《予約可》日扇会第一病院の人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

日扇会第一病院

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

「発症しない」を目指す人間ドックを目黒区の“かかりつけの医院”として実践

医療法人財団 日扇会第一病院は、東急東横線「都立大学駅」から徒歩5分、東京都目黒区中根2丁目にあります。1949年の開院以来、地域医療の発展に尽力しています。そして、地域の“かかりつけの医院”の役割を担っていく医療機関でありたいと考え、予防医療の一環として人間ドックを提供しています。
当院は予防医療について、「疾患を発症しない」「発症しても次の大きなイベントを起こさない」という2つの意味があると考えています。もちろんどちらも重要ですが、やはり「疾患を発症しないこと」が大切です。そのための健康維持・サポートのために人間ドックに取り組んでいます。そして、受診者一人ひとりに合った画一的ではない受検査内容にしていくことを心がけています。それが、当院の考える予防医療の姿です。

施設写真

  • 日扇会第一病院の受付
    受付です。
  • 日扇会第一病院の内視鏡検査機器
    内視鏡検査機器です。
  • 日扇会第一病院の診察室
    診察室です。
  • 日扇会第一病院の外観
    当院の外観です。

診療時間

診療時間
09:00~12:00 ×
14:00~17:00 × × ×
17:00~18:30 × × ×

休診日:祝(年末年始は休業。(※日曜日は第1・第3のみ))

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

日扇会第一病院のこだわり

こだわり その1がんリスクを含めて現在の健康状態を総合的に調べる「人間ドック」

がんリスクを含めて現在の健康状態を総合的に調べる「人間ドック」

動脈硬化を調べる血管年齢検査もオプションで設定

日扇会第一病院は、検査コースとして「人間ドック」を設定しています。生活習慣病やがんをはじめとした各種疾患の有無を含め、現在の健康状態を総合的に調べるコースです。
日本では現在、がんや生活習慣病に起因する動脈硬化性疾患などが死亡原因の上位にあり、そうした疾患リスクを念頭において検査しています。特に動脈硬化の程度を調べるためには、オプション検査として設定している「血管年齢検査(CAVI)」が有用となります。

PSAは前立腺がん、CEA、CA19-9は消化器系がんを検査

当院の「人間ドック」にはオプション検査としてほかにも、「腫瘍マーカー(PSA)」「腫瘍マーカー(CEA、CA19‐9)」や「骨密度検査」などを用意しています。例えば、がんに関しては加齢がひとつのリスクです。そのため一定以上の年齢の人には、腫瘍マーカーをぜひとも利用してもらいたいと当院は考えています。PSAは前立腺がんリスクを、CEA、CA19-9は、消化器系のがんリスクについて調べます。
また、骨密度検査は、特に骨密度が低下しやすい閉経後の女性の受診が推奨されます。骨密度の定期的な確認は、骨折の予防につながります。

こだわり その2肺がんなどのリスクを調べる検査/胃がんなどのリスクを調べる検査

肺がんなどのリスクを調べる検査/胃がんなどのリスクを調べる検査

肺に関する検査はレントゲンと胸部CT検査の選択制

日扇会第一病院の「人間ドック」では、胸部をチェックする検査項目については、「胸部X線(レントゲン)検査」から「胸部CT(コンピュータ断層撮影)検査」(オプション検査)への変更に対応しています。
胸部CT検査は、胸部について輪切り状の検査画像を得ることによって、肺がん、肺炎、肺結核、肺気腫などのリスク発見に役立ちます。肺のように空気を多く含む臓器は黒く写り、心臓・血管・筋肉・骨などは白く写ります。

胃・食道・十二指腸の検査は胃透視と胃カメラの選択制

当院の「人間ドック」では、胃・食道・十二指腸をチェックする検査項目については、「胃部X線検査」と「胃カメラ」の選択制です。いずれも、胃がん・食道がん・十二指腸潰瘍などのリスクを調べる検査です。
当院では、胃部X線検査を受診した結果、もし問題が見つかった場合は胃カメラで確認することもあるため、胃カメラの受診を推奨しています。特に近親者に胃がんの既往歴がある人や胃がんの原因となるピロリ菌の感染が心配な人には、胃カメラの受診が推奨されると考えています。

