《予約可》済生会京都府病院 健診センターの人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

済生会京都府病院

  • 京都府長岡京市今里南平尾8 地図・アクセス
  • 最寄り駅:長岡天神駅(徒歩15分/バス5分) / 長岡京駅(バス12分)
  • 休診日:土・日・祝

京都府乙訓地域に根差し、地域の方々の健康をサポートしています。

済生会京都府病院は、深い歴史と豊かな自然に囲まれる京都府長岡京市今里南平尾にあります。1929年に開院し、1983年に現在の地に移転して以来、長年にわたり京都府乙訓地域に根差して医療を提供してまいりました。
医療を通して地域に貢献することを目指す当院では、健診センターを設けて予防医療に取り組んでいます。「思いやりの心」を持って受診者に接し、疾患の予防につながる「質の高い医療」を提供するため、「明るい職場」づくりに努めています。
健やかな暮らしを守るためには、定期的な健康チェックによる疾患の予防・早期発見が大切です。当院では、総合病院の強みを活かした充実のフォロー体制を整えております。健康づくりの第一歩として、ぜひ人間ドック・健診をご受診ください。

施設写真

  • インボディ(InBody)測定装置、身長体重測定装置です。
    インボディ(InBody)測定装置、身長体重測定装置です。
  • ご不明な点等ありましたらお気軽にご相談ください。
    ご不明な点等ありましたらお気軽にご相談ください。
  • MRI検査装置です。
    MRI検査装置です。
  • マンモグラフィ検査装置です。
    マンモグラフィ検査装置です。

診療時間

診療時間
08:30~12:00 × × ×

休診日:土・日・祝

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

  • ※予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。
  • ※次の時間帯は自動応答での折り返し受付となります。
    ・平日夕方18時から翌朝9時まで・土日祝日

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

済生会京都府病院 健診センターのこだわり

こだわり その1予防医療を通じて、皆さまの健康管理をお手伝いします。

予防医療を通じて、皆さまの健康管理をお手伝いします。

健康寿命を延伸するためには、「予防医療」が重要です。

高齢化の進行を背景に、生涯のうち健康に過ごせる期間を示す「健康寿命」について語られることも多くなりました。健康寿命を延伸して最期まで健やかに過ごすためには、重大な疾患になる前の「予防医療」が重要だと済生会京都府病院は考えています。
当院では病棟5Fの一角に健診センターを設け、人間ドックを中心とした各種健診を提供しています。末永く健康的な生活を送るためにも、当院の人間ドック・健診をお役立てください。

総合病院の強みを活かした検査を提供します。

当院の人間ドック・健診は、総合病院の健診センターという強みを活かした検査が特徴です。各分野に精通した医師・技師が検査を行っているほか、読影ダブルチェック体制を整え質の良い診断に努めています。
また、検査で異常が見つかった場合に、速やかに精密検査や治療へと移行できる点も当院の特徴のひとつです。検査から治療までしっかりとサポートできる体制を整え、皆さまの健康づくりをサポートしてまいります。

こだわり その23つのコースを用意。人間ドック学会の基準にそった人間ドックです。

3つのコースを用意。人間ドック学会に準拠した人間ドックです。

3つの検査コースと、多彩なオプション検査を用意しています。

済生会京都府病院では、「半日人間ドック」・「一泊人間ドック」・「脳ドック」の3コースを実施しています。また、幅広い年代の受診者が訪れる当院では、多様なニーズに対応するためオプション検査を充実させています。
採血でがんリスクをスクリーニングする「腫瘍マーカー」や、身体を構成する成分の過不足を評価する「インボディ(InBody)測定」など、手軽に受診できるオプション検査もございます。目的や気になる疾患に応じて、自身に合ったコース・オプションをお選びください。

人間ドック学会の基準にそった「半日人間ドック」「一泊人間ドック」。

「半日人間ドック」・「一泊人間ドック」は、がんや生活習慣病をはじめとした主な疾患のスクリーニングを目的としています。日本人間ドック学会の基準に対応する検査内容となっているため、過去にほかの医療機関で学会基準の人間ドックを受診している場合でも、その結果を参考に質の良い診断につなげることができます。 また、胃の検査を「胃バリウム検査」と「経口内視鏡検査(胃カメラ)」から選択できる点も特徴です。内視鏡検査では生検まで対応可能ですので、上部消化管疾患をより詳しく調べたいという方におすすめです。

