《予約可》大手町クリニックの人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

大手町クリニック

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

大手町クリニック

がんを中心に診療に取り組みたいという願いで開業

医療法人「大手町クリニック」は、生命予後を大きく左右するがんと向き合う上で早期発見することは非常に重要だと考え、人間ドックを提供しています。
また死因として未だにがんが大きなポイントを占めていますが、当院ではがんを中心に診療に取り組みたいという願いで開業いたしています。がんは症状が進行した状態でみつかると、治療をそこから取り掛かっても命を左右するという状況になってしまうことが少なくありません。そのため当院では予防医学の実践として早期発見と予防を重視しています。
当院は愛媛県の県庁所在地であり、約51万2000人(平成29年12月31日時点)の人口を有する、愛媛県松山市大手町に立地しています。松山市内でも中心部に位置しているため、働いている現役世代の受診者が多い、という特徴があります。そして立地的にJR松山駅、松山市駅が近いため、バス、電車などの公共機関を使ったアクセスも可能です。

施設写真

  • 大手町クリニックの待合
    ごゆっくりおくつろぎ下さい。
  • 大手町クリニックの外観
    当院の外観です。
  • 大手町クリニックの駐車場
    当院は無料駐車場もございます。
  • 大手町クリニックの最寄駅
    最寄りの予鉄道JR松山駅前線城北方面のりば「西堀端駅」です。

診療時間

診療時間
09:00~13:00 × ×
15:00~18:15 × × × ×

休診日:日・祝(第2・第4土曜日休業)

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

大手町クリニックのこだわり

こだわり その1内視鏡検査(胃カメラ)で行う人間ドックを提供

内視鏡検査(胃カメラ)で行う人間ドックを提供

内視鏡検査は経口、経鼻どちらでも対応可能

大手町クリニックでは検査コースとして「内視鏡検査で行う人間ドック」を設定しています。 「内視鏡検査で行う人間ドック」は、全身の健康チェックを行い、生活習慣病はじめ、がんや心臓病などの疾患リスクをスクリーニングすることを主な目的としています。検査項目としては血圧測定、安静時心電図検査、尿検査などを設定しています。
当院で行う内視鏡検査の特徴は、経口・経鼻いずれにでも対応できる内視鏡を用いておりますので、どちらをご希望されても柔軟に対応できることが特徴です。

内視鏡検査は上部消化管の疾患リスクを調べることに有用

当院の「内視鏡検査で行う人間ドック」では内視鏡検査(胃カメラ)で上部消化管をチェックします。内視鏡検査(胃カメラ)は、食道・胃・十二指腸の内部から観察を行い胃がん、十二指腸潰瘍をはじめとした上部消化管の疾患リスクを調べることが主な目的です。
昨今ピロリ菌が胃潰瘍や胃がんのリスクに関係していることが発見され、除菌が広く行われるようになり、胃潰瘍、胃がんの検出は随分減っています。それでもやはり、おなかの調子が悪いなど不調を訴えられる方が非常に多くいらっしゃいます。そういった原因の発見にも有益な情報を提供できる点が、内視鏡の特徴かと考えております。

こだわり その2早期胃がんの発見にも有用な胃カメラ

早期胃がんの発見にも有用な胃カメラ

日本人の部位別がん罹患数の1位である胃がんは男女ともに注意が必要

当院では「内視鏡検査(胃カメラ)」でチェックする疾患リスクのなかでも、胃がんは日本人の部位別がん罹患数の1位であり、男女ともに注意が必要な疾患だと考えております。
また人間ドックにおける上部消化管の検査として、一般的な胃部X線検査(胃透視)では上部消化管の全体像を白黒画像で映し出します。これに対し、内視鏡検査(胃カメラ)では色の変化やわずかな凹凸までピンポイントに観察することができます。また検査でポリープが見つかった場合は、大きさや状態を確認し、受診者の方の体調を考慮した上で、その場でポリープ切除を行うことができるのも特徴のひとつです。

30代、40代は嘔吐癖が強いことから、基本的には経鼻を推奨

当院の胃カメラは挿入方法を経口方式だけでなく経鼻方式にも対応していますが、それぞれに推奨する年代があります。内視鏡のカメラを口から入れると正面に付き合ったところに嘔吐反射を引き起こす場所がありますが、鼻から入れるとその場所の横を通過させることができます。30代40は代嘔吐癖が強い傾向があるので、経鼻をおすすめしています。50代60代以降の方になると反射が鈍くなってくるので、そういった方は経口、経鼻のどちらかご希望された方法で検査を行っております。
このように経鼻方式にも対応しているのは、口からの胃カメラ挿入に苦手意識を持つ方への配慮でもあります。

