《予約可》新宿内視鏡クリニックの人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

新宿内視鏡クリニック

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

新宿内視鏡クリニック

負担の少ない内視鏡検査で、大腸がん・胃がんの早期発見を目指します

新宿内視鏡クリニックは、多くのオフィスが立ち並ぶ東京都新宿区西新宿にある施設です。院名からもわかる通り、当院は胃や大腸の内視鏡検査に力を入れ、疾患の早期発見・健康増進をサポートしています。 「気軽に内視鏡検査を受けていただきたい」という想いから、当院では負担軽減につながる「内視鏡的洗浄液注入法」や「水浸法」といった手法を取り入れています。さらに、「NBI内視鏡システム」などの技術を率先して導入し、分野に精通した医師が検査を実施しています。 当院は、「西新宿5丁目駅」から徒歩2分と至便なアクセス環境にあり、平日だけでなく土曜日の検査にも対応しています。どなたでも気軽に内視鏡検査を受けていただけるよう、これからもスタッフ一同研鑽を積んでまいります。

施設写真

  • 新宿内視鏡クリニックの受付
    ご来院されたら受付へお越しください。
  • 新宿内視鏡クリニックの待合室
    明るく清潔感のある院内です。
  • 新宿内視鏡クリニックの内視鏡
    当院の内視鏡検査室です。
  • 新宿内視鏡クリニックのリカバリールーム
    リカバリールームもございます。

診療時間

診療時間
09:00~12:30 × ×
15:00~18:00 × × ×

休診日:日・祝

・夏季休診

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

新宿内視鏡クリニックのこだわり

こだわり その1内視鏡検査を気軽に受診していただける施設を目指しています

新宿内視鏡クリニックのこだわり

大腸がんや胃がんの早期発見・早期治療に取り組んでいます

当院は、大腸や胃の内視鏡検査に力を入れ、大腸がん・胃がんの早期発見に取り組んでいます。日本人の死因第一位であるがんのなかでも、大腸や胃のがんは男女ともに死亡率の高い部位です。
これらのがんは自覚症状が現れにくく、気が付いたときにはすでに症状が進行しているケースが少なくありません。そのため、定期的な検査で早期に発見することが重要なのです。また、がんが進行してから外科手術を受けるよりも、早期に発見して切除することで負担を抑えることができます。
早い段階で発見して治療を受けるためにも、ぜひ当院の内視鏡検査をお役立てください。

「苦しい」「大変」といったイメージの払拭に努めています

内視鏡検査に対して「苦しい」「大変」などのマイナスイメージを抱いている方は少なくありません。たとえば、大腸がんによる死亡者は年々増加している一方で、一生のうちに大腸内視鏡検査を受ける人は4人に1人だとされています。
当院では、「内視鏡検査は気軽に受診できる」と感じてもらえるよう、さまざまな工夫を凝らして、負担の少ない内視鏡検査の提供に取り組んでいます。過去に内視鏡検査で苦しい思いをされた方でも、お気軽にご相談ください。

こだわり その2内視鏡検査の負担を軽減するため、随所に工夫を凝らしています

新宿内視鏡クリニックのこだわり

下剤を飲まない「内視鏡的洗浄液注入法」を取り入れています

大腸内視鏡検査における負担のひとつに「下剤」があります。一般的に、大腸内視鏡検査を受診する際には2リットルほどの下剤を飲み、腸内を洗浄する必要があります。
当院ではこの負担を軽減するため、胃と大腸の内視鏡検査を同日に行い、「内視鏡的洗浄液注入法」を実施しています。この方法は、胃カメラの際に鎮静剤を使用し、寝ている間に下剤を腸に直接注入する方法です。
大量の下剤を飲むことなく大腸カメラの前処置を行うことができるので、受診者の負担軽減につなげることができます。

