人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駅近
  • カードOK

PET-CTを中心とした画像検診を実施し、がんの早期発見・早期治療につなげる

仙台画像検診クリニックは、PET-CTを中心とした画像検診を実施するクリニックです。予防医学は、病気が発症しないために前もってさまざまな検査、指導を行うというものです。当院では病気を発症する前の予防医学に力を入れるとともに、「病気になったとしても少ない治療で復帰できる」ということを目指しています。
病気を繰り返しながら生きる私たちは、いつか必ず病気になる時が来ます。しかし現在では、早期発見・早期治療によってがんをはじめとした重大な疾患であっても治るケースが増えてきています。当院は、肺がんや胃がん、大腸がんといった罹患数の多いがんだけでなく、ほぼ全身のがんを早期に発見するために、PET-CT検査をはじめとした画像検診に力を入れています。
東北地方最大の都市である宮城県仙台市という立地条件もあり、当院には県内・県外問わず多くの方々がいらっしゃいます。健やかな暮らしを守るため、そしてがんになったとしても復帰できるよう、ぜひ当院のがん検診をお役立てください。

仙台画像検診クリニックのこだわり

こだわり1

PET-CT検査を軸に、さまざまな検査コースを提供

PET-CT検査を軸に、さまざまな検査コースを提供
PET-CT検査を軸に、さまざまな検査コースを提供

ほぼ全身のがんを一度に調べることができるPET-CT検査

仙台画像検診クリニックは、「PET-CT検査」を軸としたさまざまな検査コースをご用意しています。PET-CT検査とは、がん細胞が糖を集積する性質を利用してがん細胞の位置を特定する「PET検査」と、体内の断層撮影を行うことができる「CT検査」を組み合わせたものです。ブドウ糖を注射して1時間ほどしてから撮影を行うことで、糖の代謝が活発ながんを中心とする組織が光って見えるため、ほぼ全身のがんを一度に調べることができます。
当院では、40歳を目安に全身を対象としたがん検診を推奨しており、PET-CT検査についても40歳以降の方におすすめしています。

人間ドックやMRI検査、腫瘍マーカーとの組み合わせも

当院では、PET-CT検査との組み合わせとして、「人間ドック」や「MRI検査」、「腫瘍マーカー」なども実施しています。PET-CT検査にこれらの検査を組み合わせることで、がんをはじめとした各種疾患をより多角的に調べることができます。
たとえばMRI検査は、磁場の中に体を入れ、そこにRFという電磁波をかけ、そこから出てくるエネルギーを分析して画像化する検査です。肺や骨を除けば人体の解剖学的構造を表すのに非常に有用であり、かつ被曝もない検査方法です。一方でMRI検査は、がんと正常組織の差を確認するのが難しいため、PET-CT検査との組み合わせが有効だと考えています。

こだわり2

伊藤院長自ら「乳房用PET装置(PEM)」の研究・開発に携わる

伊藤院長自ら「乳房用PET装置(PEM)」の研究・開発に携わる
伊藤院長自ら「乳房用PET装置(PEM)」の研究・開発に携わる

微小な乳がんの発見にも役立つ乳房用PET装置(PEM)

仙台画像検診クリニックは、「プレミアムレディースコース(乳がんPEM検査付き)」を検査コースに設定しています。当院の伊藤院長は、「乳房用PET装置(PEM)」の研究・開発に携わっています。
PEMというのは乳腺に特化したPET装置で、従来のPET-CT検査では検出が難しかった4~5mmの乳がんを検出することができます。さらに、乳がんが乳腺の中で広がっていく、乳管に沿って広がっていくところを画像化して見ることができます。将来的には、乳がんの温存手術をする場合の範囲決定にも役に立つだろうと考えています。

早期発見が重要視される乳がんの検査にPEM検査を推奨

乳がんの検査を実施しているなかで、残念ながらかなり進行してから当院を訪れる方もいらっしゃいます。乳がんは早期に発見すればその後の人生への影響を抑えることができ、乳房を全部取らなくてもよいケースもあるので、ぜひ早期発見したい疾患です。とくに若い人は、乳腺組織が厚いために触ってもわからない、場合によってはマンモグラフィでも写ってこないことがあります。そのような厚い乳腺の人には超音波検査とPEM検査が非常に有用だと考えています。
当院では女性技師がマンモグラフィや超音波検査、そしてPEM検査を実施しています。また、PEM検査はシャツを1枚着た状態でも撮影できるため、リラックスして受診いただけます。

こだわり3

快適な環境で、受診者一人ひとりに寄り添うフォロー

快適な環境で、受診者一人ひとりに寄り添うフォロー
快適な環境で、受診者一人ひとりに寄り添うフォロー

読影はダブルチェック体制、受診後のフォローアップも重視

仙台画像検診クリニックでは、日本核医学会「核医学専門医」である伊藤院長を含む2名の医師によるダブルチェック体制で読影を行っています。検査結果については受診日から3週間を目安に報告書をお送りしており、ご希望の場合には予約制にて後日説明を実施しています。説明時には、専門用語をできるだけ使用しないようにして、受診者にしっかりと内容を伝えられるよう心がけています。
もしも検査で病気が見つかった場合には、引き続き当院で対応可能です。もちろん、ご希望に応じて紹介状の発行にも対応しており、一人ひとりに合ったフォローを心がけています。

ホテルのようにリラックスして検査に臨める環境を整備

「病院」「クリニック」というと、行くのに勇気がいるという方もいらっしゃいます。当院では、「また来年も来たい」と思ってもらえるよう、病院らしくない、ホテルのような環境を目指しています。院内はインテリアにもこだわった落ち着いた雰囲気で、リラックスして受診いただけるよう配慮しています。
もちろん、接遇面にもこだわりを持っています。受診者に寄り添う親切・丁寧な対応を心がけておりますので、なにかお困りのことがありましたら、お気軽にお声がけください。

こだわり4

アクセスしやすく、土日祝日の受診にも対応

アクセスしやすく、土日祝日の受診にも対応
アクセスしやすく、土日祝日の受診にも対応

遠方からお越しの方や忙しく過ごされている方にも配慮

仙台画像検診クリニックは、「受診しやすさ」も重要だと考えています。当院は「仙台駅」や「五橋駅」から徒歩でお越しいただける立地にあり、近隣にはホテルや宿泊施設が充実しているため遠方からの受診にも便利な環境です。
また、普段忙しく過ごしている方でも無理なく受診いただけるよう、当院では開院当初から土・日・祝日も検査を実施しています。どなたでも気軽に受診できる体制を整え、皆さまの受診をお待ちしております。

医師・スタッフ

院長:伊藤 正敏 先生

院長:伊藤 正敏 先生

院長の伊藤です。
末永く健やかな生活を送るためにも、ぜひ当院の人間ドックをお役立てください。

【略歴】
1972年 信州大学医学部 卒業
2007年 仙台画像検診クリニック 院長就任

仙台画像検診クリニックの基本情報

住所・最寄駅
宮城県仙台市青葉区五橋2-1-25

仙台市地下鉄南北線五橋駅(南1出口から徒歩2分) / JR仙石線仙台駅(西口から徒歩14分)
休診日
月 (祝祭日が月曜の場合、火曜日が休診になる場合があります)
支払方法
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/三菱UFJニコス
現金
責任者
伊藤 正敏 【略歴】
1972年 信州大学医学部 卒業
2007年 仙台画像検診クリニック 院長就任

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する