こだわり その3血液検査によるがんスクリーニング検査コース

血液検査によるがんスクリーニング検査コース

がんリスク早期発見のために検査コースとして設定

当院では、血液検査によるがんスクリーニング検査コースを複数設定しています。この検査コースを設定している理由の一つは、がんリスクが気になる人が気軽にスクリーニング検査を受診できるためです。
がんは早期に見つけないと、治療という段階になっても命に関わるケースが少なくありません。そのため検診を期にがんリスクを発見できればと当院では考えております。
また採血を慢性疾患のスクリーニングとして行なう際にがんリスクを検出できる可能性があれば、受診者への負担も軽くとなると考え、このようなコースを設定しています。

血液中のアミノ酸濃度を測定することで、がんに罹患するリスクをチェック

当院では血液検査によるがんスクリーニング検査のひとつにアミノインデックス検査を設定しています。アミノインデックス検査とは、血液中のアミノ酸濃度を測定することによってがんに罹患するリスクをランクA~Cで予想するスクリーニング検査です。
チェックするがんリスクは次の通りです。男性(5種)は胃、肺、大腸、前立腺、膵臓。女性(6種)は胃、肺、大腸、乳、婦人科(子宮・卵巣)、膵臓です。
アミノ酸は、たんぱく質を形づくるものであり、もともと体中に当たり前にあるものです。検査をすればそのアミノ酸が特定の状況がパターン化を示すので、それをリスクとしてAからCでランク分けをしています。

こだわり その4当日結果が判明している内容は当日に結果説明を実施

当日結果が判明している内容は当日に結果説明を実施

総合的な検査結果の説明は二週間ほどで結果を郵送

大手町クリニックでは、内視鏡の検査結果をご説明する場合、機械カメラの写真だけではなく解像度の高いディスプレイモニターで再確認をおこないながら、説明を行っております。
またその日に検査結果が判明している内容に関しては、問診兼説明という形で当日説明を実施しております。総合的な結果に関しては、採血検査を外部に委託しているため、約二週間後の郵送となります。
検査で問題が見つかった場合、当院で検査できるものについては、引き続き二次検査、もしくは、保険診療にて対応しております。またご希望がある場合は、近隣の医療機関への紹介状発行も行っております。

インタビュー

血液検査を用いたがんのスクリーニングで早期発見を目指す

血液検査を用いたがんのスクリーニングで早期発見を目指す

【Dr.インタビュー】院長:松原 寛 先生
当院では、血液検査によりがんのスクリーニングが可能です。このような検査以外にも、受診者さまのニーズにお応えできるようなメニューを取りそろえております。また、内視鏡検査ではレーザー治療を用いており、がんの検出率を高め、早期発見早期治療をすることで、予防医学にもつながると考えています。

インタビューを見る
  • 先生が考える予防医学の重要性について、詳しくお聞かせください。

    当院は開業当初から、がんを中心に診療に取り組んできました。がんは治る時代と言われていますが、それは早期発見早期治療の場合であり、やはり進行してからでは命を左右してしまうという事は避けられません。死因としてもがんは非常に増えていますし、病気を未然に防ぎ、早くに治療を開始するという意味では、予防医学はとても大きな役割を果たしていると思います。

  • 受診者される方のプロフィルについてお聞かせ願います。

    当院は松山市内でも中心部に位置し、公共交通機関も便利に通ってている非常に立地のいい場所です。ですので、ビジネスマンの受診者が比較的多いのが特徴です。また、他院で行う人間ドックでは扱っていないような、特殊なオプションに力を入れて取り組んでおりますので、市外からもさまざまな地域の方が当院に受診されます。

  • 人間ドックの受診が推奨される年代やプロフィル、受診頻度の目安をお教え願います。

    30代~40代で発症しやすい生活習慣病は、高脂血症や高血圧といった病気に至り、場合によっては死につながるケースもあります。さらに40代~50代になると、がん年齢に突入しがんの発生率が高まります。このように年齢によって発症しやすい疾患や気になる疾患は異なりますので、年代問わずご受診いただくことをお勧めいたします。特にまだ一度も人間ドックを受けたことがない方は早めにご受診ください。

  • 内視鏡検査で行う人間ドックコースについて特徴や目的などお教え願います。

    内視鏡検査で行う人間ドックコースは、全身の健康チェックやさまざまな疾患リスクをスクリーニングする事を主な目的としています。また、通常の検診項目にプラスしておなかの病気を診るという事で、内視鏡検査をお勧めしています。当院の内視鏡はレーザーを使用した内視鏡を用いているので通常よりもがんの検出率が高まります。そして経口、経鼻どちらにも対応できるよう新しい内視鏡を用いているのも大きな特徴になります。

