人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

三愛総合健診センター(大分三愛メディカルセンター内)インタビュー

病院併設型の健診施設の強みを生かし、スピーディーな診断とフォローアップが可能です。

病院併設型の健診施設の強みを生かし、スピーディーな診断とフォローアップが可能です。

Dr.インタビュー:中山 尚登 脳卒中センター長
当院は病院と併設している健診センターのため、健診で何か異常が見つかってもすぐに二次検査に移行することが可能です。待ち時間も少なくスピーディーな対応ができるのも大きな強みと考えています。また、人間ドックにはコンシェルジュがすべての検査に同行しますので、最後まで手厚いフォローを受けていただけます。初めての方でも緊張せずゆっくりと過ごしていただけます。

  • 予防医学の重要性について教えてください。

    医療技術が発達したことで、長生きをすることができるようになった一方、平均寿命と健康寿命の差がどんどん開いているのが現状です。いつまでも現役でいるのが理想ですが、そのために健診センターの役割があると思っています。特にこの地域は8万人近くが住んでいますが、総合的な健診センターがありませんでした。そこで、健診を受けやすい医院、環境作りをしていこうと2年前に当院の理事長が立ち上がりました。今後も、住民の方に健診を受けてもらえるよう、啓発活動に努めていきたいと考えています。

  • 病院併設型の健診施設である貴院が担う役割と、訪れる受診者のプロフィールについて教えてください。

    乳がんや大腸がん、脳梗塞などは、有名人が罹患したことで非常に身近な病気になってきました。問い合わせも増え、今まで気にしなかった方が意識をするようになるため、マスコミの影響は非常に大きいと考えています。この近くには健診センターがないため、当院にもご来院くださる方が多いです。また、病院と併設しているため、スピーディーな対応ができるのも大きな特徴だと考えています。

  • 一般健診とは別に任意型のドック・健診を受診することの意義を教えてください。

    受診者様の希望や不安点にスポットを当てた検査を受けられる点です。例えば、当院では現在増えているすい臓がんのために、膵がんドックを実施しています。カメラを診ながら十二指腸と胆のうと膵がんがどこまで重症化しているかの確認ができます。特に体格がいい方やお酒が好きな方は膵がんリスクが高まるため、早めに受診してください。タバコを吸う方は、肺がんCTをお勧めします。このように、特定の疾患に対して検査が行えるのが、任意型ドックのメリットですので、疾患の早期発見には欠かせない検査だと考えます。

  • 脳の検査を自発的に受診することの重要性について教えてください。

    脳ドックの一番の意義は、脳卒中のリスクを評価することにあります。すなわち脳の血管の状態を知ることになりますので、非常に有効です。脳の血管に異常があっても、発症するまで自覚症状がないことがほとんどです。そのため、検査において早いうちからリスクを知っておくことは非常に意義のあることだと思っています。

  • 脳ドッククイックコースについて教えてください。

    脳の断層撮影と、血管の評価、MRIが重要な検査を占めています。血液検査や心電図検査をこまめに受けられている方は、こちらのクイックコースで問題ないと思います。普段から健診を受けている方は、数年に一度、こちらの検査をプラスして受診ください。

  • 脳ドックのスタンダードコースについて教えてください。

    生活習慣病を評価するのは、脳卒中のリスクを評価するうえで極めて重要です。そのため高血圧、糖尿病、高脂血症などを見つけてあげることがメインとなります。それに加え,不整脈など病気に直結するような心電図の異常を検知するための検査も必要になってきます。生活習慣病をお持ちの方にはぜひ一度検査をされることをお勧めします。

  • 結果報告・読影体制について教えてください。

    当院には脳神経外科医が3名います。その3名によりダブルチェックをしていますので、安心して受けていただけるのではないかと思います。また、皆様には画像を実際にお見せして、血管の評価や脳の所見を詳しくお伝えしています。

  • 三愛総合健診センターの強みをお聞かせください。

    当院の強みは、健診センターに病院が併設しているため疾患にあわせたセンターが様々あるということです。スピーディーに受診ができるのも大きな強みだと思います。また、画像に関してはすべてダブルチェック体制をとっていますので、見逃しをなくす体制を整えています。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