《予約可》イムス明理会仙台総合病院の人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

イムス明理会仙台総合病院

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

健康寿命の延伸には人間ドックを活用した予防医療が重要

医療法人財団明理会「イムス明理会仙台総合病院」は「地域の健康管理と予防医療に努めること」を掲げ、予防医療の実践として人間ドックを実施しています。日本は平均寿命が伸長していますが、当院は健康寿命が大切だと考えています。健康寿命を延ばすには、予防医療は重要であり、脳卒中や骨折、認知症を未然に防ぐことができる時代ですので、何も症状がない方、特に働き盛りの方などに、ぜひ人間ドックを受けていただいて、のびのび健康寿命を延ばしていただきたいと考えています。
当院は、宮城県の県庁所在地である仙台市に立地し、東北地方随一のターミナル駅であるJR「仙台駅」から徒歩7分と便利なアクセス環境にあます。その場所柄、近隣の企業に勤めている方が多く、デスクワークが原因の肥満からくる生活習慣病が多いという特長があります。肥満はさまざまな弊害があるため、当院は「具体的にどう生活すればいいか?」をアドバイスするように心がけています。

施設写真

  • イムス明理会仙台総合病院のスタッフ
    皆様のご受診お待ちしております。
  • イムス明理会仙台総合病院のMRI検査機器
    MRI検査機器です。
  • イムス明理会仙台総合病院の超音波検査機器
    超音波検査機器です。
  • イムス明理会仙台総合病院の待合室
    待合室です。

診療時間

診療時間
08:15~12:00 × × ×

休診日:土・日・祝(年末年始は休業)

【受付時間】
月~金:8:15~8:30

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

イムス明理会仙台総合病院のこだわり

こだわり その1がんを中心に調べるベーシックな検査コース「人間ドック」

がんを中心に調べるベーシックな検査コース「人間ドック」

脳や骨密度、動脈硬化などをオプションで調べることも可能

イムス明理会仙台総合病院は、ベーシックな検査コースとして「人間ドック」を設定しています。「人間ドック」は、全身の健康チェックを行い、生活習慣病はじめ、がんや心臓病などの疾患リスクをスクリーニングすることが主な目的です。
健康診断は、主に生活習慣病などが一般的な検査ですが、人間ドックは、健康診断と違って項目数が非常に多いため、受診者が調べたい部分をニーズに合致したオプションで調べる事ができます。主な検査項目はがんなどです。調べたい方は、脳や骨密度、動脈硬化などのオプションを付け、さまざまな方向から調べているという特徴があります。

リスクを調べるだけでなく、具体的な説明も実施

「日本人の2人に1人ががんに罹患する」ともいわれる現代、がんリスクのスクリーニングも含めた全身の健康チェックには、自発的な人間ドックの受診がとても重要になります。
当院で人間ドックを受けていただければ、リスクを調べるだけでなく、生活習慣病も含めて具体的なアドバイスもできるため、健康寿命の延伸に役立てることができます。

こだわり その2乳がんや子宮がんのリスクを調べる「女性人間ドック」

乳がんや子宮がんのリスクを調べる「女性人間ドック」

30代には乳腺エコー検査、40代にはマンモグラフィを推奨

当院では、検査コースに「女性人間ドック」を設定しています。昨今は、検診の受診が健康維持・管理のために必須といわれていて、当院は、たとえば女性であれば20代後半からの子宮がん検診を推奨しています。
乳がん検診であれば、基本的には30代から乳腺エコー検査、40代からマンモグラフィを勧めています。マンモグラフィは乳がん初期段階の石灰化の検出に有用で、乳腺エコーは(若い女性に多いとされる)高濃度乳腺におけるしこりの発見に有用です。

担当する医師は女性、受付などのスタッフもすべて女性

当院の「女性人間ドック」は、人間ドックに女性向けの検査項目を加えたもので、全身の健康チェックと共に乳がんや子宮がんリスクを調べる検査コースです。乳腺エコー検査やマンモグラフィ検査、子宮頸部細胞診などを受けることができます。
女性の場合、健康に生活していくためには乳がんや子宮がんなどの検診が重要になります。乳がん検診については乳腺エコー検査とマンモグラフィ、子宮がん検診については受診者から希望があれば超音波検査も行います。
もちろん担当している医師は女性。そのほか、超音波検査やマンモグラフィ、スタッフについても女性によるものですので、リラックスして受けられます。

