人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駅近
  • 英語

内視鏡検査を通じて、胃がん・大腸がんの早期発見を目指すクリニック

医療法人ジーアイ会 水野宏胃腸科内科は、1981年に名古屋市千種区で開院して以来、内視鏡検査による胃がん・大腸がんの早期発見に努めてまいりました。食事や生活環境の改善によって日本人の平均寿命は延伸しています。そうした状況のなか、末永く健康的に過ごすためには、がんをはじめとした疾患を早期発見・早期治療していくことが重要になります。
当院では、日本消化器内視鏡学会認定「消化器内視鏡専門医」の資格を持つ医師が胃・大腸の内視鏡検査を実施しています。女性医師による胃・大腸内視鏡検査も実施しておりますので、男女問わず気兼ねなくご受診いただければと考えております。
アクセス面は、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線「今池駅」の4番出口からすぐ(徒歩約1分)の場所にあります。土曜日のご受診にも対応しておりますので、普段忙しく過ごされている方も、定期的な健康チェックにお役立てください。

水野宏胃腸科内科のこだわり

こだわり1

罹患数・死亡数の上位である胃がんと大腸がんの早期発見を重視

罹患数・死亡数の上位である胃がんと大腸がんの早期発見を重視
罹患数・死亡数の上位である胃がんと大腸がんの早期発見を重視

早期発見が身体的・金銭的負担の抑制につながる

水野宏胃腸科内科は、胃がん・大腸がんの早期発見を重視しています。日本人の死因1位であるがんのなかでも、胃がんと大腸がんは部位別がん罹患数および死亡数の上位です。そして、がんの発見時期によってその後の対応に差が現れてしまいます。
胃がんや大腸がんがある程度進行した状態で発見された場合、大掛かりな手術が必要になることも多く、そのほかの部位に転移している可能性も少なくありません。反対に、早期発見することができれば、内視鏡を用いた治療で済むケースもあり、身体的・金銭的負担の抑制につながります。

内視鏡検査は胃がん・大腸がん発見の「早道」

当院では、胃がんや大腸がん、あるいはその前兆をできるだけ早く捉えるため、「胃内視鏡検査」と「大腸内視鏡検査」を行っています。内視鏡検査の特徴として、消化管の内部から状態を観察できる点を挙げることができます。
たとえば、胃・大腸の検査方法には胃部X線検査(胃透視)や便潜血反応検査などもありますが、がんが疑われる場合には内視鏡検査が必要になるケースが一般的です。そのため当院では、内視鏡検査が胃がん・大腸がんを発見するための「近道」だと考えています。

こだわり2

消化器内視鏡専門医が苦痛軽減に配慮して検査を実施

消化器内視鏡専門医が苦痛軽減に配慮して検査を実施
消化器内視鏡専門医が苦痛軽減に配慮して検査を実施

画像強調観察機能・拡大観察機能を備えた内視鏡設備を使用

水野宏胃腸科内科では、日本消化器内視鏡学会認定「消化器内視鏡専門医」が胃・大腸内視鏡検査を担当しています。さらに、診断精度の向上を目指し、先進的な内視鏡設備を取り入れています。当院が導入している内視鏡設備には「画像強調観察機能(NBI)」と「拡大観察機能」が備わっており、微細な異変の発見に役立ちます。
また当院では、内視鏡自動洗浄消毒装置を導入しており、院内感染対策にも細心の注意を払っております。

細径の経鼻内視鏡を採用し、オプションで鎮静剤の使用にも対応

内視鏡検査と聞くと、「痛い」「苦しい」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。当院では、内視鏡検査の苦痛軽減にも力を入れています。たとえば胃内視鏡検査では、細径の経鼻内視鏡を使用しています。これにより、経口方式で起こりがちなおう吐反射の抑制につながります。鼻からの挿入が難しい場合には、口から経鼻内視鏡を挿入することも可能です。
また、内視鏡検査に対する恐怖心が強い方には、眠ったような状態でご受診いただけるように鎮静剤のオプションもご用意しています。