こだわり その3受診者一人ひとりに合った検査の提供に努めています。

受診者一人ひとりに合った検査の提供に努めています。

「脳ドック」では頭部MRI・MRAと頸動脈超音波を実施しています。

「脳ドック」は、がんや心疾患と並んで「三大疾病」に数えられる脳血管疾患の発見を主な目的とした検査コースです。「頭部MRI検査」で頭蓋内を断層撮影し、「頭部MRA検査」で脳血管を立体的に抽出していきます。当院で使用しているMRI・MRAは大口径タイプですので、閉所恐怖症の方や体の大きな方でも圧迫感を抑えて受診することができます。
また、動脈硬化の進行度を測定する「頸動脈超音波検査」も実施しています。頭部MRI・MRA検査に加えて頸動脈超音波検査を行うことで、脳疾患のリスクを総合的に調べます。

女性向けのオプション検査も用意しています。

当院では、乳がんや子宮がんといった女性特有の疾患を調べるオプション検査も用意しています。乳がんの検査として「マンモグラフィ+視触診」や「乳腺超音波検査+視触診」を、子宮頸がんの検査として「子宮頸部細胞診+内診」を実施しています。
また、気軽に受診していただけるように女性目線の配慮も心がけています。検査着は胸部の生地が二重となっており、女性向けの検査では女性技師が検査を行っています。ご希望の場合には女性医師が対応可能な日をご案内することも可能ですので、予約時にご相談ください。

こだわり その4地域に根差し、皆さまの健康維持・増進に貢献いたします。

地域に根差し、皆さまの健康維持・増進に貢献いたします。

精密検査や治療への移行もしっかりとフォローいたします。

受診日から2~3週間ほどで、人間ドック・健診結果報告書と食事・生活習慣指導などを記載した書類が完成いたします。医師による結果説明は後日行っており、郵送での結果報告にも対応しています。
速やかに対処するべき疾患が見られた場合には、結果報告書の完成を待たずにご連絡して、精密検査や治療への移行をフォローしています。当院の診療科で引き続き対応することができるほか、ご希望に応じて医療機関へと紹介することも可能です。

徒歩・バス・マイカーのいずれでもアクセス可能な環境です。

当院は、豊かな自然と多くの名所・史跡で知られる長岡京市にあります。最寄り駅は阪急京都線「長岡天神駅」で、当院まではバスが運行しているほか、徒歩でもご来院いただける距離です。また、駐車場が隣接しているので、マイカーでのアクセスも可能です。
当院周辺には長岡天満宮や八条池、光明寺といった観光スポットが充実しているので、受診後は名所・史跡巡りをお楽しみいただけます。

インタビュー

地域に根差した医療サービスを提供して、地域住民から頼られることにより、健康維持や健康促進に貢献いたします

地域に根差した医療サービスを提供して、地域住民から頼られることにより、健康維持や健康促進に貢献いたします

Dr.インタビュー:中嶋 俊彰(なかしま としあき)名誉院長、健診センター長
超高齢社会になっておりますので、最後の最後まで健康に楽しく生きるためには予防医療が必要不可欠であると考えます。病気の症状が出てからでは、手遅れになってしまっている事が多く、手遅れでなくても治療の選択肢が狭まったり、身体に大きな負担がかかるような治療をしなければならない可能性が高くなります。そのため、健診は定期的に毎年必ず受けていただき、ごくわずかな変化を見いだすことがとても大切になります。

インタビューを見る
  • 先生が医師を目指されたきっかけについて、お話をお聞かせください。

    私は、幼稚園の頃から多くの人を救うことができる医師という仕事は世の中で1番格好(かっこ)いい仕事だと思っていて、その格好(かっこ)いい仕事に就くためには博士号を取得する必要があることも理解していました。目標である医師という仕事を目指して勉学に励み、医学部に進学し、医師になることができました。小さい頃に憧れた医師になることができ、初心を貫徹したということになります。

  • 医師として心がけていることがありましたら詳しく教えてください。

    いくら年齢や経験を積み重ねても、医学もそれと同時に進歩していきますので、常に新しい技術を習得するための努力を続けております。それから、対象になる受診者さんには常に優しく対応し、受診者さんに対して先入観は持たずに真実を見極める目を失わないようにしています。また、自分がよく分からない分野だからと言って受診者さんから逃げるのではなく、常に率先して向かい合うような態度をとり続けることを心がけています。

  • 済生会京都府病院 健診センターの強みについてお話をお聞かせください。

    健診の現場では、内科診察に十分な時間をとっております。健診に関係のない医療相談もたくさん受けております。それぞれの受診者に対して診察した医師が全ての健診結果報告書の記入を行っています。そして、保健師、看護師が内容を吟味して個々の受診者に合った的確な説明とアドバイスができるように心がけています。また、検査結果を受けてから早めの診療が必要な場合は、健診当日に診療科に受診していただくことも可能です。

