人間ドック・各種検診を受診される皆さまへ

台風15号の影響により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
現在、関東地方を中心に停電が発生している地域があります。
停電対象地域、およびその周辺の医療機関で人間ドック・各種検診予約が確定されている方は
事前に受診予定の医療機関にお問い合わせくださいますようお願いいたします。
株式会社EPARK人間ドック事務局

《予約可》板倉病院の人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。医療機関直通の番号ではありません。

板倉病院

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

「究極のホームドクター」を目指す一環として地域で予防医療を実践

医療法人弘仁会「板倉病院」は、「究極のホームドクター」を目指して人間ドックを提供しています。当院が立地している千葉県船橋市は、東京への通勤圏であると同時に多数の工場が並ぶ工業地帯です。そのため当院の人間ドックには、さまざまな職業と年齢層の人が受診に訪れます。なかでも、労働人口といわれる40~60歳の人(高血圧や糖尿病のリスクがよく見つかります)や、その後の世代である高齢者(がんリスクが見つかるケースが目立ってきます)は少なくありません。
そして当院では、40歳をひとつのめどとして、「健康意識」をもって年に1度は人間ドックを受診してほしいと考えています。たとえば会社の定期健診で脂質異常症や肝機能の問題を指摘された場合などは、定期健診より検査項目の多い人間ドック受診が推奨されます。
また、60歳を過ぎた人であれば、がんリスクへの注意も欠かせないため、自覚症状がなくとも定期的に受診することが、疾患リスクの早期発見につながると考えられます。仮に、高血圧・糖尿病・慢性腎臓病(CKD)のリスクが見つかった場合は当院でフォローし、疾患の重篤化を防止したいと考えています。
このように当院では、予防医療の充実の一環として、人間ドックを実践しています。

施設写真

  • ご不明な点などありましたらお気軽にご相談ください。
    ご不明な点などありましたらお気軽にご相談ください。
  • CT検査装置です。
    CT検査装置です。
  • ドック待合室です。
    ドック待合室です。
  • スリッパは殺菌消毒済みのものをご利用いただいております。
    スリッパは殺菌消毒済みのものをご利用いただいております。

診療時間

診療時間
09:00~12:00 × ×
15:00~17:00 × × ×

休診日:日・祝(年末年始)

検査コース一覧を見る

医療機関直通ダイヤル通話料無料
0066-9809-0000753

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

板倉病院のこだわり

こだわり その1企業などの定期健診より検査項目が多いスタンダードな「人間ドック」

企業などの定期健診より検査項目が多いスタンダードな「人間ドック」

肝機能・腎機能・肺がんリスク・心臓病リスクなどをチェック

板倉病院では、人間ドックの検査コースとして「人間ドック(胃カメラ・胃透視)」はもちろん「オプション検査」も設定しています。スタンダードな「人間ドック」では、血液検査や尿検査を通じて「肝機能」「腎機能」を調べ、胸部X線(レントゲン)検査で「肺がんリスク」などを、安静時心電図検査で「心臓病リスク」を調べます。他の検査も含めて法定健診の検査項目を網羅すると同時に企業などで実施される一般的な定期健診より検査項目は多く、全身の健康状態をチェックすることが目的です。

受診者の希望に配慮した胃カメラ・胃透視を選べるシステム

当院のスタンダードな「人間ドック」では、食道・胃・十二指腸をチェックし、食道がん・胃がん・十二指腸潰瘍などの各疾患リスクを調べる検査について、「上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)」「上部消化管X線検査(胃透視)」のどちらかを選ぶシステムをとっています。当院としては、内臓を直接観察する「胃カメラ」を推奨していますが、定期健診などで歴史的に主流となってきた「胃透視」に慣れている人もいるため、どちらの検査も選べるように配慮しています。

こだわり その2がん・心臓病と並ぶ3大疾患=脳卒中のリスク発見を目的とする「脳ドック」

がん・心臓病と並ぶ3大疾患=脳卒中のリスク発見を目的とする「脳ドック」

虚血性脳卒中は「頭部MRI」、脳出血は「頭部MRA」で検査

脳血管疾患(脳卒中)は、がん・心臓病と並ぶ3大疾患といわれています。板倉病院では、脳卒中リスクを調べることを目的とする「脳ドック」を、検査コースとして設定しています。脳卒中は、ある日突然に発症したり、後遺症が残るケースも少なくないため、疾患リスクの早期発見が大切です。具体的には、虚血性脳卒中の脳梗塞リスクを調べる「頭部MRI(磁気共鳴画像撮影)検査」や、くも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤リスクを調べる「頭部MRA(磁気共鳴血管撮影)検査」などを実施します。

