《予約可》神田クリニックの人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

神田クリニック

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

3大疾患リスクの早期発見を目的に「健康なときこそ受診」を提唱

医療法人社団裕健会「神田クリニック」は、「健康なときこそカラダをチェック」をキャッチフレーズに掲げ、予防医療の実践として人間ドックを実施しています。いうまでもなく日本の3大疾患は、がん・心臓病・脳血管疾患(脳卒中)であり、これらの疾患リスクの早期発見・早期対応が、人間ドックの大切な役割であると当院は考えています。
当院が立地する東京都千代田区内神田エリアは東京の代表的なビジネス街であり、また、多くの飲食店が立ち並ぶグルメタウンです。そのため当院の人間ドックには、さまざまな職業を持つ受診者が訪れており、年齢層も若年層から高齢者まで広範囲にわたります。そして、高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症など心臓病や脳卒中を引き起こす疾患リスクがしばしば見つかります。
そうした疾患の発症を防ぎ、健康を維持していくため、35歳以上の人なら年に1度の人間ドック受診は必須ではないかと当院は考えます。もし、長期にわたる喫煙・飲酒の習慣があるなら35歳未満でも受診を推奨します。さらにいえば、深夜業務など生活が不規則になりがちな人であれば、半年に1度の受診でもよいと考えています。

施設写真

  • 神田クリニックのスタッフ
    ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にご相談ください。
  • 神田クリニックのMRI検査機器
    こちらの機器でMRI検査を行います。
  • 神田クリニックの診察室
    こちらが診察室でございます。
  • 神田クリニックの外観
    当クリニックの外観でございます。

診療時間

診療時間
09:00~12:30 × × ×
14:00~16:30 × × ×
09:00~12:30 × × × × × × ×

休診日:日・祝(お盆、年末年始は休業。土曜日は第1・第3・第5のみ実施)

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

  • ※予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。
  • ※次の時間帯は自動応答での折り返し受付となります。
    ・平日夕方18時から翌朝9時まで・土日祝日

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

神田クリニックのこだわり

こだわり その1がんや心臓病のリスクを中心に全身を総合的に調べる「日帰りドック」

がんや心臓病のリスクを中心に全身を総合的に調べる「日帰りドック」

初めての人にも経験者にも受診が推奨される基本コース

神田クリニックは、人間ドックの検査コースとして、「日帰りドック」「MRI心臓ドック」「MRI脳ドック」などを設定しています。
「日帰りドック」の特徴は、法定健診の検査項目を満たし、総合的に全身の健康についてスクリーニングをすることです。検査時間は3~4時間。主な検査項目には、身体測定/安静時心電図検査/血液検査/腹部超音波検査/胸部X線検査/胃部(上部消化管)X線検査/便潜血反応検査/喀痰細胞診などがあます。
当院では、人間ドックを初めて受診する人はもちろん、オプション検査によって重点的に調べる部位も選べることから、受診経験者にも推奨しています。

すい臓がん・心臓肥大・肺がん・胃がん・不整脈などをチェック

「日帰りドック」の検査項目のうち、「腹部超音波検査」は、肝臓・胆のう・すい臓・ひ臓・腎臓をチェックし、肝炎・胆管結石などのリスクを調べます。すい臓がんによる死亡数が増えている昨今、すい臓はとくに重点的にチェックします。
「胸部X線検査」では心臓肥大の程度や肺がんなどのリスクを、「(食道・十二指腸を含む)胃部X線検査」では胃がん・胃潰瘍などのリスクを、「安静時心電図検査」では虚血性心疾患・不整脈(突然死を引き起こす心室細動の一種であるブルガダ症候群の兆候を含む)などのリスクをそれぞれ調べます。

