《予約可》千葉診療所の人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

千葉診療所

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

身体の小さな変化をつかみ、健康の維持・管理に役立てることが大きな目標

一般社団法人千葉衛生福祉協会「千葉診療所」は、千葉市中央区という都市部(JR千葉駅から徒歩10分)にある医療機関です。当院は人間ドックについて、「生活習慣病の予防やがんリスクの早期発見などを目的とした、身体の総合的な健康チェック」と考えています。
具体的には、かなり進行しないと自覚症状があらわれにくい、がんや心臓病、糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病リスクを早期に発見し、発症する前にその芽をつみ取ることが目的です。それにかなう人間ドックを、受診者に提供していくことを目標としています。
当院は、人間ドックの専用フロアとして「健診センター」(4階・5階)を設置し、また、2階に「保育園」があり、子供連れの人への受診機会の拡大に努めています。
そして受診者には、人間ドックの定期受診を通じて、身体の小さな変化をつかみ、健康の維持・管理に役立ててほしいと考えています。

施設写真

  • 千葉診療所の上部消化管X線検査機器
    こちらの機器で上部消化管X線検査を行います。
  • 千葉診療所のマンモグラフィ検査機器
    こちらの機器でマンモグラフィ検査を行います。
  • 千葉診療所の受付
    こちらが受付でございます。
  • 千葉診療所の待合室
    こちらは待合室でございます。

診療時間

診療時間
08:30~11:00 × ×
13:30~16:00 × × ×

休診日:日・祝(年末年始(2018/12/29~2019/01/03))

※平成30年度休診案内
・夏季休診:8/13~8/15

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

  • ※予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。
  • ※次の時間帯は自動応答での折り返し受付となります。
    ・平日夕方18時から翌朝9時まで・土日祝日

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

千葉診療所のこだわり

こだわり その1全身の健康チェックを第一義とする「日帰り半日ドック」

全身の健康チェックを第一義とする「日帰り半日ドック」

生活習慣病・がん・心臓病などのリスクをチェック

千葉診療所は、人間ドックの検査コースとして、「日帰り半日ドック」および「オプション検査」を設定しています。スタンダードな「日帰り半日ドック」は、全身の健康チェックとともに、生活習慣病・がん・心臓病などの各疾患リスクを調べることが主な目的です。
検査項目には、上部消化管X線検査(胃透視)/血液検査/胸部X線(レントゲン)検査/肺機能検査/腹部超音波(エコー)検査/眼底検査―などがあり、受付から会計までの検査時間はおよそ2時間です。

胃の検査は胃透視/胃カメラ/ABC検査の選択制

当院の「日帰り半日ドック」では通常、食道・胃・十二指腸をチェックして、食道がん・胃がん・十二指腸潰瘍などのリスクを調べる検査項目として「上部消化管X線検査(胃透視)」を設定しています。
また、この検査は、「オプション検査」の「上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)」もしくは、胃がんリスクを調べる血液検査の「ABC検査(ピロリ菌抗体検査+ペプシノゲン検査)」との選択制となっています。これは、バリウムの味や内視鏡のおう吐感が苦手な受診者への配慮です。

こだわり その2「日帰り半日ドック」では血液検査や胸部・腹部に対する検査項目を設定

「日帰り半日ドック」では血液検査や胸部・腹部に対する検査項目を設定

定期検査などよりも多くの項目と疾患リスクを検査

千葉診療所の「日帰り半日ドック」の検査項目には、「血液検査」が設定されています。調べる対象となる項目は、一般的な定期健診などより多く、それに関連する主な疾患リスクとしては、次のものなどがあります。
HBs抗原(B型肝炎)/総たんぱく・AST・ALT・γ-GTP・ALPなど(肝機能障害、アルコール性肝炎など)/尿酸(高尿酸血症、痛風など)/尿素窒素・クレアチニン(腎機能障害など)/空腹時血糖・HbA1c(糖尿病、すい炎など)/総コレステロール・HDLコレステロール・LDLコレステロール(動脈硬化、心臓病、肝臓病など)/赤血球・血色素量・ヘマトクリット・血小板(貧血など)。

肺がん・肺気腫などのリスクや肝臓がんのリスクもチェック

当院の「日帰り半日ドック」では「胸部X線検査」と「肺機能検査(スパイロメトリー)」を設定しています。肺がん・肺結核・肺炎・肺気腫などのリスクを調べることが主目的です。また、「腹部超音波(エコー)検査」も設定しています。
肝臓・胆のう・腎臓・すい臓・ひ蔵をチェックし胆石や早期肝臓がんのリスクを調べることが主目的です。