脳卒中の前段階となる動脈硬化を調べる「血管伸展性検査」

当院の「脳ドック」では、「血管伸展性検査(血圧脈波検査)」も実施します。これは、手足に電極を装着して血管抵抗を測定し、動脈の硬さや末梢神経の詰まり具合をチェックする検査で、脳卒中の前段階リスクとなる動脈硬化の程度を調べます。つまり「血管年齢」を調べるもので、仮に実年齢より高めの検査結果が出た場合は、動脈硬化が進んでいると判断します。ほかにも脳ドック受診者を対象として、希望すれば、認知症リスクを調べる「VSRAD」を追加する検査コースも設定しています。これは、早期からの認知症検査が主流となりつつある時代の要請に応えるものです。

こだわり その3乳がん・子宮がんの各リスクを調べる「婦人科健診」などのオプション

乳がん・子宮がんの各リスクを調べる「婦人科健診」などのオプション

マンモグラフィ・乳腺超音波検査・子宮頸部細胞診を実施

板倉病院では、オプション検査として女性受診者向けの「婦人科健診」を設定しています。この検査コースでは、乳がんリスクを調べる「マンモグラフィ(乳房X線検査)」「乳腺超音波(エコー)検査」と、子宮頸がんリスクを調べる「子宮頸部細胞診」を実施します。マンモグラフィ・乳腺超音波検査は、女性検査技師が担当しています。昨今は、乳がん・子宮がんとも罹患者が増加しており、疾患リスクの早期発見は重要な意味を持つと当院は考えています。

大腸カメラで大腸がん・胸部CT検査で肺がんのリスクをチェック

当院では、オプション検査として「人間ドック+胃カメラ・大腸カメラ」のコースを設定しています。胃カメラおよび「下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)」を用いて、全身の健康チェックとともに、胃がん・大腸がんリスクを調べることが主な目的です。大腸がんの罹患者は胃がんに次いで多いといわれており、早期発見が大切です。また、オプション検査ではほかに「人間ドック+胸部CT検査」のコースも設定されています。全身とともに、肺がんリスクなどを調べます。

こだわり その42階を「人間ドックエリア」に設定し院内感染に配慮

2階を「人間ドックエリア」に設定し院内感染に配慮

生後2カ月~就学前の子供が対象の「無料託児サービス」

板倉病院では、検査結果について、できる限り受診当日に説明し、報告書は2週間~1か月後に有用しています。問題点が見つかった場合も、当院での診療への移行のほか他医療機関への紹介状発行に対応しています。また、当院は2階を「人間ドックエリア」に設定し、受診者と外来患者の接触を避け、院内感染の防止に配慮しています。
ほかに、生後2カ月~就学前の子供を対象とする「無料託児サービス」も、受診者からの事前相談にもとづいて実施しています。

インタビュー

子供がいらっしゃる受診者にも少しでも検診を身近に感じていただき、実際に受けていただけるように院内託児所を設けています

子供がいらっしゃる受診者にも少しでも検診を身近に感じていただき、実際に受けていただけるように院内託児所を設けています

Dr.インタビュー:梶原 祟弘 院長
祖父の代から、この地域で地域の皆さんのための医療サービスを提供しております。受診者の方から頼っていただけるようなホームドクターになれるよう、日々努めております。また、1人でも多くの方に検診を身近に感じていただき、定期的に受診していただけるようにという想いから、子供が小さく、普段から検診を受診することが難しいという方にも院内託児を設けておりますので、ぜひご利用いただければと思います。

インタビューを見る
  • 「地域の方のためのホームドクター」を目指すと語られていらっしゃいますが、どのような意義や想いがあるのでしょうか?

    当院は、1940年にこの地に開業しました。祖父の代から代々この地で医療サービスを提供しております。しかし、ここは都市部なため、病院を維持していくにはとても大変な所でもあります。大変なのですが、当院がなくなってしまうとこれまでずっと通っていただいていた方が困ってしまうため、その方を支えていくという使命を持って受診者の皆さんと共に歩んでいける、そんなホームドクターの使命を全うしようと考えています。

  • 船橋南部地域の方へ人間ドックの貢献度は高いと思われますが、そのあたりはどのように考えていらっしゃいますか?