こだわり その2心臓病・脳卒中リスクを調べる「MRI心臓ドック」「MRI脳ドック」

心臓病・脳卒中リスクを調べる「MRI心臓ドック」「MRI脳ドック」

放射線被爆が無く、造影剤を使用せずに冠動脈を調べるMRA検査

神田クリニックは、「MRI心臓ドック」を検査コースとして設定しています。心臓病(狭心症・心筋梗塞・心臓弁膜症・心臓機能障害など)のリスクを調べるために、MRIによる心臓の動画撮影や冠動脈撮影、心臓超音波検査を実施するコースです。放射線被爆の無いMRIは心臓周囲の肺や乳房の発癌リスクがありません。また造影剤の投与も不要で、冠動脈(心臓に酸素を供給する血管)の状態を調べます。狭心症・心筋梗塞は冠動脈の狭窄により引き起こされるため、狭窄の評価には明瞭な冠動脈の画像を撮影することを当院は重視しています。
心臓MRIや心臓超音波検査は、経験豊富な検査技師により実施しています。さらに、「頸動脈超音波検査」「血圧脈波検査(血管年齢)」を用いて、今後の動脈硬化性疾患のリスク評価を行います。虚血性心疾患や脳卒中は動脈硬化を基盤とする病気であり、リスクの早期発見は重要であると当院は考えています。

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などのリスクを調べる

当院では、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)リスクを調べる「MRI脳ドック」も検査コースとして設定しています。「頭部MRI検査」を用いて主に脳梗塞リスクを、「頭部MRA検査」を用いて主に(くも膜下出血を引き起こす)未破裂脳動脈瘤リスクを調べるほか、脳腫瘍についても調べます。

こだわり その3心臓・脳ドック+日帰りドック「プレミアム心臓ドック」/「午後ドック」

心臓・脳ドック+日帰りドック「プレミアム心臓ドック」/「午後ドック」

全身のメディカルチェックと心臓・脳・血管の詳細な評価を1日で実施

神田クリニックの人間ドックでは「プレミアム心臓ドック」も設定しています。この検査コースは日帰りドック・MRI心臓ドック・MRI脳ドックをセットにすることで、全身の健康チェックと合わせて心臓病・脳血管疾患の各リスクを重点的に調べることが特徴です。
通常の人間ドックでは物足りないと思われている方や1日で実施出来るため多忙な方にもお勧めです。

基本コースと変わらない健診内容を目指しながら検査時間を短縮

当院の人間ドックには「午後ドック」も設定されています。この検査コースは、受診者を少人数に絞ることで検査時間を日帰りドックより短く(2~3時間)したことが特徴です。
多忙な人に受診の機会を提供することが目的であると同時に、健診内容も日帰りドックと変わらないことに努めています。

こだわり その4緊急性が高い場合は受診当日に自院での診療に移行する体制を準備

緊急性が高い場合は受診当日に自院での診療に移行する体制を準備

心臓MRI検査などの読影は2重・3重のチェック体制

神田クリニックでは、心臓MRI検査、心臓超音波検査、安静時心電図などをはじめとする画像診断の読影は、院長を含む循環器内科・消化器内科などの分野に知見を持つ医師が読影にあたるほか、外部機関への委託も含めて2重・3重のチェック体制です。
また、人間ドックを受診した結果、もし問題が見つかった場合は、当院での診療に(緊急なら受診当日に)移行するほか、日本医科大学付属病院など近隣の他医療機関とも連携し、移行体制を整備しています。

インタビュー

お仕事などで日頃忙しく身体のケアがなかなかできない方にも検診を受けていただけるようにさまざまな検診コースを用意しております

お仕事などで日頃忙しく身体のケアがなかなかできない方にも検診を受けていただけるようにさまざまな検診コースを用意しております

Dr.インタビュー:馬渕 浩輔 院長
少しでも多くの方に検診を受けていただき病気の早期発見をしていただきたいという想いから、多様な検診コースを用意することにより、検診を受けやすい環境作りをしております。また、MRIなどを使用することで、造影剤による副作用や被ばくの心配もなく、病気を早期のうちに発見することが可能となりました。受診者の身体への負担をできるだけ少なく検査を受けていただけるように、新しい検査方法を率先してに取り入れております。