こだわり その3マンモグラフィは院長含めた4人体制で読影

マンモグラフィは院長含めた4人体制で読影

画像検査の読影は、全てダブルチェック体制

画像検査の読影は、全てダブルチェック体制を行っています。病院に併設されているメリットを活かして、検査部位によって各分野に知見を持つ医師がダブルチェックをしています。
マンモグラフィについては、読影の精度にばらつきがでるため、月1回マンモカンファ(マンモグラフィのカンファレンス)を行っていて、医師3人、院長を含めて4人体制で読影しています。

希望者には受診日中に説明、運動量や飲酒量など具体的にアドバイス

当院は、受診者の希望に応じてその日に判明する検査結果について、受診日中に説明を行っています。大半の受診者は説明を受けて帰られることが多く、読影などダブルチェックをしているものに関しては、後日判定が変わってしまう事もありますが、結果が出ているものに関してはすべて受診者に説明しています。その際は、ただ伝えるだけでなく、運動量や飲酒量など具体的にアドバイスするように心がけています。結果報告書は3週間ほどで発送します。

こだわり その4病院併設の強みを活かし、院内での二次検査や診療も可能

病院併設の強みを活かし、院内での二次検査や診療も可能

フォローアップ体制を整備

当院では検査で問題が見つかった場合、病院併設という強みを活かして院内での二次検査や診療に移行しています。
たとえば、胃カメラを行ってすぐに異変が見つかって、そのまま診療にかかることもありますし、婦人科で詳しくMRI検査などを当日することもできます。
当院は、医療グループなので連携などのメリットも含めてフォローアップ体制が整っております。もちろん、近隣医療機関への紹介状発行にも対応しています。

インタビュー

病気を未然に防ぐことが重要だと叫ばれる時代において、当院も皆さまの健康を支えるべく、人間ドックに力を入れております

病気を未然に防ぐことが重要だと叫ばれる時代において、当院も皆さまの健康を支えるべく、人間ドックに力を入れております

【Dr.インタビュー】医師: 佐竹 律子 先生
東北地方の経済の中心地である仙台市に立地する当院には、働き盛りの方が多くいらっしゃいます。仙台市の経済を支えている皆さまの健康を支えるために、当院では人間ドックの受診を奨励しております。もし人間ドックで何かしらの症状が見つかっても病院併設というメリットを生かしてスピーディーな対応をすることが十分に可能です。ぜひ一度、当院にお越しいただき、身体の健康状態をチェックしていただければと思います。

インタビューを見る
  • 先生がお考えになる「予防医療」の重要性について、お考えを詳しくお聞かせください。

    日本は世界に冠たるの長寿国ではあるのですが、ただ長く生きるのではなく、健康で過ごせる期間である健康寿命をどれほど長く維持できるのかが重要であると考えています。健康寿命を延ばすためには、脳卒中や認知症といった未然に防ぐことができる病気をしっかりと防ぐ予防医療が重要な役割を果たすと考えています。何も症状がなくても、働き盛りの方を中心に人間ドックを受けていただき、健康寿命を延ばしていただきたいなと思います。

  • 貴院を訪れる受診者のプロフィルや見つかりやすい疾患リスク、健康意識などについて感じることがあればお教え願います。

    仙台駅前地区は企業、店舗、マンションなどが多く、活動力の旺盛な地域であるということもあり、受診されるのは企業にお勤めの方が非常に多いです。そのため、どうしてもデスクワークしている方が多くなりますので、肥満からくる生活習慣病などが多い印象を受けます。太っていることからくる体調面での弊害はさまざまありますので、具体的にどう生活習慣を改善すればいいのかをアドバイスするように心がけています。