    企業健診や、特に人間ドックに関しては皆さんの健康意識が高く、若い40~60代の方が多く受診されます。この年代には高血圧や糖尿病の方が多く、60歳を過ぎるとがんがよく見つかるため、それらの疾患を早期発見し、身体的負担の少ない内視鏡治療などを行うということを目標にしています。また、慢性腎臓病がニーズとして増えておりますので、腎臓を診ることができる医師も配置することでほかの疾患を起こさないようにと注力しております。

  • 具体的には、どのような職業の方が多く受診されるのでしょうか?

    船橋は工業地帯であり、当院は大きな企業の産業医も担当しております。力仕事をされる方や作業系、工場で働いている方が大変多く、そうした方はシフト制の勤務であったり、食生活が不摂生の方が多いです。勤務体系や食生活が不規則であるため、生活習慣病になったり、病気になりやすい体質になることが多いため、ご自身の健康を維持するためにも検診は定期的に受けていただきたいと思います。

  • 人間ドックの受診を推奨する年齢層や受診した方が良いという自覚症状についてお話をお聞かせください。

    人間ドックについては、40歳以上になりましたら健康維持の意識を持って受けていただきたいと思います。ただ、人間ドックは割高な要素もあるため、会社の検診を受診できる環境であればしっかりと検診を受けていただき、検診をサポートする形で人間ドックを利用していただきたいです。また、60歳を過ぎたら、早期発見の視点から胃カメラは年に一度、大腸カメラは2年に一度、肺のCT検査も5年に一度は受けていただければと思います。

  • バリウムと胃カメラを選択できるシステムを採用されていらっしゃいますが、受診者の方への配慮ですか?

    実は、企業検診ではカメラではなくバリウムが主でした。しかし、がん予防に対しては、バリウムよりカメラの方が良いと推奨されているため、胃カメラを受けていただきたいのが本音です。ただ、今までずっとバリウムを受けてきた方もいらっしゃるため、両方選べるような形にしています。また、当院では鎮静剤で眠っている間に検査を受けていただくため、経鼻内視鏡ではなく、より鮮明に見える経口内視鏡をあえて使用しております。

  • 脳ドックが含まれた人間ドックのコースについて特徴を教えてください。

    脳ドックでは、MRIとMRAの二つがあります。MRIは、虚血性脳疾患のリスクを調べるのが目的です。また、MRAはアンギオという意味であり、動脈瘤(りゅう)を潜在的に持っているかどうかを調べるのが目的です。あとは、お年を取った方ですと認知症検査も行うことができます。今は、認知症は早期に診断することができる時代になってきているので、このような検査も率先して追加しております。

  • 血管進呈性検査とは一体どのような検査になりますか?詳しく教えてください。

    手足の血管に電極をつけて、それぞれの血管抵抗をみて血管の硬さを判定する検査になります。検査の結果、年齢何歳相当という数字が出ますが、実際の年齢よりも高く出た場合は、動脈硬化が進んでいることを意味します。その場合は目の血管に変化が出る場合があるため、眼科の医師と連携するなど、病気を予防できる体制を整えております。

  • 安静時心電図検査は、行うことでよりリスクを回避できるということでしょうか?

    安静時心電図検査は、脳ドックだけでなく人間ドックにも付いている検査になります。心電図検査では、その方の不整脈や心臓のけいれんしている状態が分かります。けいれんしている方だと、心臓の中に小さな血の塊を作ってしまう可能性があり、それがどこかに移動してしまうと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまうため、丁寧に観察を行います。

  • 婦人科検診に関してですが、受診者が希望をすれば女性スタッフに対応していただくことは可能でしょうか?