  • 予防医療の重要性について、先生の考えを詳しく教えてください。

    超高齢社会になっていますので、最後の最後まで健康に過ごすためには予防医療が重要だと思います。病気の予防と早期発見・早期治療によって健康寿命を延ばして、長生きしたのちに安らかな自然死を迎えることが理想です。くよくよ心配しているよりも健診を受けて、健康への自信を手に入れることが大事です。また、病気になってから苦しんでお金を使うより、病気の予防と早期発見にお金を使う方がお得ではないですか?と皆さんに言いたいです。

  • 院内設備でこだわっているポイントについて詳しくお聞かせください。

    病院の一部で行っている健診であるため、決して大規模なものではありません。1日の受診者数もそんなに多くはありません。そのため、1人ひとりの方にじっくりと時間をとることができますし、小規模な健診の特性として、アットホームな雰囲気で明るく優しい対応をすることを心がけております。このような雰囲気作りを行うことで、来年も、またその次の年も当院に来たいと思っていただけるような健診機関であり続けたいと考えています。

  • 女性向けのオプション検査に関して、詳しく教えていただければと思います。

    女性向けのオプション検査として、当院では子宮がんや乳がん検診を受けていただくことが可能です。ご希望であれば、女性医師が対応することも可能なため、お気軽にご相談いただければと思います。乳がんの検査としては、マンモグラフィ、乳腺超音波検査と視触診を行い、子宮頸(けい)がんの検査としては、子宮頸部(けいぶ)細胞診と内診を行います。また、女性の意見を反映させ、検査着は胸の部分が二重生地のものを採用しております。

  • 働かれているスタッフに対して特に力を入れていることがありましたら教えてください。

    特に接遇に関しては、1番大切だと思っておりますので、健診センターのスタッフに対して、接遇研修を定期的に行っております。それ以外では、業務でデータの間違いや記入間違いなどのアクシデントをできるだけ少なくするような指導もしています。研修は、病院の各部門と共同で行って、各部門とのスムーズな連携も心がけています。

  • 済生会京都府病院 健診センターで掲げられている理念についてお話をお聞かせください。

    受診者さんへの対応はあくまでも思いやりの心をもって行うことが必要であると思います。そののちに、より新しい知識に立脚した役に立つしっかりとした医療を提供することが大事です。思いやりの心をもって職員に受診者さんと接してもらうためには、職員の中の気持ちの統一、そして明るい職場づくりを行う必要があります。これらのことを病院内で徹底することで、地域に対するサービスもしっかり行えるのではないかと思っています。

  • 予防医療の重要性に関して、先生の考えを詳しく教えてください。

    症状が出てからでは遅いので毎年定期的に健診を受けていただくことが大事です。その中でわずかな変化を見いだして、それに対してさらに精査をすることが必要です。実際に経年的に受診者を診ていると、わずかな変化が起こってくるのでそれを直ちに見つけて、病院の診療科と協力をして精査をします。何かの記念でたまたま受けた健診で早期がんが見つかった方もおられますが、一度ではなく毎年受けることが大切だと皆さんに伝えたいです。

  • 予防医療の重要性を伝えるために行われている取り組みなどがありましたら教えてください。

    病院を主体にして地域に対していろいろな広報をおこなっています。その中には、開業医さんに向けての医療連携便りを発行して逐一、病院の中のシステムを紹介したりするなど、ほかの医療機関との連携を深めております。また、健診センターも参加する市民公開講座を定期的に行うことによって、より多くの地域の皆さまに検診の重要性、大切さを説明しています。

  • 今後、済生会京都府病院 健診センターをどのような医療機関にしていきたいとお考えですか?

    健診センターのあり方として、これまでは、病気を早く見つけて早期治療につなげることが大事な仕事だったわけですが、現在ではそれでは間に合わず、病気が発症するまでの予防対策が非常に大切であります。そこにしっかりと力をいれて受診者さんや住人の方に予防の重要性をPRしていきたいと思っています。そして、一つの病気だけではなく身体全体を診ることでより良いアドバイスができるようなセンターを作り上げていきたいと思っております。

医師・スタッフ

名誉院長 兼 健診センター長:中嶋 俊彰先生

名誉院長 兼 健診センター長の中嶋俊彰です。
地域の皆様の健康寿命・QOLの向上に微力ながらお手伝い出来ればと思っております。

略歴・資格
1974年 京都府立医科大学卒業
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

京都府の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

閉じる