こだわり その3女性受診者向けに「マンモグラフィ」「子宮頸部細胞診」をオプションで設定

女性受診者向けに「マンモグラフィ」「子宮頸部細胞診」をオプションで設定

増加傾向にある乳がんリスク・子宮がんリスクを検査

千葉診療所は、「オプション検査」のひとつとして、女性受診者向けに、乳がんリスクを調べる「乳房X線検査(マンモグラフィ)」や、子宮頸がんリスクを調べる「子宮頸部細胞診」を設定しています。女性にとって、がんの部位別罹患数でいえば、乳がんは1位であり、子宮がんは20~30代の若い世代に増加傾向がみられます。
そのいっぽう、日本における乳がん・子宮がん検診の受診率は、諸外国より低い現実があります。
当院では、未受診の人の受診を推奨しますし、また、女性向け検査はすべて、女性医師・女性検査技師が担当しています。

骨粗しょう症や動脈硬化の程度もオプションでチェック

当院では「オプション検査」として「骨粗しょう症検査(DXA法)」を設定し、骨密度が減る30代以上の人に受診を推奨しています。
同じく「オプション検査」として「血圧脈波検査(動脈硬化検査)」も設定しています。動脈硬化の程度をチェックし、心臓病・脳血管疾患(脳卒中)のリスクを調べることが主な目的です。

こだわり その4可能な項目は受診当日に結果説明、自院での診療移行や他医療機関紹介にも対応

可能な項目は受診当日に結果説明、自院での診療移行や他医療機関紹介にも対応

画像診断に関しては医師2人による「ダブルチェック」

千葉診療所では、マンモグラフィをはじめとする画像診断には、医師2人による「ダブルチェック」体制を整備しています。
また、可能な項目については、受診当日に検査結果を説明しています。
もし問題が見つかった場合は、当院で対処できる疾患リスクであれば当院での診療移行、もしくは他の医療機関への紹介状発行にも対応しています。

インタビュー

受診者の皆さんご自身の健康をさらに詳しく見つめ直していただくことで、人生を楽しく豊かに過ごしていただければと思います

受診者の皆さんご自身の健康をさらに詳しく見つめ直していただくことで、人生を楽しく豊かに過ごしていただければと思います

Dr.インタビュー:石渡 亮仁 代表理事
1人でも多くの方に人間ドック・健診を受けていただけるように、普段健康チェックを行う機会が少ない、小さなお子さまをお持ちの方にもご利用していただけるように、当院では保育園を併設しております。特に子育て世代である20~30代の女性は、乳がんや子宮がんが増加傾向にあるため、女性検診を受けやすい環境作りのために女性技師を配置したり、女性スタッフを多く配置するなどの配慮をし、受診率の向上を目指しています。

インタビューを見る
  • 人間ドックを行う意味や理念について、詳しくお話をお聞かせください。

    人間ドックは、疾患を早期に発見し、少しでも早く治療を開始することに意味があります。特に自覚症状がなかなか出にくいがん、心臓病、糖尿病、糖質異常などの生活習慣病のリスクを早期に発見することで、大きな病気を発症する前にその芽を摘み取るということが非常に重要だと考えております。そのため、受診者の皆さまにとっては、意義のある人間ドックを提供できるように日々の業務を行っております。

  • 院内感染防止についての対策はどのようなことを行っていらっしゃいますか?

    疾患がすでにある方は、一般診療に来ていただき、人間ドックを受診される方は健康診断のブースに来ていただくという形で差別化をしております。また、検査フロアにおいては、各検査を分離しておりまして、待ち時間を有意義に過ごしていただけるように工夫をしています。このように、一般診療と人間ドックのフロアが隔離されており、受診者同士の動線が交わらないような設計になっているため、院内感染のリスクは低減されます。

  • 人間ドックを受診される方の傾向や特徴、また、受診を推奨される例などがあれば、詳しくお聞かせください。

    具体的な傾向というものはないのですが、やはり35歳を過ぎた方には年に一度は健康診断を受けていただくように推奨しております。定期的に健康診断を受けていただくことで、ご自身の数値を把握していただくことが1番大切だと私は思っております。基準値というのは95%の方が該当するようにできているのですが、元々数値が高い方、産まれつき高いと言う方もいらっしゃいます。そのため、データの変化を読むことが大事になってきます。

  • 「日帰り半日ドック」のコースについて、詳しく教えてください。

    日帰り人間ドックは、朝来院していただいてお昼で終了するコースになり、受付から会計まで2時間前後しかかかりません。お忙しい方がたくさんいらっしゃるため、短時間で検査ができるように工夫をしております。これまで、多忙で受診をする機会がなかった方にも短い空き時間でも気軽に人間ドックを受けてもらえるきっかけになればと思っています。

  • 保育園を院内に併設されているとのことですが、どのような想いで設置されたのでしょうか?