  • 内視鏡検査で行う人間ドックコースの中で、内視鏡検査について詳しくお聞かせ願います。

    当院の内視鏡検査の特徴として、レーザー内視鏡を用いています。昨今、ピロリ菌除去が普及したため、胃潰瘍や胃がんが随分減りました。しかしお腹の不調を訴える人も多く、その原因を探るために胃を直接中から診ることで有益な情報として提供できるのが内視鏡の大きな特徴になります。また、日本消化器内視鏡学会の消化器内視鏡専門医である院長をはじめ、内視鏡検査に強みを持つ医師が常駐している事も強みとなります。

  • 上部消化管検査として、胃部X線検査と内視鏡検査のそれぞれの特徴や違いについてお教え願います。

    胃部エックス線検査は撮るのも読み解くのも技術と経験を非常に要しますので、現在ではおこなう施設が少なくなってきています。スキルス胃がんに関しては、胃透視のほうが良いともいわれていますが、それ以外は内視鏡検査のほうが技術も高まり疾患の発見には有益です。胃がんは部位別罹患(りかん)数も高く、男女ともに注意が必要な疾患になります。そのため、より疾患を発見できる内視鏡検査を推奨いたします。

  • 胃カメラ検査で、受診者の負担を軽減するためにおこなっている工夫点などあればお教え願います。

    経口方式は嘔吐(おうと)反射など苦手意識を持つ方が多いです。特に若い方は反射に敏感のため経鼻方式をご希望される方が増えています。そのため、ご希望により経口、経鼻どちらも対応できる内視鏡を用いて受診者の負担軽減につなげています。リラックスして検査を受けていただきたいと思っていますので、リスクのなく楽な方法をご自身でお選びください。

  • 血液検査によるがんスクリーニング検査を設定している理由や目的についてお教え願います。

    がんは早期発見、早期治療することで治癒していける疾患でもあります。そのための一つとして、がんスクリーニング検査があります。個々の臓器を調べるのではなく、採血によりがんを検出できますし、がんの疑いがあった場合には続けて検査を行なったり、早い段階で治療に進むことが可能です。非常に容易にできる検査ですのでお勧めです。

  • 画像検査の読影体制について教えてください。また、検査結果の説明、結果報告書発送までの期間についてもお願いします。

    当院では、最高度の解像度の機械を導入しており、モニターを見ながら再確認しています。検査時と受診時でしっかりとチェックする事で、見逃しを少なくしています。また、結果説明に関しては当日必ずおこないます。

  • 受診後のフォローアップ体制について、貴院ではどのようにおこなっているか詳しくお聞かせ願います。

    検査で問題が見つかった場合、まずはどのような検査が引き続き必要かを確認します。そしてその治療に秀でた医療機関を挙げさせていただきます。患者さんによっては通院のしやすさもありますので、ご本人の希望で紹介状も書かせていただいております。もちろん当院で検査できる内容については、引き続き二次検査や保険診療の形で検査を進めておりますので、どうぞお気軽にご受診ください。

  • このサイトをご覧の方に、先生からメッセ―ジをお願いたします。

    当院は、他院ではやっていないようなメニューに取り組んでいるのが特徴です。その一つとしてがんのスクリーニング検査がありますが、これはがんの早期発見をするためには非常に有益な検査です。採血でできるため非常に楽で負担なく受けていただけます。また、どこに相談しようか悩んでいることがありましたら、気軽にご受診していただければと思います。

医師・スタッフ

院長:松原 寛 先生

院長:松原 寛 先生

院長の松原です。
地域のホームドクターとして、皆さまの健康をサポートできるよう努めてまいりますので、 気兼ねなく何でもご相談ください。

【略歴】
1994年 愛媛大学医学部医学科 卒業
1994年 愛媛大学医学部研修医
1995年 市立八幡浜総合病院
2002年 市立大洲病院
2004年 市立宇和島病院
2005年 四国がんセンター
2011年 西岡病院
2012年 大手町クリニック 開院
【資格】
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
日本超音波医学会認定 超音波専門医
日本肝臓学会認定 肝臓専門医

大手町クリニックの検査コース

大手町クリニック

住所
愛媛県松山市大手町1-4-1 地図・アクセス
休診日
日・祝(第2・第4土曜日休業)
責任者
院長:松原 寛
【略歴】
1994年 愛媛大学医学部医学科 卒業
1994年 愛媛大学医学部研修医
1995年 市立八幡浜総合病院
2002年 市立大洲病院
2004年 市立宇和島病院
2005年 四国がんセンター
2011年 西岡病院
2012年 大手町クリニック 開院
【資格】
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
日本超音波医学会認定 超音波専門医
日本肝臓学会認定 肝臓専門医
最寄り駅
西堀端駅(徒歩3分) / 大手町(愛媛県)駅(徒歩3分) / 松山(愛媛県)駅(徒歩7分)
アクセスについて
駐車場あり(無料/4台)/愛媛新聞社前停留所下車徒歩2分/駅近(徒歩5分以内)

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

愛媛県の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

閉じる