人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • カードOK

精神と身体の関係を示す知見にもとづいて福井市で人間ドックを提供

公益財団法人 松原病院は、精神科と神経内科の精通するスタッフと共に、内科なども診療科として備える福井市文京2丁目の医療機関として、地域の健やかな暮らしをサポートしてきました。そうした医療活動の一環として、脳を中心に検査する人間ドックである「脳とこころのドック」を提供しています。最近は、社会的な問題意識の高まりから認知症が気になる人や、ちょっとした心の悩みを持っている人が受診するケースもよくみられます。疾患を発症する原因は人によってさまざまですが、当院では、精神と身体の関係を示す知見にもとづいて、生活習慣上のリスク(食生活、喫煙、飲酒など)チェックも重視しながら、人間ドックを提供しています。
当院へは、JR「福井駅」から京福バス利用で約10分、「市立図書館前」バス停が最寄りです。福井駅からタクシー利用で約15分の場所です。

公益財団法人 松原病院のこだわり

こだわり1

生活に重大な影響を及ぼす可能性もある脳卒中を調べる「脳とこころのドック」

生活に重大な影響を及ぼす可能性もある脳卒中を調べる「脳とこころのドック」
生活に重大な影響を及ぼす可能性もある脳卒中を調べる「脳とこころのドック」

高血圧、不整脈、高コレステロール、肥満の人などに推奨

公益財団法人 松原病院は、人間ドックの検査コースに「脳とこころのドック」を設定しています。脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を目指すとともに、認知機能検査を実施します。とくに脳卒中は一度発症すると、生命の危険や後遺症など生活に重大な影響を及ぼす可能性もあるため、当院はそのリスク発見に注力しています。
とくに、血圧が高い人、不整脈の人、血液中のコレステロール値が高い人、肥満の人は、脳卒中リスクが高いと考えられるため、とくに自覚症状がない段階での受診を推奨しています。

頭部MRI/MRA検査、頸部MRA、頸動脈エコーを実施

当院の「脳とこころのドック」では、「頭部MRI検査」「頭部MRA検査」「頸部MRA検査」「頸動脈超音波(エコー)検査」を実施します。
頭部MRI検査は、脳卒中のうち血管がつまった結果として発症する脳梗塞リスクの発見に有用です。頭部MRA検査は、脳の血流をチェックすることを通じ、脳卒中のうち、くも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤の発見に役立ちます。頸部MRA検査や頸動脈エコー検査は、血管の動脈硬化について調べます。動脈硬化は、脳卒中リスクを高める代表的な要因です。

こだわり2

認知症を多角的に判断する検査も設定されている「脳とこころのドック」

認知症を多角的に判断する検査も設定されている「脳とこころのドック」
認知症を多角的に判断する検査も設定されている「脳とこころのドック」

長谷川式認知症スケールやミニメンタルステート検査

公益財団法人 松原病院の「脳とこころのドック」では、心理面を調べる検査の一環として「認知機能検査」を実施しています。具体的な検査項目には、改訂長谷川式認知症スケール(HDS-R)、MMSE(ミニメンタルステート検査)があります。検査時間はそれぞれ10分以内で、認知症に関するスクリーニング(ふるい分け)検査です。
この検査コースではほかにも、メンタルチェックの一環として、SDS(こころの疲労度などを調べる検査)や、やる気スコアー(意欲などの低下について評価する検査)も実施します。

脳の形や海馬を評価する頭部MRI検査として活用

当院の「脳とこころのドック」で検査項目のひとつとして実施される「頭部MRI検査」は、脳の形から特定の部位(とくに認知症と関係している海馬を中心とする部位)や前頭葉の萎縮を早めに見つけることに役立つという役割もあります。
海馬は、脳の側頭部内側にあって記憶をつかさどる部位です。萎縮している場合は認知症の疑いがあり、それを調べることは早期の認知症対策として評価する意味を持っています。