インタビューを見る
  • 予防医療の実践として、人間ドックの大きな意義について詳しくお話をお聞かせください。

    日本人の死亡原因の多くは、がん・心筋梗塞・脳卒中でありますが、この3大疾患を予防することが非常に重要であります。これらの疾患は早期発見により、寿命も延ばすことが可能なため、できるだけ早い段階での発見が重要だと考えております。このようなことから、当院では、健康なときこそ身体をチェックすることで、率先してに病気を早期の段階で発見することをテーマに検診を行っております。

  • これまで発見できた疾患のリスク傾向やどのような職業の方が多く受診されるのかを教えてください。

    当院は、東京でも代表的なビジネス街にあり、大手町も接しておりますので多くの会社員の方にご利用いただいております。また、神田は多くの飲食店もあるため、飲食店で勤務される方も多いです。当院の立地から、受診者は若く、さまざまな職業の方の健康診断を主に行っております。リスク傾向としては、仕事上夜のお付き合いの多い方もたくさんいらっしゃるため高血圧・糖尿・糖質異常・高尿酸血症などの疾患が多いと思います。

  • 人間ドックの受診が推奨される年齢層や体調などについて詳しくお聞かせください。

    人間ドックは、35歳以上になれば必ず年に1回は受けていただきたいと思います。また、35歳になっていない若い方でも、飲酒歴が長いという方や喫煙を20歳からずっと続けているという方、深夜業務が多い方などは、大きな病気になるリスクを負っているため、30歳を超えたら率先して受けていただけるのが病気の早期発見につながると思っています。

  • 人間ドックのコースの一つである、「日帰り人間ドック」の特徴について教えてください。

    日帰り人間ドックは、血液検査・レントゲン・心電図・腹部超音波・胃内視鏡検査あるいはバリウム検査、その他多くのオプション検査も含めて行っております。この日帰り人間ドックのコースでは、全身を総合的に見ることができるコースとなっております。特に最近多くの方がすい臓がんで早く亡くなられているということもあるため、腹部超音波検査では徹底的に診るようにしています。

  • 「MRI心臓ドック」で、心臓超音波検査や安静心電図検査、頸動脈超音波検査も検査項目に含む事でどのようなメリットがありますか?

    心臓MRI検査のメリットは、造影剤を使用することなく冠動脈の状態を調べることができることです。当院では、MRIを使ってそのような冠動脈疾患を調べると共に心臓の筋肉の状態も調べ、心臓の超音波検査では、弁膜症の状態やその他心筋症などの先天的疾患も調べています。さらに頸動脈エコーにABI検査など動脈硬化検査を合わせることで、総合的に循環器疾患を調べていくことができています。

  • 「MRI脳ドック」についてですが、どのようなリスクを調べることが特徴ですか?

    MRI脳ドックの特徴として、まず脳の全体像を調べることができるという点が挙げられます。これにより、微小な梗塞や脳腫瘍などを早期発見することが可能です。また、脳のMRAという検査を行うことで、早期から、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤(りゅう)を発見することができます。また、くも膜下出血は日本人の死亡原因の第3位を占める病気でありますので、そういったものを早期から発見できることは非常に有益でないかと考えでおります。

  • 「午後ドック」についてですが、「日帰りドック」との違いについて教えてください。

    受診者の中には、お仕事の関係で午前中に受診することが難しいという方がいらっしゃるため、「午後ドック」はそのような方のためのコースになります。午後2時や3時くらいに受診され、なおかつ時間もあまりかけることはできないという方を対象にしておりますが、項目はなるべく午前中の人間ドックのコースと変わらないよう当院としても努力しております。

  • 「プレミアム心臓ドック」のコースについてどのような特徴があるか教えてください。

    特徴は、心臓のMRI、エコー検査、頸動脈エコー、動脈硬化検査、血液心不全のマーカーなどをトータルして心臓をチェックできるところにあります。心臓の疾患は、日本人の死因の第2位であり、心筋梗塞、狭心症を早期から見つけるということを当院では主として行っており、特に心臓MRI検査の冠動脈の検査は造影剤使用することなく調べることができ、被ばくもないということから非常に有益な検査であると考えております。

  • MRIや心電図の読影はどのような人員体制で行われていらっしゃいますか?