  • 貴院を受診される方の健康意識について詳しくお話をお聞かせください。

    これに関しては、受診者お一人おひとりによって異なっているのが現状です。ただ、全体的な傾向として、一切健康に対して興味がないという方はそれほど多くありません。やはり、ある程度健康意識が高くないとそもそも受診されることもないと思います。多くの方が熱心に聞いてくださりますので、当院としてもその高い意識に応えられるように日々努力しております。

  • 人間ドックの受診が推奨される年代やプロフィル、受診頻度の目安があればお教え願います。

    検査によって異なるところでもあるのですが、例えば女性であれば子宮がん検診は20代後半から受けていただきたいです。あと乳がん検診であれば、基本的に30代から超音波、40代からマンモグラフィーを受けてほしいとご案内しております。総合的な健診に関しましては、成人以降であればいつでもよいので可能な限り早めに受診していただきたいと思います。特に40代、50代の方には気になる症状がなくても積極的にお勧めしております。

  • 貴院の基本検査コースである人間ドックの目的は何ですか?

    人間ドックの目的は、全身の健康チェックを行い、生活習慣病はじめ、がんや心臓病などの疾患リスクをスクリーニングすることになります。また、人間ドックは自分が調べたいところ、気になる点をオプションで追加して調べることができるという特徴があります。多くの受診者が選択するのはやはりがんになりますが、このほか、例えば、脳や骨密度、動脈硬化の有無といった自身の関心に沿ってさまざまなオプションを付けることが可能です。

  • 「日本人の2人に1人ががんに罹患(りかん)する」ともいわれる現代、自発的な人間ドックの受診が重要と考えてよいでしょうか。

    非常に重要だと思います。検診というのは本当に最低限のことしか調べませんので、がんについては例えば胃がん検査とかがん検査とかそういった事は含まれていない事が多いのです。ですので、ぜひ人間ドックを受けていただいて、全身のスクリーニングをしていただきたいと考えています。また、人間ドックに関しては結果説明もやっておりますので、ぜひ受けていただき今後の健康維持のための参考にしていただきたいと思います。

  • 検査コースとして設定されている女性人間ドックの特徴を教えてください。

    女性人間ドックは、人間ドックに女性向けの検査項目を加えたもので、全身の健康チェックと共に乳がんや子宮がんリスクを調べる検査コースになります。これらの検査を担当している医師やスタッフ、受付はすべて女性で統一しております。やはり、検査中に男性がいると気になる方もいらっしゃいますので、すべて女性が担当することで男性の視線を気にすることなくリラックスして受けられるのではないかと思います。

  • 乳腺超音波(エコー)検査とマンモグラフィ検査の使い分けと特徴はなんですか?

    まずは年齢だと思います。マンモグラフィーは被爆が伴いますので、20代、30代の方には積極的にはお勧めはしていません。そういう方に関しては被ばくのない超音波を勧めております。ただ、マンモグラフィーは乳がん初期段階の石灰化の検出に有用なのに対して、乳腺エコーは高濃度乳腺におけるしこりの発見に有用といったように異なる良さを持っています。なので、そのメリットを把握したうえで、受診者に合わせて使用しています。

  • 画像検査の読影について、ダブルチェック体制などの特徴があればお教え願います。

    すべてダブルチェックをおこなっていまして、病院に併設されているメリットを生かして肺であれば内科の担当の医師、胃であれば消化器の担当医師がダブルチェックしています。また、乳房の方は月1回マンモカンファと言ってマンモグラフィーのカンファレンスをおこなっていて、外科の担当医師3人、私含めて4人体制で確認しています、そういう面では非常に安心して受けていただけるのでないかなと思っています。

  • 受診後のフォローアップ体制について、特徴的な取り組みがあれば教えてください。

    検査で問題が見つかった場合、病院併設という強みを生かして当院での2次検査や診療に移行しているほか、近隣医療機関への紹介状発行にも対応しております。また、当院は医療グループの一員ですので、仙台市以外のイムスグループの病院でも受診可能といったように、かなり広域に渡ってのフォローアップ体制を整えられていると考えております。

  • 独立した健診センターを設けることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

    独立した検診センターがあることで、まず一つに院内感染を予防することができます。また、人数も外来と交わらない分、軽減されますので、快適な待合スペースを用意できております。あとはワンフロアで検査を終えられるようになっていますので、スピーディーに、かつ楽に各検査間の移動をすることが可能となっていると思います。当院としてもワンフロアにまとまっていることで、検査へのスムーズな案内を行うことができています。

  • さまざまな質問にお答えいただきましたが、イムス明理会仙台総合病院のアピールポイントはどんなところだと考えますか?