「水浸法」による、苦痛の少ない大腸内視鏡検査を実施しています

大腸カメラの挿入時にも、負担を軽減する工夫を施しています。従来の大腸内視鏡検査では、腸内に空気を注入して大腸カメラを挿入するのが一般的です。
当院では「水浸法」を採用しており、空気の代わりに少量の水を注入しながら大腸カメラを少しずつ挿入していきます。こうすることで挿入時の摩擦による痛みを軽減できるだけでなく、検査後のお腹の張りも感じにくくなります。
水浸法と内視鏡的洗浄液注入法を取り入れ、より負担の少ない内視鏡検査の提供を目指しています。

こだわり その3NBI内視鏡を使用した検査を提供します

新宿内視鏡クリニックのこだわり

内視鏡検査を軸に、複数の検査コースを提供しています

当院では胃・大腸内視鏡検査を軸とした複数の検査コースを提供しています。
また、当院では、受診日中に分かる検査結果について、当日結果説明を実施しています。何か異常が見つかった場合でも、症状によってはそのまま当院で対応しているほか、疾患に合わせて専門性の高い医療機関をご紹介することも可能です。

NBI観察・拡大内視鏡検査で、疾患の有無を詳しく確認します

内視鏡検査の精度をより高めるために、当院ではNBI内視鏡システムを導入しています。NBI内視鏡システムとは、2つの短い波長の光線を当てることで、より鮮明に粘膜や毛細血管の状態を確認することができる技術です。
さらに当院では、NBI内視鏡で得た画像をより詳細に確認することができる拡大内視鏡スコープを使用しています。これらの技術を取り入れ、わずかな異変も見逃さないよう細心の注意を払いながら検査を実施しています。

こだわり その4アクセスしやすく、気軽に受診できる環境を整えています

新宿内視鏡クリニックのこだわり

「西新宿5丁目駅」から徒歩2分。土曜日も検査を実施しています

当院は、都営大江戸線「西新宿5丁目駅」から徒歩2分とアクセスしやすい立地にあります。また、京王新線「初台駅」や丸の内線「西新宿駅」からも徒歩圏内です。「新宿駅」への移動もスムーズな環境ですので、通勤やお出かけの前にもお気軽にご利用いただけます。
また、より多くの方が受診できるよう、当院では土曜日も検査を実施しています。平日はお仕事や家事、育児などで時間を確保するのが難しいという方でも、無理なく受診できる体制です。

男女問わず快適に受診できる院内環境を整えています

アクセスしやすい立地に加え、どなたでも快適にお過ごしいただけるような院内環境を整えています。院内は落ち着いた雰囲気で広々としたスペースとなっており、内視鏡検査後にゆっくりと休むことができるリカバリールームも用意しています。
また、女性向けの配慮も大切にしており、ご希望の場合には女性医師が内視鏡検査を担当することが可能です。また、院内にある4つのトイレのうち1つは女性専用となっており、気兼ねなくご利用いただけます。

インタビュー

受診者にとってより良いメリットが何であるかを考え、早期発見・早期治療のために当日の内視鏡検査も率先して受け入れています

受診者にとってより良いメリットが何であるかを考え、早期発見・早期治療のために当日の内視鏡検査も率先して受け入れています

【Dr.インタビュー】院長:谷口 将太郎 先生
「水浸法」という空気の代わりに水を使用する検査方法を採用することで、痛みやリスクが少ない内視鏡検査を行っております。また、病気の早期発見・早期治療のために内視鏡検査の当日の受け入れも率先して行っております。さらに、ほぼ全例で病変の詳しい性状などを判断可能なNBI観察拡大内視鏡を使用することで、検査当日に病変が見つかった場合でも、その後、何度も検査を受ける必要がなくなるため、身体への負担も軽減できます。

インタビューを見る
  • 受診者と接するうえで心がけていることについて教えてください。

    当院は、内視鏡検査を行うクリニックになりますが、内視鏡検査を受けるということに対して抵抗のある受診者も大変多くいらっしゃいます。そのため、時間をできる限り短縮したり、身体的な苦痛を軽減できる方法をご提示したりと、さまざまな手段を講じて、受診者の皆さんが感じる多種多様な苦痛を取り除く努力をしております。そうすることで、受診者の皆さんの検査に対する抵抗感がなくなり、検査を受けやすくなればと考えております。