    保育園は、当院の2階に設置しております。ちょうど子育て世代である30歳後半の方の11人に1人が乳がんになると言われていますが、お子さまがいらっしゃるとなかなか乳がん検診などにも行く機会がないと思います。そのような、お忙しい子育て世代の方により多く乳がん検診を受けていただけるようにとの想いでこの保育園の整備をしています。

  • 受診者の多くが苦手とされる胃の検査についてどのような方法があるか、詳しく教えてください。

    私共は、長年、胃の検査を行っておりますが、特に女性の方はバリウムが苦手だとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。そのため、より身体に負担がなく、ラクに検査を受けていただくことができるようにという想いから、上部消化器官内視鏡(胃カメラ)を導入しました。また、バリウム検査は、胃の検査を簡単に受けてもらえるように胃がんリスクを調べるABC検査に変更いただくことも可能です。

  • マンモグラフィの検査は、常に女性検査技師が対応していますか?

    乳がん検診は、とてもデリケートな部分であり、諸外国に比べて日本の乳がん検診の受診率はかなり低い状況にあります。少しでもマンモグラフィの受診率を上げるために、当院では女性の皆さまの検査に対する抵抗やストレスを感じないよう、また、少しでも落ち着いて検査を受けていただけるよう、女性技師が全ての撮影をしております。

  • オプション検査の「骨粗しょう症検査(DXA法)」についてお話をお聞かせください。

    まだ年齢が若いうちは、骨密度を増やすこともできますが、年齢を重ね30代後半くらいからは骨密度というのは減っていく一方になります。骨密度が低下すると、骨折するリスクが大きくなり、年齢によってはそのまま寝たきりの生活になる可能性もあります。そのため、骨粗しょう症の検査に関しましては、30代以上の方で、特にご家族に骨粗しょう症の方がいらっしゃる場合は、率先して検査を受けていただきたいと思います。

  • 「血圧脈波検査」や「頸(けい)動脈超音波(エコー)検査」は、どのようなリスクを調べる検査になりますか?

    この二つの検査は、動脈硬化の程度をチェックするものになり、心臓病や脳血管疾患のリスクを調べることが目的となっております。脳血管疾患は、突然死をもたらすこともあり、もし、一命を取り留めたとしても日常生活に大きな支障をきたす重大な後遺症を残す確率が高いため、あらかじめリスクを調べることは非常に重要になってきます。

  • マンモグラフィを始めとした画像診断は、どのような体制で行われていらっしゃいますか?

    画像診断は、少しでも病変の見逃しをなくすために当院では、医師2人によるダブルチェック体制を整備しております。また、結果が当日分かるものに関しては、当日のうちに結果説明を行います。そして、当日に結果が分からないものに関しては、検査結果表を3週間をめどに郵送しておりますので、そこで結果の詳細を確認いただければと思います。

  • 万が一、何か異常が見つかった場合はどのように対応をされますか?

    発見される疾患にもよりますが、当院で対応できるものであれば当院の一般診療で治療をすぐに開始していただけるように手配をいたします。また、それ以外の二次検査となった場合は、再度お越しいただいて精密検査を受けていただくか、他院の医療機関へ紹介状の発行をし、治療を開始していただくようになります。受診者の皆さんとしっかりとお話をしながら今後の治療について決めて行きます。

  • 予防医療の重要性について、先生のお考えを詳しくお聞かせください。

    人生を充実したものにするためには、まず健康であることが欠かせないと思います。そのためには疾患の予防、早期発見、早期治療がカギになります。仕事や家族のためにも1分1秒でも永く健康を維持していただきたいものです。昨今、時代の変化とともに働く環境も大きく変化しているため、当院は受診者の皆さんのニーズに合わせてさまざまな方にきめ細やかなサービスを提供していきたいと考えております。

  • 人間ドックや健診にかける、先生の熱い想いについて語ってください。

    健康を維持するのに欠かせないのが人間ドックになります。ドックとは、長い航海の途上、船舶の修理工場に入り、これから長い航海を無事に航行するために検査、修理をすることを言います。このように人生という名の長い航海を無事に進んでいくためには人間ドックはなくてはならないものなので、皆さんには定期的に健康チェックをしていただきたいと思います。

医師・スタッフ

代表理事:石渡 亮仁先生

代表理事:石渡 亮仁先生

代表理事の石渡です。
末永く健やかな生活を送るためにも、ぜひ当院の人間ドックをお役立てください。

千葉診療所の検査コース

  • 料金:  39,800円 (税込)

    • 女性医師可
    • 女性スタッフ可
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆本検査プランは午後受診限定となります。
    ◆当院のスタンダードな人間ドックに、乳がん検査と子宮がん検査を追加した女性むけの人間ドックコースです。
    ◆検査項目は、身体測定、視力聴力検査、血液検査、胃AB... 続きを見る

  • 料金:  29,800円 (税込)

    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆本検査プランは午後受診限定となります。
    ◆当院のスタンダードな人間ドックです。
    ◆検査項目は、身体測定、視力聴力検査、血液検査、胃ABC検査、胸部X線検査、腹部超音波検査、安静時心電図検査、肺機能検査... 続きを見る

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

千葉県の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

閉じる