人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

井野病院インタビュー

64列のマルチスライスCTや1.5テスラのMRIなどの新しい医療機器を導入し、できるだけ受診者の身体に負担をかけない検査を行います。

【Dr.インタビュー】院長:井野 隆弘 先生
検査時に受診者さまの身体への負担をできるだけ軽減できるようにマルチスライスCT、MRIや経鼻内視鏡などの被ばくの影響がなく、できるだけラクに検査を受けられる身体にやさしい医療機器を中心に導入しております。そして、健診により病変を早期に発見し、早期に治療を始めることで、受診者さまの普段の生活や、お仕事をできる限り守りたいと考えておりますし、そのような医療提供が行えるように日々の健診業務に努めております。

  • 井野病院で掲げられている理念について詳しくお話をお聞かせください。

    病院全体の理念になりますが、「受診者さまにとって心地よい医療・福祉を提供する」ということを掲げております。より良い医療設備、医療技術、心のケアが三位一体となって初めて本当の医療を行えると考えております。その考えに基づいて、職員は心を1つにして、受診者の権利と尊厳を守りながら、品質の良い医療を提供するために日々努力をしています。そして、今後も日々進化する医療と多様なニーズに応えられる病院を目指していきます。

  • 院内設備で特にこだわったポイントなどがありましたら教えてください。

    画像検査に関して、Computed Tomography(CT)、MRI、それから消化管内視鏡上下、気管支鏡などの検査、それから水胆管系の検査であるERCPなど、多種多様な検査を行えるように当院では率先して設備の導入を進めております。それから、乳がん検診に関しては、マンモグラフィを備えております。このほか、循環器系のいわゆる脈波やエコーに関しては、けい動脈エコーなどといったような動脈硬化に関連する項目をいつでも検査することが可能となっています。

  • CTとMRIのそれぞれの特徴について、お話を詳しくお聞かせください。

    当院のCTは64列のマルチスライスCTを使用しておりますので、これまで以上に短い時間で撮影を行うことが可能です。このCTは頭部や胸部、腹部を診断するのにとても適しているということもあり、これらの部位による病変の早期発見に向けたツールとして活用しております。それから、MRIは1.5テスラのものを導入しているのですが、このMRIは腹部全部に対応できるものになっており、特に整形や脳外科分野の診断に大きく役立っております。

  • 予防医療の重要性について、先生のお考えを詳しくお聞かせください。

    予防医療の中でも特に大切なのは一次予防だと思っています。やはり、まずは病気にならないということが大事ですので、そのためにも食事、運動、それから喫煙といった生活習慣を徹底して改善させていく必要があります。もちろん、一次予防に努めても病気になってしまうことはありますので、二次予防として、早期発見につながる検査を定期的に受けることが重要です。当院でも、健診業務には特に力を入れて、受動勧奨を進めています。

  • 上下消化管の検査について、特に気を付けていることやこだわりなどがありましたら教えてください。

    上部消化管の検査をできるだけ気持ち的に、そして身体的にも楽に受けていただきたいと考え、鼻から挿入できる経鼻内視鏡を導入しております。大腸内視鏡については、検査時にポリープなどの異常が発見された場合、その場で処置をするということが多々あります。その場で処置をすることによって、その後何度も検査を受けていただく必要がなくなるため、受診者の身体への負担軽減はもちろんのこと時間や費用負担の軽減にもなります。

  • 健診業務にかける先生の思いについて、詳しくお話しください。

    がんなどや生活習慣病に関しては、早期に病変や異常を発見し、早期に治療を開始するということが非常に大切となってきます。当院でもこのような考え方に基づき、受診者の皆さんの日常生活やお仕事に支障をきたさず、人生を元気に健康に過ごしていただけるような医療を提供できるよう努めております。ぜひ、皆さんにも定期的に健康診断などを受けていただき、1年に1回は身体のメンテナンスをしていただければと思います。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