こだわり その3すべての検査結果が出そろってから結果説明/自院で再検査などを実施

すべての検査結果が出そろってから結果説明/自院で再検査などを実施

画像診断については外部の医師とダブルチェック

日扇会第一病院は、人間ドックの検査結果について、すべての結果が出そろってから説明しています。これは、受診当日に判明する検査結果と後日判明する検査結果を合わせて、総合的に説明したいと考えるためです。
また、当院では画像診断については検査画像を電子化し、外部の医師にも送信することによって、ダブルチェック体制を構築しています。こうして、読影漏れなどのミスがないように心がけています。

必要な場合は他医療機関と協力しながら診療移行

当院で人間ドックを受診した結果、もしも異常が見つかった場合、再検査などは当院で実施することを原則としています。また、他医療機関での対応がふさわしいと判断される場合には紹介し、協力しながら診療に移行していく体勢をとっています。

こだわり その4受診者のストレス軽減に配慮してスタッフによる声がけや予約制などを実施

受診者のストレス軽減に配慮してスタッフによる声がけや予約制などを実施

医師も受診者の相談にその場で応じるように意識

日扇会第一病院は、受診環境・接遇面にも配慮しています。人間ドック受診者の多くは、緊張しているものです。そうした緊張を少しでも緩和するためにスタッフが必要に応じて声がけにつとめています。医師も、人間ドックのことに限らず、受診者からの相談にその場で応じるように意識しています。
当院は、内科や循環器内科などを診療科に持つ医療機関であり外来患者もいますが、人間ドック受診者とは待合の場所を分けたり、予約制にして時間をずらすなどの工夫を通じて、受診者にストレスがかからないように配慮をしています。

インタビュー

地域密着医療で、一生寄り添える医院を目指します。

地域密着医療で、一生寄り添える医院を目指します。

【Dr.インタビュー】院長:八辻 賢 先生
当院は三代続く医院です。その中で一番大事にしているのが、地域に密着し、患者さまに一生寄り添える医院を目指すことです。検診も問診も医師が行いますので、その場で疑問や不安などにお応えできますし、積極的にスタッフがお声がけをすることで、緊張感を和らげる工夫もしています。健診後のフォローもしっかり行い、地域のかかりつけとして皆さまに信頼される医院であり続けたいと思っています。

インタビューを見る
  • 貴院を訪れる受診者のプロフィールや健康意識の傾向について教えてください。

    祖父の代から始まったクリニックは、患者さまのご要望にこたえる形で今の病院となりました。地域のかかりつけとして、その方の一生に寄り添えるようにということを念頭に置き、医療に取り組んでいます。祖父の代から付き合いのある方々が、今でも当院を訪れさまざまな悩みをご相談していかれます。これからもそんな地域に密着した医療で、サポートしていけたらいいなと思っています。

  • 予防医学の重要性について教えてください。

    病気にならない。病気になっても悪化させない。この二つが予防医療だと考えています。もちろん病気になった後にどのように治療を行っていくかも大事な医療の務めですが、当然何も起こさないのが一番です。そのためにできることがあるのであれば、私どもが全力で関わらせていただき、サポートしたいと思い日々取り組んでいます。

  • 一般健診とは別に任意型の人間ドックを受診することの意義、受診を推奨する年代やプロフィールなど教えてください。

    一般健診に関しても今ではかなり充実してきています。しかしやはり基礎項目しか実施されていないため、より細かい検査をするのが難しくなります。疾患を早期に発見するには、特別な検査も必要になってきますので、任意型の人間ドックの必要性が高くなると考えます。一般健診にプラスアルファの付加価値を出していけるのが、ドックの強みでもありますので、定期的な受診を推奨します。

  • 半日人間ドックについて特徴など教えてください。

    死亡原因として上位を示すがん、生活習慣病に起因する動脈硬化を主観に置き検査を進めています。動脈硬化に関しては、基礎健診ではなかなかチェックできないところです。また、頸動脈エコーやCABIという血管年齢を判断できる検査も出てきておりますので、そうしたものを活用してより詳細に評価できればと思います。これらの検査を半日で行えますので、お忙しい方にもおすすめの検査です。

