人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

京都医療センターインタビュー

受診者の希望や症状に合わせて、できるだけ負担の少ない内視鏡検査を行い、結果についても丁寧に詳しくお話させていただきます

【 Dr.インタビュー】健診センター長:田上 哲也 先生
当健診センターは小規模で一日の受診者数には限りがありますが、その分、丁寧で行き届いた検査、診察が受けられます。 健診によって病気の早期診断から早期治療を行う事はもちろんですがわずかな変化を見いだして将来の病気の予防や対策につなげることが可能となりますし、まったく問題がなかった場合にはその1年間は落ち着いて日常生活を過ごすことができますので年に一度はぜひ健診を受けてください。

  • 受診者の方と接する上で特に気を付けていることについて教えてください。

    いつも気を付けている点は、検査結果の説明などをできるだけ丁寧に行うということです。受診者の皆さんに説明を行うときは、検査時に撮影した実際の画像を確認しながらの説明や、検査を行っているときも動画を見ていただきながら説明を行っています。そして、専門用語などは使用せず、できるだけ分かりやすい言葉でお話をさせていただくことで、受診者ご自身の身体の状態に関して理解を深めていただいています。

  • 内視鏡検査を行うときの配慮についてお話をお聞かせください。

    当院は、経鼻内視鏡と経口内視鏡の両方を導入しておりますので、受診者の皆さんにご希望の内視鏡を選択していただいてから、検査を行うようにしています。これまで、経口内視鏡での検査がつらかったなどの経験がある方も、経鼻内視鏡での検査が可能ですので、お気軽にご相談いただければと思います。やはり経口内視鏡と経鼻内視鏡とでは、経鼻内視鏡を選ばれた場合の方がラクに検査を受けていただけている印象があります。

  • 先生のおすすめは、経鼻内視鏡と経口内視鏡のどちらなのでしょうか?

    嘔吐(おうと)反射が強い方や、これまで経口内視鏡検査がつらかったとおっしゃる方には、経鼻内視鏡をおすすめします。しかし、胃がんの原因となるピロリ菌に以前に感染していた方や、今現在感染しておられる方については、できればより精度の高い経口内視鏡での検査をおすすめします。ご相談いただければ、受診者の皆さんそれぞれの状況に合わせて、より身体に合った検査方法をご提案させていただきます。

  • 経口内視鏡と経鼻内視鏡とを選べますが、経口内視鏡で検査を行うことのメリットを教えてください。

    経口内視鏡の方が、まず画質が良いという点が挙げられます。そのため、小さな病変もより鮮明に映し出すことが可能です。そして次に、内視鏡検査では送気や唾液などのお水の吸引を行うのですが、経口内視鏡は管が太いため時間がかからず、検査時間自体が経鼻内視鏡検査よりも短く済むことが挙げられます。経口内視鏡も経鼻内視鏡もそれぞれのメリット、デメリットがあるためご自身に合った検査方法をお選びいただければと思います。

  • ピロリ菌が発見された場合は、どのような対応をされていらっしゃいますか?

    ピロリ菌が発見された場合は、どのような対応をされていらっしゃいますか? 内視鏡検査で、ピロリ菌に現在感染しているかどうか、また過去に感染していたかどうかというのはなるべく診断するようにしています。また、内視鏡で診断すると共に、当院では、胃がんリスク層別化検査、いわゆるABC検診を行うことでピロリ菌の感染診断を行っております。そして、検査の結果、陽性の方については率先して紹介をさせていただいて、ピロリ菌の除去を行っております。

  • ライフスタイルの変化により生活習慣病が増えている現状で、人間ドックや健診がどのような役割や意義を果たしていますか?

    たとえば、糖尿病や高血圧、脂質異常症、肥満などの生活習慣病は、「死の四重奏」と言われ、生命に関わる大きな病気の原因となります。これらを未然に防ぐことが非常に重要ですが、そのためにはまずは人間ドックを受けていただきご自身の状態を把握して頂くことが重要です。検査結果を踏まえて生活習慣の見直しを行い、改善につなげられるように、結果説明および必要なアドバイスを丁寧にさせていただきます。

  • 検査の結果、生活習慣の見直しなどの必要があった場合、具体的にどのような対応をされていらっしゃいますか?

    当院では、生活習慣病に関連する検査(血液のサラサラ度検査や、動脈硬化の検査など)をオプションで追加していただくことも可能であり、生活習慣病リスクの高い方にはおすすめです。また、総合的な検査結果を踏まえてさらに専門的な検査・治療が望ましいと判断した場合には、当院の各分野に知見を持った医師と連携をして丁寧にフォローさせていただきます。

  • 人間ドックや健診を早めに受けるメリットについて、先生のお考えをお聞かせください。

    われわれは1人でも多くの人の病気を未然に防ぐことが重要だと考えております。現在、日本人の死因としては、がん、心疾患、脳血管疾患などが多くを占めています。人間ドックや健診を早めに受診、すなわち年に1回必ず受けていただくことで、これらの重篤な病気が進行することなく、早期発見・早期治療につなげられると考えます。

  • 普段の診療で特に心がけていることがありましたら、詳しく教えてください。

    病気を防ぐために、生活習慣(食事や運動状況など)をどのように改善すれば良いか受診者様と一緒に考え、実現可能と思われる具体的な目標を一緒に立てています。また、必要に応じてそれぞれの受診者に合わせて、どのような食事の取り方、食事のパターンが良いか、などの具体的なアドバイスを行っており、「イメージができた」「それなら取り入れられそう」と好評をいただいております。

  • 禁煙をしたいけど、なかなかうまくできないと相談される受診者の方は多いですか?

    禁煙に興味がある方や、相談して下さる方は増えてきている印象です。そういった方々に、まずは禁煙成功率が高く、かつラクに取り組むことができる「禁煙に特化した診療科」の受診を勧めさせていただき、そのまま一般診療でフォローアップさせていただきます。また、まずは自力で禁煙にチャレンジしたいという方には、禁煙のコツを具体的にお伝えしています。

  • 喫煙のリスクについて、詳しく教えてください。

    世界保健機関(WHO)も警告しているように、喫煙は「病気の最大の原因」です。喫煙はがんや心血管疾患、肺が壊れるCOPDなどといった重大な病気につながります。たとえば、1日に20本タバコを吸う方であれば毎日約2時間も寿命が縮んでいくと言われているくらい大きなインパクトがあるのです。一方で、禁煙をすると病気のリスクが減るだけでなく、お金も貯まり喫煙可能な場所を探す手間も省け、家族など周囲の方々も喜んでくれて、良いことばかり。一人でも多くの方が、少しでも早く禁煙に成功できるように、こちらも全力で取り組ませていただきます。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する