人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

受診可能コース

アイコンをクリックすると各検査コースをご覧いただけます。
  • 駅近
  • カードOK
  • 女性専用エリア
  • バリアフリー

女性も受診しやすいクリニックを目指し、東京都杉並区で健康サポートを実践

医療法人社団靖和会 林脳神経外科メディカルクリニックは2014年6月にリニューアルしました。脳神経外科はもとより人間ドックなどの健診にも診療範囲を広げています。

脳疾患全般を意味する脳卒中は、がん・心臓病とならんで日本の死亡原因の上位を占めています。当院人間ドックでは、脳卒中の危険因子を早期に発見・診断することを目的として、磁力強度3.0テスラの「MRI(磁気共鳴画像撮影法)検査」を導入しています。

また、当院は地下1階を、「女性専用フロア」としています。そこに勤務するスタッフもすべて女性とし、女性にも気軽に人間ドックを受診できるようにつとめています。さらには、無料で当院内の下見をすることもできます。

当院は、東京都杉並区阿佐谷南にあり、東京メトロ丸ノ内線の「南阿佐ヶ谷駅」から徒歩5分、JR「阿佐ヶ谷駅」から徒歩15分です。京王井の頭線の「浜田山駅」からは、南北バス「すぎ丸」・けやき路線に乗って「青梅街道入口」バス停を下車、徒歩4分の場所にあります。
この地で、地域に頼られる医療機関を目指します。

林脳神経外科メディカルクリニックのこだわり

こだわり1

脳に関する検査をはじめとして胃・大腸・乳房の検査も設定

林脳神経外科メディカルクリニックのMRI
林脳神経外科メディカルクリニックのMRI

脳卒中リスクの早期発見を目指し、頭部MRI/MRA検査を実施

林脳神経外科メディカルクリニックでは、脳に関する検査をとくに重視しており、3.0テスラの機器によって、「頭部MRI検査」および「頭部MRA(磁気共鳴画像撮影法)検査」を受診できます。

頭部MRIでは「脳血管が詰まる疾患(脳梗塞など)」に関し、頭部MRAでは「脳血管が破れる疾患(脳出血や、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤など)」の危険因子についてそれぞれ検査します。

もともと当院は脳神経外科の診療からスタートした医療機関です。脳の検査にも脳神経外科学会認定の脳神経外科専門医があたり、脳卒中の危険因子を少しでも早期に発見・診断することにつとめています。

CTや胃カメラ、大腸内視鏡、マンモグラフィも導入

加えて当院では、CT(コンピューター断層撮影法)や、胃カメラ、大腸カメラ、乳房X線撮影(マンモグラフィ)などの各検査も導入しています。脳以外に胃がんや大腸がん、乳がんなどの危険因子の早期発見に対応しています。

胃カメラでは、内視鏡を鼻から挿入する経鼻検査と、口から挿入する経口検査を、受診者の希望に応じて選ぶことができます。当院では、初めてあるいは痛み・苦痛が心配な受診者向けとして、鎮静剤を使用する経口検査をおすすめしています。

こだわり2

女性が気兼ねなく受診できる環境作りへの取り組み

林脳神経外科メディカルクリニックの受付
林脳神経外科メディカルクリニックの受付

地下1階の女性専用フロアで「レディースドック」を実施

林脳神経外科メディカルクリニックでは「レディースドック」を実施しています。子宮がんや乳がんなど女性特有の疾患を早期発見・早期診断したいと希望する受診者におすすめです。
このレディースドックを受診する場所が、当院の地下1階にある「女性専用フロア(レディースフロア)」です。ここでは、人間ドックにかかわる医師や検査技師などスタッフ全員を女性としています。
当院は、できる限り女性にとって受診しやすい環境を提供できるように常に配慮しています。

こだわり3

「負担軽減策」と「感染対策」/ダブルチェックを実施

林脳神経外科メディカルクリニックの診察室
林脳神経外科メディカルクリニックの診察室

内視鏡検査時の負担を軽減するための取り組み

林脳神経外科メディカルクリニックでは、検査時の負担を軽減するためにいくつかの取り組みを実施しています。たとえば、胃カメラ検査で鎮静剤を使用するのはそのひとつです。

また、大腸カメラでは鎮痛剤を使用しているほか、観察のため腸管内に送気するものとして空気を使わずに「炭酸ガス」を用いています。炭酸ガスは空気にくらべて身体に吸収されやすいため、負担の軽減につながると考えます

こうした取り組みに要する費用は通常の人間ドック料金に含まれています。追加料金などは発生しません。

内視鏡に関する院内感染対策と読影の「ダブルチェック」

当院では、検査に使用する内視鏡は、専用の洗浄機と洗浄剤を用いているほか、使用者のほか洗浄・保管を担当したスタッフなどの事項を管理し、院内感染の可能性を減らすことにつとめています。

また、MRIをはじめとする画像検査に結果に関しては、当院の担当医師と読影専門会社の医師による「ダブルチェック」体制をとっています。また、脳の検査に関する報告書にはイラストを添え、受診者にわかりやすい内容となるようにこころがけています。

こだわり4

施設全体で調和をとり、清潔感や安らぎを提供する思いを込めた院内

林脳神経外科メディカルクリニックの待合室
林脳神経外科メディカルクリニックの待合室

検査室・待合室は清潔感を感じられるように配慮

林脳神経外科メディカルクリニックは、検査室・待合室とも、受診者が落ち着きと清潔感を感じられるフロアとなるように配慮しています。
人間ドックでは、身体に不安を感じて来院する受診者もけっして少なくないと思われます。そうした受診者の力になり、サポートできればと当院では考えています。

受診者に安らぎを提供する思いを込めた空間デザイン

当院の入口には、「地域の健康を守る」という理念をシンボル化したロゴマークと、「蝶」をモチーフとしたシンボルマークが掲げられています。蝶のマークは、女性が安心して受診できる医療機関をめざすという当院の考えを象徴します。
そして、施設全体としては「和」を意識した空間デザインがなされています。そこには、受診者に安らぎを提供できればという思いが込められています。

林脳神経外科メディカルクリニックの基本情報

住所・最寄駅
東京都杉並区阿佐谷南1‐9‐2Good地下一階・一階

東京メトロ丸ノ内線(池袋-荻窪)南阿佐ケ谷駅(1出口より徒歩5分) / JR中央本線(東京-塩尻)阿佐ケ谷駅(徒歩15分)
休診日
日・祝 (年末年始(2019年12月29日~2020年1月5日))
支払方法
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS ほか
現金
責任者
院長:林 靖人 【略歴】
1994年 日本医科大学 卒業
2014年 林脳神経外科メディカルクリニック 院長就任
【資格】
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する