    非常にアットホームな雰囲気でやっており、1日当たりの受診者数もそれほど多くはないです。その分1人ひとりに丁寧にすごく心のこもった人間ドックを提供できると思っておりまして、そういう所は当院の強みだと思っています。あとは人数が少ない分あまり待ち時間もないですし、忙しい人でも気軽に受けていただけるそんな環境にはなっていると思います。

  • 人間ドック・健診にかける思い、皆さまにお伝えしたいことがあればお聞かせください。

    病気というのは1回なってしまうと、その後の人生においてじっくりと付き合っていかなければいけないものになります。やはり、そうなる前に健診で何かないかというのを見つけていただく事が自分のためにでもありますし、家族のためでもあります。病気によっては進行を予防できるものもありますので、ぜひ受けていただき、皆さまにぜひ元気に長生きに人生を楽しく過ごしていただきたいと思います。

医師・スタッフ

院長:小針 雅男 先生

院長:小針 雅男 先生

院長の小針です。
末永く健やかな生活を送るためにも、ぜひ当院の人間ドックをお役立てください。

【略歴】
1975年 東北大学医学部 卒業
1975年 東北大学医学部 助教授
2000年 仙台オープン病院
2008年 仙台逓信病院
2015年 イムス明理会仙台総合病院
2015年 イムス明理会仙台総合 院長就任

医師:佐竹 律子 先生

医師:佐竹 律子 先生

医師の佐竹です。
ご自身の「健康なからだ」を守るため、定期的な人間ドック受診をおすすめいたします。

イムス明理会仙台総合病院の検査コース

  • 料金:  35,000円 (税込)

    • 専門医
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり

    ◆MRI装置を用いた画像診断により、脳梗塞、脳動脈瘤などの脳血管疾患を発見を目的としています。
    ◆高血圧、糖尿病、脂質異常症、家族歴のある方はこの機会にぜひご検討ください。

    ◆検査項目は、血液検査、... 続きを見る

  • 料金:  38,500円 (税込)

    • 女性医師可
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆当院のスタンダードな人間ドックです。
    ◆検査項目は、身体測定、血液検査、胸部X線検査、胃部X線検査、腹部エコー、安静時心電図、肺機能検査、尿検査、便潜血検査を行います。
    ◆胃の検査は胃部X線検査で行... 続きを見る

  • 料金:  51,480円 (税込)

    • 女性医師可
    • 読影W
    • 女性
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆人間ドックコースに乳がん検査、子宮がん検査を追加した女性の為のコースです。
    ◆検査項目は、身体測定、血液検査、胸部X線検査、胃部X線検査、マンモグラフィ検査、腹部エコー、乳腺エコー、安静時心電図、... 続きを見る

イムス明理会仙台総合病院

住所
宮城県仙台市青葉区中央4-5-1 地図・アクセス
休診日
土・日・祝(年末年始は休業)
施設について
健診専用エリアあり
責任者
小針 雅男
【略歴】
1975年 東北大学医学部 卒業
1975年 東北大学医学部 助教授
2000年 仙台オープン病院
2008年 仙台逓信病院
2015年 イムス明理会仙台総合病院
2015年 イムス明理会仙台総合 院長就任
【資格】
日本外科学会認定 外科専門医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
最寄り駅
あおば通駅(徒歩5分) / 仙台駅(徒歩7分)
アクセスについて
駐車場あり/駅近(徒歩5分以内)
お子さま対応
子連れ対応(要相談)
併用施設について
病院
周辺施設について
コンビニ/スーパー/カフェ/本屋/ドラッグストア

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

宮城県の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

閉じる