人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

東大和病院附属セントラルクリニック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駐車場あり
  • カードOK
  • 健診専用エリア

人間ドックにCTやMRI/MRAを使ったオプション検査を加えて、よりくわしい情報を

当院(社会医療法人財団大和会 東大和病院附属セントラルクリニック)は、東京都東大和市南街にあります。電車ですと西武拝島線東大和市駅で下車し徒歩12分の場所にあり、車ですと新青梅街道より「奈良橋庚申塚」交差点を曲がり、青梅街道を南に下り「東大和中央」交差点を過ぎておよそ1~2分の場所にあります。
当院では、人間ドックコース、脳ドックコース、肺がんドックコース、簡易ドックのコースをご用意しております。各コースで、健康増進や生活習慣病の早期発見を目的に胃内視鏡検査を基準となる検査項目に含めているのが特徴です。
さらに、CTやMRI・MRAを使ったオプション検査も用意しておりますので、基本的な健診項目だけでなく、腹部・胸部・脳といった部位について、より詳しい検査をご希望の方にも対応可能です。
当院は地域の医療機関や提携医療機関と協力することはもちろん、専門の診療と健診センターの拡充で、みなさまの健康増進・維持・管理を目指します。

東大和病院附属セントラルクリニックのこだわり

こだわり1

くわしい検査結果のために3.0TのMRIやマルチスライスCTを導入しています

くわしい検査結果のために3.0TのMRIやマルチスライスCTを導入しています
くわしい検査結果のために3.0TのMRIやマルチスライスCTを導入しています

3.0TのMRIで、より詳細な診断結果の提供を目指します

脳MRIは、脳ドックで使用する装置です。この装置を使って頭部の断面を画像として映し出すことで、脳腫瘍や脳梗塞など、いわゆる脳血管疾患を見つける可能性を開きます。
当院では、磁力強度3.0T(テスラ)のMRIを導入しています。3.0TのMRIは1.5TのMRIよりも画像情報が多いです。また、当院の3.0TのMRI装置は奥行が173cmとなっており、狭い場所が苦手な受診者の負担軽減を目指しています。

心臓にマルチスライスCT、肺がんドックにヘリカルCTを導入しています

当院では、「320列マルチスライスCT」を導入しています。この検査機器を用いて「心臓ドック」では、心臓を1回転0.275秒で撮影しています。
また、「肺がんドック」では、らせん状に動いて連続撮影を行う「ヘリカルCT」を用いて検査を行っております。

こだわり2

地域とのつながりを大切に、受診者に無料シャトルバスなどの利便性も提供しています

地域とのつながりを大切に、受診者に無料シャトルバスなどの利便性も提供しています
地域とのつながりを大切に、受診者に無料シャトルバスなどの利便性も提供しています

健康維持および管理のため、快適に受診できる健診センターを目指します

当院の理念は、院長神楽岡治彦の「周辺医療機関を中心とした地域とのつながりを大切に、みなさまの健康のお役にたてるクリニックを目指してまいります」という言葉に表われています。
それを実現するため、人間ドックや健康診断を快適に受診できる施設を目指し、検査内容の充実した健診センターを目標に運営しております。
また、救急医療や精度の高い医療を提供する東大和病院と連携し、幅広い診療を行うことで、受診者の健康維持・管理の役に立てるよう努めております。

当院、東大和病院、武蔵村山病院を結ぶ無料のシャトルバスが利用できます

最寄り駅は西武拝島線「東大和市駅」です。ただし、そこから徒歩で12分と距離があるため、都営バス「青梅車庫」行きまたは西武バス「イオンモール」行き、同じく西武バス「東村山駅西口」行きが便利です。
また、当院および東大和病院、武蔵村山病院の受診者が無料で利用できる大和会シャトルバスを運行しております。コースは西武拝島線「玉川上水駅」経由と青梅街道方面「団地北」経由で、所要時間およそ20分で病院間を結んでいます。

こだわり3

人間ドックでもし異常がみつかったら、東大和病院でアフターフォロー

人間ドックでもし異常がみつかったら、東大和病院でアフターフォロー
人間ドックでもし異常がみつかったら、東大和病院でアフターフォロー

地域や系列の医療機関と連携して、安全で質の高い医療を提供します

当院は東大和病院附属のクリニックです。
人間ドックを受診した結果、異常が発見された場合は、すぐに次の段階の検査を行うことが可能です。また、東大和病院は急性期病院としての役割を持ち、地域の各医院の医師と連携して受診者のみなさまに対して、質の高い医療の提供を目指しています。
当院も地域の医療機関としての役割を担い、ほかの機関と連携することにより地域完結型医療を目指しています。受診者の紹介を受け入れるのはもちろん、逆紹介も行います。
受け入れ後はご依頼もとの医療機関へ受診報告業務を行うなど、地域の医療機関に対しても「顔の見える連携」をモットーにしています。

こだわり4

待ち時間や各検査にかかる時間・体力負担の軽減に配慮したフロア構成

待ち時間や各検査にかかる時間・体力負担の軽減に配慮したフロア構成
待ち時間や各検査にかかる時間・体力負担の軽減に配慮したフロア構成

広く開放的な待合室と、少ない移動で検査を受けられる検査フロア

当院の待合室にはテレビが設置され、開放的なつくりを目指しました。待っている間もさほど時間を持て余すことなく受診者がすごせるようにとの配慮です。
また、さまざまな検査を受診するにあたって、各検査室が隣接する構造とし、医内の移動をなるべく軽減するように配慮しました。
そのため、全体的に時間の短縮になるだけでなく、体力的な負担の軽減にも配慮しております。
3つにわかれたフロアは、玄関を入るとすぐに総合受付や会計があり、ほかに診療受付・診療室・処置室・採血室などがあります。地下1階がX線やCT・MRIなどの画像診断検査フロア、2階が健診センターや婦人科診療室、内視鏡室などのあるフロアとなっています。

東大和病院附属セントラルクリニックの基本情報

住所・最寄駅
東京都東大和市南街2-3-1

西武拝島線東大和市駅(徒歩12分)
休診日
日・祝 (年末年始)
支払方法
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/イオンカード
現金
駐車場
駐車場あり
責任者
神楽岡 治彦 【略歴】
1983年3月 鳥取大学医学部 卒業
2016年10月 東大和病院附属セントラルクリニック 院長就任

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する