  • 胸部CT検査について教えてください。

    一般健診で実施されるレントゲンは、簡便に撮れるというメリットが非常に大きいかと思います。しかしある程度大きくならないと、画像上認識が難しいという欠点もあります。レントゲンではわからなくてもCTであれば発見できる病変もありますので、胸部CT検査の重要性は高いと考えています。医療の進歩とともに早期発見であれば負担の少ない治療法を選択できるようになっています。そのためにもより早く見つけられるCTは有用です。

  • 胃の検査について特徴など教えてください。

    胃部X線検査は凹凸を診て病変を診断する検査です。もし異常があった場合には、内視鏡で確認をしていきます。早期で見つかれば内視鏡で手術も可能ですので、初めから胃カメラ検査を行うほうがメリットが大きいです。特に家族歴があるなど、胃がんリスクが高い方や不安な方はぜひ胃カメラを受けてください。

  • 結果報告・読影体制について教えてください。

    画像検査はダブルチェックをしており、ミスがないように心がけています。検査内容によっては当日結果が出るものもありますが、すべてそろってからのご説明を徹底しています。また、ご自身の身体の状態がどのように変化しているかを、データをもとに追っていくことができますので、何度かお受けいただき比較することで、今後のアドバイスもできるかと思っています。

  • 受診環境・接遇面のこだわりについて教えてください。

    検査に来る方はみなさん緊張しています。そのためリラックスしていただくことを優先に考えて、声掛けであったりコミュニケーションを積極的にとるようにしています。問診や診察も医師が行いますので、その場で気軽に相談できる環境を作っています。また、予約制をとっており、待ち時間を減らす工夫もしています。

  • 日扇会第一病院の強みをお聞かせください。

    当院は健診施設ではなく病院ですので、ある一定以上の検査機器やスタッフがそろっています。そのため詳しい検査が可能です。また、検診して終わりではなく、その先の治療が大事になりますので、そこをフォローしていけるのが大きな強みです。地域のかかりつけとして一生にわたり関わっていきたいと思っていますので、どんなことでもご相談いただき、お役に立っていけるよう日々努めていきます。駅からのアクセスも非常に良いですので、ぜひ一度お越しください。

医師・スタッフ

院長:八辻 賢 先生

院長:八辻 賢 先生

院長の八辻です。
末永く健やかな生活を送るためにも、ぜひ当院の人間ドックをお役立てください。

院内ツアー

日扇会第一病院の検査コース

  • 料金:  49,500円 (税込)

    • 男女共通
    • 全年代
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ※2019年10月1日からご受診いただけるコースです。
    ◆当院のスタンダードな人間ドックコースです。
    ◆検査項目は、基本検査、血液検査、胸部X線検査、超音波検査、胃部X線検査、循環器系検査、肺検査、尿・便検... 続きを見る

  • 料金:  52,800円 (税込)

    • 男女共通
    • 全年代
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ※2019年10月1日からご受診いただけるコースです。
    ◆当院のスタンダードな人間ドックコースです。
    ◆検査項目は、基本検査、血液検査、胸部X線検査、超音波検査、胃カメラ、循環器系検査、肺検査、尿・便検査な... 続きを見る

日扇会第一病院

住所
東京都目黒区中根2-10-20 地図・アクセス
休診日
祝(年末年始は休業。(※日曜日は第1・第3のみ))
施設について
バリアフリー対応
責任者
院長:八辻 賢
【略歴】
2000年 東京女子医科大学
2002年 虎ノ門病院
2003年 さいたま市立病院
2004年 東京女子医科大学
2008年 日扇会第一病院
2009年 日扇会第一病院 副院長就任
2013年 日扇会第一病院 院長就任
最寄り駅
都立大学駅(徒歩5分)
アクセスについて
駐車場あり(無料/2台)/駅近(徒歩5分以内)

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

東京都の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

閉じる