こだわり3

男女問わずリラックスして内視鏡検査を受けられる環境を目指す

男女問わずリラックスして内視鏡検査を受けられる環境を目指す
男女問わずリラックスして内視鏡検査を受けられる環境を目指す

女性医師が胃・大腸の内視鏡検査を担当することも可能

水野宏胃腸科内科は、女性が内視鏡検査を受診しやすい体制を整備しています。とくに近年では女性の大腸がんが増加傾向にありますが、羞恥心から大腸内視鏡検査の受診に踏み出せない女性は少なくありません。
当院には日本消化器内視鏡学会認定「消化器内視鏡専門医」の資格を持つ女性医師が在籍し、胃・大腸の内視鏡検査を実施しています。女性医師による内視鏡検査をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

検査方法のビデオやスタッフによる声掛けで不安を軽減

当院では、受診者の不安軽減にも力を入れています。受診者のなかには、内視鏡検査に対する不安から緊張した状態で来院される方もいらっしゃいます。
少しでも不安を解消できるように、受付・待合スペースでは内視鏡検査の流れを紹介するビデオを流しています。また、検査中もスタッフが率先して声がけを行い、リラックスできるような雰囲気づくりに努めています。

こだわり4

受診しやすさと受診後のフォローアップも重視

受診しやすさと受診後のフォローアップも重視
受診しやすさと受診後のフォローアップも重視

スムーズに精密検査や治療へと移行できる体制を整備

水野宏胃腸科内科では、胃・大腸内視鏡検査の結果について、その場である程度説明することが可能です。がんが疑われる箇所が発見された場合には粘膜組織の一部を採取し、生検を実施するケースもあります。その場合、受診日から3日ほどで検査結果をお伝えしています。
また、治療が必要になった際には、対応できるものに関しては引き続き当院で対応し、大きな手術が必要になる場合にはしかるべき医療機関へとご紹介いたします。さらに、手術を終えた後に再び当院でフォローしていくことも可能です。

「今池駅」4番出口の目の前/土曜日の受診にも対応

「受診しやすさ」もまた、当院の特徴のひとつだと考えています。東山線・桜通線「今池駅」4番出口の目の前、レンガの建物が目印です。また、平日は仕事や家庭で忙しいという方でも受診しやすいように、当院では土曜日も内視鏡検査を実施しています。
どなたでも気軽に受診できる環境を整え、皆さまのご来院をお待ちしております。

医師・スタッフ

院長:水野 真理 先生

院長:水野 真理 先生

院長の水野です。
地域の皆さまに寄り添い、健やかな暮らしをサポートして参ります。

【略歴】
1995年 愛知医科大学 卒業
2001年 愛知医科大学大学院 修了
2001年 愛知医科大学消化器内科
2019年 水野宏胃腸科内科 院長就任
【資格】
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医

名誉院長:水野 宏 先生

名誉院長:水野 宏 先生

名誉院長の水野です。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にご相談ください。

【略歴】
1964年 名古屋市立大学医学部 卒業
1964年 名古屋市立大学
1970年 愛知県がんセンター消化器内科
1974年 シカゴ大学消化器内科 助教授
1974年 愛知医科大学消化器内科 講師
1981年 水野宏胃腸科内科 院長就任
【資格】
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医

25,000

(税込)
5月 6月 7月 8月 9月 10月
  • ご家族にがんの経験者がいる方
  • がんを早期に発見したい方

20,000

(税込)
5月 6月 7月 8月 9月 10月
  • お腹や胃の調子が悪いことが多い方
  • よく飲酒している方
  • ご家族にがんの経験者がいる方

水野宏胃腸科内科の基本情報

住所・最寄駅
愛知県名古屋市千種区今池4-14-3

名古屋市営地下鉄東山線今池(愛知県)駅(4番出口より、徒歩1分) / 名古屋市営地下鉄桜通線今池(愛知県)駅(4番出口より、徒歩1分)
休診日
日・祝
※内視鏡検査は8時からおこなっています。<br> 【受付時間】<br> 月~金:8:00~12:30/17:00~19:00<br> 土:9:00~12:30
施設について
コンビニ/ドラッグストア 更衣室専有あり(一人着替えスペース) 検査結果即日発行対応
責任者
院長:水野 真理 【略歴】
2019年5月 水野宏胃腸科内科 院長

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