    当院では、画像診断に関して、各科の医師がダブルチェックする体制をしっかり整えております。また、読影専門の会社にコンピューターで画像を転送してチェックしていただくというシステムもとっております。このような二重三重のチェックを行うことで、できるだけ病変を見逃さないようにしているということが当院の読影の特徴であるといえると思います。

  • 検診で万が一異常が発見された場合の対応はどのようにされていますか?

    検診の結果、緊急性のある方に関しては、当日に対応させていただきますし、軽度な異常であった場合は、お知らせをして後日一般診療を受診していただいております。そして、さらに専門的な技術が必要とされる受診者に関しては、当院が提携している近隣の医療施設や、受診者のご希望に合わせた医療施設にご紹介させていただいています。

  • 予防医療の重要性について、先生の考えを詳しく教えてください。

    日本人の死亡の3大原因は、がん・心筋梗塞・脳卒中であります。これらの疾患を、早期発見・早期治療することで健康寿命を延ばすことができます。また、これらの疾患の原因となりうる生活習慣病を早くから治療するということが非常に重要であります。当院では、これらの疾患を早期発見し、早期治療につなげられるような対策をしっかりととっていることが特に重要だと考えております。

  • 検診業務にかける先生の熱い想いについて詳しくお聞かせください。

    検診に対する想いは、先ほどお話しいたしましたが、やはり病気の早期発見、早期治療が非常に重要だと考えております。私は、内科の担当をしておりますが、検診では病変を見つけるだけではなく、さらに5年や10年にわたって治療を続けていらっしゃる受診者の方もたくさんいらっしゃいます。このように、発見から治療までを担当できることが私のやりがいであるとも考えております。

医師・スタッフ

院長:馬渕 浩輔先生

院長:馬渕 浩輔先生

院長の馬渕です。
末永く健やかな生活を送るためにも、ぜひ当院の人間ドックをお役立てください。

神田クリニックの検査コース

  • 料金:  54,000円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆心臓ドックのライトコース。既に健診など受けられた方にお勧めです。

    ・胸部レントゲンや血液検査、身体検査など健診項目に重複する検査は行いません。
     (安静時心電図検査は実施します)

    ・冠動脈MR... 続きを見る

  • 料金:  86,400円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆心臓・血管を詳細に評価する当院の心臓フルドックです。

    ・冠動脈MRAより、鮮明な心臓冠動脈の立体画像を撮影します。心臓栄養血管である
     冠動脈の動脈硬化(冠動脈狭窄)を調べて、狭心症や心筋梗塞な... 続きを見る

  • 料金:  97,200円 (税込)

    • 女性スタッフ可
    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆心臓・脳ドック:心臓フルドックに頭部MRIを追加した人気のコースです。

    ・冠動脈MRAより、鮮明な心臓冠動脈の立体画像を撮影します。心臓栄養血管である
     冠動脈の動脈硬化(冠動脈狭窄)を調べて、狭心... 続きを見る

  • 料金:  120,960円 (税込)

    • 女性スタッフ可
    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代
    • 事前郵便物あり
    • オプションあり

    ◆人間ドック+心臓&脳ドックで全身を徹底チェック! 
      1日で実施する効率的なコース。当院のお勧めです。
     
    ・胃部レントゲン、腹部超音波など人間ドックの検査項目と心臓・脳ドックを同日
     に実施... 続きを見る

神田クリニック

住所
東京都千代田区内神田2-4-1 地図・アクセス
休診日
日・祝(お盆、年末年始は休業。土曜日は第1・第3・第5のみ実施)
施設について
健診専用エリアあり
責任者
馬渕 浩輔
1994年 日本医科大学医学部 卒業
2009年 神田クリニック 院長就任
最寄り駅
神田(東京都)駅(西口から、徒歩3分) / 神田(東京都)駅(1番出口から、徒歩5分) / 大手町(東京都)駅(A2出口から、徒歩5分)
アクセスについて
駅近(徒歩5分以内)
クレジットカード対応
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/DC
併用施設について
外来クリニック
周辺施設について
コンビニ/カフェ/ドラッグストア

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

東京都の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

閉じる