  • 「水浸法」とは、どのような内視鏡検査の方法になりますか?詳しく教えてください。

    大腸内視鏡検査は、基本的に大腸の最奥部まで内視鏡を進めてから大腸の中を全て観察していくという検査になります。これまでは、腸内の視野を確保するために空気を入れることで大腸を広げながら観察をしておりました。しかし、水浸法は空気の代わりに水を使用し、大腸の中を広げて視野をとるという方法になり、水を使用することで内視鏡を押さずに済むことが多く、その分痛みが少ないというメリットがあります。

  • 内視鏡検査での強みやアピール点についてお話をお聞かせください。

    当院の強みは、身体への痛みができるだけ少ない検査が可能であることだと思っており、痛みを軽減するために、水浸法と鎮静剤を使用し、眠った状態で検査する方法を採用しています。この二つの方法により、ほぼ痛みを感じることなく検査を受けていただくことが可能です。鎮静剤も検査が始まったらすぐに効いて、終わったらすぐに目が覚めて普段と同じように話ができ、歩いて帰れるという短時間効く鎮静剤を使用しております。

  • 高齢の方への大腸内視鏡検査の配慮について詳しく教えてください。

    大腸検査を受けていただく際には、大量の下剤を飲んで大腸の中を空にした状態で検査を行わなくてはいけません。しかし、高齢の方だと2Lほどある下剤を全て飲むことができなかったり、飲んでいるうちに吐いてしまったりして下剤を飲むことができず検査を受けられないと言う方もたくさんいらっしゃいました。そのため、当院では胃カメラと大腸カメラを同日に行い、胃カメラを使用し下剤を胃の中に流すという方法も行う事が可能です。

  • 普段仕事などで忙しい方が内視鏡検査を受けやすい環境作りなどはされていらっしゃいますか?

    大きな病院に行った場合などは、検査の予約が1、2カ月待ちというのをたびたび話に聞きますが、当院では、たまたま時間ができたという方でも検査が受けられるように、予約なしでも内視鏡検査を受けられる体制を作っています。そして、検査結果を後日聞きに行くということや、その後の治療のために何度も通院する必要がないように、可能な限り検査結果の説明や治療などは検査当日に行うようにしております。

  • 当日に、予約なしで内視鏡検査を受けに来られる方は多いですか?

    割と多いです。たとえば、ほかの医療施設で断られた方や、胃がん・大腸がん検診で引っ掛かり精密検査で胃カメラ、大腸カメラを受けないといけないけど2カ月後にしか予約が取れなかったという方が多く来院されます。万が一、2カ月後に検査を行い、それががんだと判明した場合でもすでにそのときには進行しているというリスクもありますので、受診者に早期の検査を受けてほしいとの考えから、当日の検査も率先して受け入れています。

  • 予防医療の重要性について、先生のお考えを詳しくお聞かせください。

    たとえば、大腸がんで言いますと大腸内視鏡を受けている日本人は4人に1人ぐらいと言われており、4人に3人は生涯大腸検査を受けていないという状況です。しかし、大腸がんで亡くなる方はどんどん増えているため、検査を受けようと思っていない4分の3の方を何とかしないといけないと思っています。そのためには、検査を身近なものにする、検査に対する抵抗をどれだけおとせるかどうかというのが私たちの役割だと思っています。

  • 検査を身近なものにすること、検査への抵抗をできるだけなくすことを実現するためにはどのようなことが必要ですか?