こだわり3

受診当日に判明する検査結果は受診者一人ひとりに説明するという配慮

受診当日に判明する検査結果は受診者一人ひとりに説明するという配慮
受診当日に判明する検査結果は受診者一人ひとりに説明するという配慮

MRI検査をはじめとする画像診断はダブルチェック体制

公益財団法人 松原病院は、MRI検査をはじめとする画像診断(読影はダブルチェックです)に関しては、撮影後すぐに医師が結果を入手・確認しています。
画像診断以外の安静時心電図検査など受診当日に判明する検査結果(血液検査は後日)については、受診者一人ひとりに説明しています。受診当日に説明することは、受診者の労苦に報いるひとつの行動であるとも当院は考えています。

神経内科に知見を持つ日本内科学会認定「総合内科専門医」

当院の担当医は神経内科に知見を持ち、日本内科学会認定「総合内科専門医」でもあります。こうした知見をいかして検査および結果の評価にあたっています。
当院の人間ドック受診者の多くはかかりつけ医院を持っているケースが多いため、受診の結果、何らかの問題が見つかった場合は、かかりつけ医院に報告をするケースが多いです。また、内科以外の問題(脳腫瘍など)が見つかった場合は、ふさわしい総合病院あるいは脳神経外科などの医師を紹介することもあります。

こだわり4

福井県北部の「認知症疾患医療センター」という基幹病院としての役割を担って

福井県北部の「認知症疾患医療センター」という基幹病院としての役割を担って
福井県北部の「認知症疾患医療センター」という基幹病院としての役割を担って

リラックスして受診してもらえるようお茶なども提供

公益財団法人 松原病院は、人間ドックを受診する際には、できるだけ受診者にリラックスしてほしいと考えています。間食やお茶を出しているのもそうした配慮の一環です。
また当院は、福井県北部における認知症疾患医療センター(かかりつけ医院や介護施設などと連携して認知症に関する医療を提供する体制確保のために国が推進する事業)の役割も持っています。そのため、認知症に関する知見にもとづいた診療移行にも対応しています。

医師・スタッフ

医師:松原 四郎 先生

医師:松原 四郎 先生

医師の松原です。
地域の皆さまに寄り添い、健やかな暮らしをサポートして参ります。

33,000

(税込)
2月 3月 4月
×
所要時間
約3時間
結果説明方法
当日結果説明(無料)/後日郵送
  • ものわすれが気になる方
  • ストレスによるこころの変調を心配されてる方
  • 軽度認知障害を心配されている方
  • 動脈瘤などの脳血管障害を心配されてる方

23,000

(税込)
2月 3月 4月
×
所要時間
約3時間
結果説明方法
当日結果説明(無料)/後日郵送
  • ものわすれが気になる方
  • ストレスによるこころの変調を心配されてる方
  • 軽度認知障害を心配されている方
  • 動脈瘤などの脳血管障害を心配されてる方

公益財団法人 松原病院の基本情報

住所・最寄駅
福井県福井市文京2-9-1

JR北陸本線(米原-金沢)福井(福井県)駅(西口のりば:タクシー乗車15分) / JR北陸本線(米原-金沢)福井(福井県)駅(西口バスターミナルのりば:京福バス[26]福井総合病院行乗車、[市立図書館前]下車徒歩1分) / JR北陸本線(米原-金沢)福井(福井県)駅(西口のりば:福井鉄道[福井駅]田原町行乗車、[田原町駅]下車徒歩5分) / JR北陸本線(米原-金沢)福井(福井県)駅(東口のりば:えちぜん鉄道[福井駅]三国港行乗車、[田原町駅]下車徒歩5分)
休診日
土・日・祝 (年末年始)
支払方法
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/デビットカード
現金
責任者
代表理事:松原 六郎 院長:山森 正二
担当医:松原 四郎
受付担当:久所 洋子

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