    婦人科検診では、マンモグラフィと超音波検査で乳がんのリスクを調べ、子宮頸部(けいぶ)細胞診や子宮がんのリスクを丁寧に調べます。マンモグラフィの検査も超音波検査も女性技師が行います。また、事前にご予約をいただければ女性医師による対応も可能なため、女性医師をご希望の場合は、事前にリクエストいただければと思います。

  • 無料の託児サービスがあるとのことですが、詳しくお話をお聞かせください。

    当院は、小さなお子さんがいる職員も思いっきり働けるような環境作りに努めております。職員の中には子連れで出勤をして、院内保育所に預けている者もいます。私たちは、スタッフだけではなく、小さな子供をお持ちの受診者の方にも気軽に検診を受けていただきたいという想いから院内託児所を設けており、検診を受けていただいている間はスタッフが子供をお預かりすることもできますので事前にご相談いただければと思います。

  • 検診の結果説明に関して、どのように説明を行われていらっしゃいますか?

    お忙しいお時間の合間を縫って、検診を受けに来ていただくため、検診当日に分かるものに関してはなるべくその日にご説明をさせていただきます。また、全ての結果を記載した結果報告書についてはだいたい2週間から1カ月以内に送付させていただきます。しかし、何か異常が発見された場合には、報告書を待つことなくすぐに連絡をさせていただきます。

  • 検診の結果、何か異常が発見された場合はどのような対応をされていらっしゃいますか?

    当院の身の丈に合った医療を大事にしておりますので、胃がんや大腸がんに関しては当院で対応をしておりますが、食道がんやすい臓がんなどその他の症状に関しては、受診者の方に合った医療機関に紹介をしてしっかりと治療をしていただくということが使命だと思っております。受診者のご希望や症状に合わせて、それぞれに合った医療施設をご紹介させていただきますので、万が一何か異常があった場合は、ご相談いただければと思います。

医師・スタッフ

院長:梶原 崇弘 先生

院長:梶原 崇弘 先生

地域の皆様のQOLおよび健康寿命の向上の一助となれますよう、スタッフ一同努めて参ります。

【略歴】
2000年 日本大学医学部 卒業
2000年 日本大学医学部付属板橋病院 第三外科教室助手
2002年 国立がん研究センター中央病院 外科レジデント
2006年 国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科修練生
2008年 日本大学医学部付属板橋病院 消化器外科専修生
2011年 日本大学医学部付属板橋病院 消化器外科助手
2012年 医療法人弘仁会 板倉病院 院長に就任
日本大学消化器外科講師兼任
【資格】
日本外科学会認定 外科専門医

板倉病院の検査コース

  • 料金:  10,000円 (税込)

    • 女性スタッフ可
    • 女性
    • 土曜可

    ◆乳腺エコー検査とマンモグラフィ検査のセットです。続きを見る

  • 料金:  43,000円 (税込)

    • 専門医
    • 男女共通
    • オプションあり

    ◆MRI/MRA検査に加え、血管伸展性検査、心電図測定を行うドックです。続きを見る

  • 料金:  42,000円 (税込)

    • 男女共通
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆当院のオーソドックスな人間ドックです。
    ◆胃の検査はX線検査にて実施いたします。
    ◆必要に応じてオプション検査を多数ご用意しております。

    ◆ご受診の方にはお食事券をお渡ししております。続きを見る

  • 料金:  45,500円 (税込)

    • 男女共通
    • 土曜可
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆当院のオーソドックスな人間ドックです。
    ◆胃の検査は内視鏡(胃カメラ)にて実施いたします。
    ◆必要に応じてオプション検査を多数ご用意しております。

    ◆ご受診の方にはお食事券をお渡ししております。続きを見る

板倉病院

住所
千葉県船橋市本町2-10-1 地図・アクセス
休診日
日・祝(年末年始)
施設について
健診専用エリアあり
責任者
院長:梶原 崇弘
【略歴】
2000年 日本大学医学部 卒業
2000年 日本大学医学部付属板橋病院 第三外科教室助手
2002年 国立がん研究センター中央病院 外科レジデント
2006年 国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科修練生
2008年 日本大学医学部付属板橋病院 消化器外科専修生
2011年 日本大学医学部付属板橋病院 消化器外科助手
2012年 医療法人弘仁会 板倉病院 院長に就任
日本大学消化器外科講師兼任
【資格】
日本外科学会認定 外科専門医
最寄り駅
京成船橋駅(南出口より徒歩5分) / 船橋駅(南出口より徒歩7分)
お子さま対応
無料託児サービスあり(利用希望の方はドック予約時にお申し出ください)
周辺施設について
コンビニ/カフェ/ドラッグストア

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

千葉県の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

医療機関直通ダイヤル通話料無料
0066-9809-0000753

閉じる