人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

杜の都産業保健会 一番町健診クリニックインタビュー

がん治療経験者の職場復帰を目標に、精度の高い、画像診断による病気の早期発見・早期治療を行う予防医療に取り組んでおります

【Dr.インタビュー】理事長:山田 章吾 先生
現在の日本社会では、がん治療経験者の社会復帰が非常に難しい状況にあります。より多くのがん治療経験者の職場復帰を後押ししたいと考え、精度の高い画像診断を提供することで、症状がない状態で病気を発見し、受診者の身体への負担を軽減できる早期発見・早期治療の予防医療を推進するべく日々努めております。さらに、男女別フロアを採用することにより、以前よりも受診者が健康診断を受診しやすい環境を整えております。

  • 先生が、医師を目指されたきっかけなどがありましたら、詳しくお聞かせください。

    生まれ故郷の長野県は、当時、教育県と言われていましたが、私自身は将来について何も考えていませんでした。取りあえず大学に入ろうと考え受験したのですが、結局浪人してしまいました。そのとき、高校の恩師から医師を目指してはどうかと提案されました。元々、医師は憧れの職業でしたが、自分がなれるとは思ってもいませんでした。恩師から提案されて初めて、自分でも勉強をし、医学部に入れば医師になれるのだと気づきました。

  • 先生が専門に選ばれた放射線科とはどのようなことをする科なのでしょうか?詳しくお聞かせください。

    私は放射線科の中でもがんの放射線治療を専門に行ってきました。現在の日本でがんの治療といいますと、手術と放射線治療、化学療法がありますが、放射線治療はなじみが薄いと思います。なぜなら、まず、がんを見つけると、切れるがんは手術で切除するということが前提で、どうしても切れない場合にのみ、われわれの放射線治療科にまわってくるからです。このような経緯もあり、主に、手術ができない受診者などの治療を行ってきました。

  • 先生は放射線科を専門にしていらっしゃいますが、なぜ数ある専門の中でその科を選ばれたのでしょうか?理由をお聞かせください。

    現在の日本では、がんを経験された受診者が職場復帰できないという問題が起きています。なぜかと言いますと、がん治療の主流である手術では周囲の臓器も取り除いてしまうため、損なわなくてもいいはずの機能まで損なってしまう場合があるからです。しかし、放射線治療であれば、たとえば、喉頭がんでも、声を残すことができる可能性があります。機能を残すことで受診者の職場復帰を後押ししたいという思いから放射線科を選択しました。

  • 一番町健診クリニックとは、どのような医療機関なのでしょうか?詳しくお聞かせください。

    当院の設置は昭和30年に発足した寄生虫予防協会というものが始まりです。昭和46年からは、主に宮城県にある事業所での健康診断を行い、平成19年以降は、東北地方全体を対象にした健康診断機関になりました。主にバスで各事業所に訪れ、そこで健康診断を実施しております。2011年の東日本大震災で建物1棟が倒壊した際に、移転場所をさまざま考えたのですが、受診者が来院しやすいよう町の中心部であるこちらに移転いたしました。

  • 一番町健診クリニックの特徴やアピールできる点などございましたら、詳しく教えてください。

    当院では、受付から退室までを男女別フロアにしております。この工夫が女性の方には落ち着いた雰囲気をもたらし、また男性の方は気を遣わずに済むという事で、大変好評をいただいております。一部の検査に関しては機器数の問題もあり、共有になりますが、そのときは女性受診者と男性受診者の方が、お互いに会わないように細心の注意を払っております。このように、受診者の視点に立った環境づくりに当院は率先して取り組んでいます。

  • 内視鏡検査をあえて、全身麻酔なしで行われていらっしゃいますが、その理由とは何でしょうか?詳しくお聞かせください。

    トラブルが起きたときに対処できないからです。たとえば、何らかの原因で呼吸が止まった場合、病院であれば対応できる医師がいますが、当院のような施設では専門の部署を置く余裕がありません。どうしても全身麻酔をしたいと言う方がいれば軽度ですが鎮静をさせていただいて、意識がほとんどある状態で検査を行います。このように、事前にご相談いただければ、可能な限り受診者の希望に沿った検査方法を提示させていただきます。

  • 一番町健診クリニックが掲げられている理念に関して詳しくお聞かせください。

    働く人の健康維持と増進に尽くすということを使命にしています。働く人、そのご家族、またはご両親の健康をチェックすることで、早期段階で病気を見つけて、機能を失うことなく職場復帰してもらうことを理念に掲げて日々スタッフ一丸となり頑張っております。また、その働くスタッフが明るく働くことのできる環境づくりをするというのも理念の一つとなっています。やはり、職員が明るく楽しく働いていないと良い仕事はできません。

  • 受診者の健康維持と増進のための健診を日々行っている中での、先生のやりがいを教えてください。

    あるときの健診で、47歳の男性と話をする機会がありました。彼の健診の記録には10年前に肺がんを患ったと書かれていました。しかし、診療時、胸に手術の跡は見当たりませんでした。すると受診者の方が、当院で受けた10年前の健診で早期の肺がんを見つけていただいたおかげで内視鏡手術を行う事ができ、傷も何もないのですと言われたのです。そのときにあらためて健診は必要だと実感し、早期で発見する事がわれわれの仕事だと思いました。

  • 一番町健診クリニックの強みや、得意なことなどあれば詳しく教えてください。

    健康診断の精度というところに強みがあると思います。採血に関しては、その結果が正常値を超えているかどうかをチェックするだけですので、どこの施設で行っても変わりはありません。しかし、たとえば胃がん、肺がん、あるいは乳がんの発見というのは画像診断がかなりのウエートを占めます。当院では、4、5人の放射線科の担当医が勤務しており、精度の高い画像診断を行えていますので、そこに強みがあると考えています。

  • 予防医療の重要性に関して、先生の考えをぜひお聞かせください。

    やはりどんな病気でも、早期に発見すれば医療費も少なく、手術などの大掛かりな治療をせずに済む場合が多くなります。そして病気を早期で見つけるのが健康診断です。当院で受診された方で2、3年前から精密検査が必要だと伝えたにも関わらず、病院にかからず、進行がんになっていたというようなケースもございます。症状が出てから治療となると、進行した状態で見つかるため、やはり無症状のうちに発見する事が第一です。

  • 健康診断の受診を考えていらっしゃる方に対して、先生からメッセージをお願いいたします。

    当院では、精度・信頼度ともに高い健診を目指して、職員が一丸となって日々頑張っております。受診する環境も男女別フロアを導入しているため、異性の目を気にすることなく検査を受けていただくことが可能です。検査の内容に関しても、事前にご相談いただくことで、受診者の要望に合ったものを提案させていただきます。さまざまな健診機関がございますが、ぜひ当院で一度健康診断を受けていただければと思います。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

検査コース一覧