    内視鏡検査は痛みが少なく時間もかからずにすぐにできる、ちょっと胃が気になったらすぐに検査を受けに行こうと思えるようなイメージを作ってあげることが大事だと思います。それには、初めて受ける胃カメラ・大腸カメラの検査の経験は非常に重要であり、そのときにどれだけラクに検査を受けることができるかが、それからの定期検査に影響を与えるため、受診者の寿命を左右することが大きいと思います。

  • 導入されているNBI観察拡大内視鏡について、詳しくお話をお聞かせください。

    当院では、オリンパス製のNBI(狭帯域光観察)という短波長の光を病変や胃の粘膜に当てることで、粘膜の構造や細かい血管などを詳しく観察し、良性の炎症なのか、がんなのかの区別や、がんだったとしたらどこまで広がっているがんなのか、たとえば大腸の壁などではどのぐらい下にもぐっているがんなのかという判断をすることのできる機器を使用しています。この機器により、病変の詳しい性状などを検査当日に判断可能となりました。

  • 今後、新宿内視鏡クリニックをどのような医療施設にしていきたいとお考えですか?

    さっき言ったお話の続きになりますが、結局日本人みんなの内視鏡検査に対するイメージを変えるためには、基本的にはできるだけ痛みのない検査を提供することと、検査を受けてもらう数を増やすしかありません。検査へのマイナスイメージを変えたいと思っても1日1、2件検査を行っても全く変わらないため、イメージ自体を変えていくために検査を受けていただく件数を増やすことが社会貢献だと思っています。

医師・スタッフ

新宿内視鏡クリニックの院長

院長:谷口 将太郎 先生

内視鏡検査がもっと身近な検査となるよう、負担の少ない内視鏡検査の提供を心がけています。
内視鏡検査に抵抗があって一度も受けたことがない方も、どうぞ新宿内視クリニックで検査を受けてみて下さい。

【略歴】
2003年 日本大学卒業医学部 卒業
2016年 新宿内視鏡クリニック院長 就任
【資格】
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医

新宿内視鏡クリニックの検査コース

  • 料金:  165,000円 (税込)

    • 女性医師可
    • 男女共通
    • 土曜可

    ◆当院のスタンダードな人間ドック(身体測定、血液検査、腫瘍マーカー、抗体検査、胸部X線検査、腹部エコー検査)に胃カメラ検査、大腸カメラ検査、頸動脈エコー検査、胸部エコーを組み合わせたコースです。
    ◆... 続きを見る

  • 料金:  77,000円 (税込)

    • 男女共通
    • 土曜可

    ※2019年10月1日からご受診いただけるコースです。
    ◆当院の基本検査のコースとなる身体測定、血液検査、胸部X線検査、尿検査に加えて超音波(エコー)検査を実施します。
    ◆生活習慣病が気になる方や基本的なカ... 続きを見る

  • 料金:  38,500円 (税込)

    • 男女共通
    • 土曜可

    ※2019年10月1日からご受診いただけるコースです。
    ◆胃内視鏡検査に血液検査を組み合わせたコースです。
    ◆胃ポリープ、 慢性胃炎、 胃がんなどの疾患の早期発見を目指します。
    ◆胃内視鏡の検査は、鎮静剤を使... 続きを見る

  • 料金:  88,000円 (税込)

    • 男女共通
    • 土曜可

    ※2019年10月1日からご受診いただけるコースです。
    ◆胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査に血液検査を組み合わせたコースです。
    ◆胃ポリープ、 慢性胃炎、 胃がん、大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎などの疾患の早期... 続きを見る

  • 料金:  49,500円 (税込)

    • 男女共通
    • 土曜可

    ※2019年10月1日からご受診いただけるコースです。
    ◆大腸内視鏡検査に血液検査を組み合わせたコースです。
    ◆大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎などの疾患の早期発見を目指します。
    ◆当クリニックでは内視鏡カメ... 続きを見る

新宿内視鏡クリニック

住所
東京都新宿区西新宿4-2-18 三共西新宿ビル2F 地図・アクセス
休診日
日・祝
責任者
院長:谷口 将太郎
【略歴】
2003年 日本大学卒業医学部 卒業
2016年 新宿内視鏡クリニック院長 就任
最寄り駅
西新宿五丁目駅(A1出口より徒歩5分) / 初台駅(徒歩10分) / 西新宿駅(徒歩10分)

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

東京都の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

閉じる