自動車で約5分)もあって、自動車を利用して来院する受診者はめずらしくありません。そのため駐車場の敷地はできるだけ広く設定し、8時間以内の利用は無料としています。これは、受診者やその家族にできるだけ負担をかけないための配慮という意味もあります。なお、当院が立地する地域を巡回するバスを利用して佐久市内から来院する方法もあるほか、北陸新幹線「佐久平駅」からは自動車で約10分のアクセス環境にあります。

【一般の方対象】PET-CT検査

専門医 読影W 男女共通 全年代 事前郵便物あり

PET検診

108,900

(税込)
12月 1月 2月
× × ×
所要時間
約3~4時間
結果説明方法
後日郵送/CD-ROM/電話で質問可
  • 全身くまなくチェックしたい方
  • がん・脳疾患などを総合的に検査したい方
  • がん・生活習慣病などを総合的に検査したい方

【長野県内JA組合員対象】PET-CT検査

専門医 読影W 男女共通 全年代 事前郵便物あり

PET検診

92,565

(税込)
12月 1月 2月
× × ×
所要時間
約3~4時間
結果説明方法
後日郵送
  • 全身くまなくチェックしたい方
  • がん・脳疾患などを総合的に検査したい方
  • がん・生活習慣病などを総合的に検査したい方

92,400

(税込)
12月 1月 2月
× × ×
所要時間
約3~4時間
結果説明方法
後日郵送
  • 全身くまなくチェックしたい方
  • がん・脳疾患などを総合的に検査したい方
  • がん・生活習慣病などを総合的に検査したい方

76,065

(税込)
12月 1月 2月
× × ×
所要時間
約3~4時間
結果説明方法
後日郵送
  • 全身くまなくチェックしたい方
  • がん・脳疾患などを総合的に検査したい方
  • がん・生活習慣病などを総合的に検査したい方

長野県厚生農業協同連合会 佐久医療センター の基本情報

住所・最寄駅
長野県佐久市中込3400-28

JR小海線北中込駅(徒歩5分)
休診日
土・日・祝 (日曜日・祝日・第1・3・5土曜 年末年始)
※第2・4土曜 8:30~12:30
責任者
院長:渡辺 仁 【略歴】
1986年 群馬大学医学部 卒業
1986年 群馬大学医学部付属病院 脳神経外科勤務
1987年 佐久総合病院 脳神経外科勤務
1989年 埼玉県立がんセンター 脳神経外科勤務
1992年 佐久総合病院 脳神経外科勤務
2014年 佐久医療センター 院長就任
【資格】
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