《予約可》総合相模更生病院の人間ドック予約・施設情報|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

総合相模更生病院

検査コース一覧を見る この施設をお気に入りへ保存

総合相模更生病院

総合相模更生病院はPET-CTを導入している健診施設です

総合相模更生病院は、神奈川県相模原市中央区小山の広々とした敷地にたたずむ病院です。JR横浜線の「相模原駅」北口から徒歩1分の好立地にあります。相模原駅の周辺には金融機関やスーパー、飲食店などが集まっているので、お買い物や用事のついで、または通勤の行き帰りに気軽に検査が受けられる環境です。また、60台が駐車できる広々とした駐車場を備えており、車での来院もおすすめです。
人間ドックをはじめ、さまざまなオプションの検査コースを備えているので、ぜひ定期的なご受診をおすすめします。また、健康相談室を備えているので、どのようなことでも気軽に相談ください。

施設写真

  • 総合相模更生病院の設備
    PET-CT検査機です。
  • 総合相模更生病院の設備
    骨密度測定装置です。
  • 総合相模更生病院の設備
    マンモグラフィ検査機です。
  • 総合相模更生病院の院内
    こちらで診療を行います。

診療時間

診療時間
09:00~16:00 × × ×
09:00~12:00 × × × × × × ×

休診日:日・祝(年末年始(12/29~1/6))

土曜は一般診療のみ

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

  • ※予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。
  • ※次の時間帯は自動応答での折り返し受付となります。
    ・平日夕方18時から翌朝9時まで・土日祝日

地図・アクセス

  • 地図
  • ストリートビュー

総合相模更生病院のこだわり

こだわり その1みなさまが来院しやすい健診施設を目指して

総合相模更生病院の外観

総合相模更生病院が健診施設を設立した動機

当院ではPET-CTを使用した検査を用いて、疾病の早期発見や治療を行ってきました。施設の設備を充実させることで、地域のみなさまが健康に暮らすための環境づくりに努めています。また、できるだけ気軽に足を運んでいただけるよう病院内に健康相談室を開設して、さまざまな相談を受け付けています。地域のみなさまの良きアドバイザーとして今後も役割をしっかりと果たしていく考えです。さらに、さまざまなご要望にお応えできるように、人間ドックや各種健診、多種類のオプションの更なる充実を目指します。

来院しやすい駅近のアクセス環境

総合相模更生病院は、JR相模原線の相模原駅を出てすぐの場所に立地しております。北口を出ますと、右手目の前に当院がございます。駅からのアクセスが良く、どなたでも気軽にご来院いただけます。近隣はもちろん、東京都内からでもアクセスしやすい立地です。また60台まで駐車可能な駐車場がございますので、お車でのご来院もです。人間ドックを受診された場合、駐車場は3時間まで200円でご利用いただけます。

こだわり その2PET検査薬を院内で製造。読影ダブルチェック

総合相模更生病院の院内

総合相模更生病院ではPET検査薬を院内製造しています

総合相模更生病院では薬剤製造システムを導入して、PET検査薬を院内で製造しています。PETは、ポジトロン・エミッション・トモグラフィーの略で、一般の細胞よりもがん細胞の方がブドウ糖(FDG)を何倍も集めるという性質を利用した検査方法です。ブドウ糖(FDG)ががん細胞の目印になることで、がんの有無を検査しています。

日本医科大学付属病院放射線科と連携した読影のダブルチェック

当院の画像診断は提携する日本医科大学付属病院放射線科の医師によるダブルチェック体制で結果を判定しております。一人の医師の判断より、見落としの少ない診断が得られます。

こだわり その3ていねいなご説明と検査後のアフターフォロー体制

総合相模更生病院の院内

ていねいな医師による説明をうけることができる

総合相模更生病院では検査を行った後、希望者には検査結果の説明を行っています。結果の説明に料金はかかりません。また、説明は院長が直接行います。
検査後の流れは、検査して1週間ほどで検査・読影レポート・画像データをCD-ROMにてお送りしています。なお、ほかの医療機関から紹介された方は、紹介元の医師から説明を受けるようにしてください。総合診断書に不明な点や疑問点などがあれば、いつでも気軽に相談できます。

人間ドックなどの検査結果に問題点があった場合の対応

総合相模更生病院・健診施設の人間ドックで検査結果に異常が見られた場合には、当院での精密検査や治療に速やかに移行する体制が整っています。当院は診療科が充実しているので、情報共有による連携した治療を行えます。またご希望の診療施設へのご紹介も行っています。検査結果を見て適した医療機関を当院からご紹介することもあります。

こだわり その4PET-CT検査を実施しています

総合相模更生病院のPET-CT

PET-CTで全身をチェック

当院のPET-CT検査機は、SIEMENS社製のものを採用しています。超高感度クリスタルLSOという分解能検出器を備えたPET-CT装置を導入しているため、鮮明な画像での診断が可能です。
PETは、細胞の代謝などの「機能の変化」を調べることで、がんを発見する検査機器です。一度の検査で全身をみることができるので、がんなどを総合的にチェックしたい方におすすめの検査です。PET-CTでは従来のPETの機能に加えて、同時にCTの撮影も可能です。薬剤が体内のどの部分に集まっているのかをより詳細に画像化でき、有用な診断が期待できます。

インタビュー

予防医療の重要性が叫ばれる中で、規則正しい食生活と生活習慣に勝ることはないと考え、その重要性を懇切丁寧に説明しております

予防医療の重要性が叫ばれる中で、規則正しい食生活と生活習慣に勝ることはないと考え、その重要性を懇切丁寧に説明しております

Dr.インタビュー:井出 道也 名誉院長
地域全体で医療を補完し合うということをコンセプトに、周辺の各医療機関との役割分担を重要視しております。
たとえば、医療機器に関しては全て当院で設備投資を行うのではなく、地域にないものを当院で導入し、ほかの病院や地域医療機関の受診者のフォローアップを行います。当院ではPET-CTがそれに当たります。
また、当院自体は受診者が弱い立場にあることを基本に考え、人に対する仕事である事を日々意識して診療しております。

インタビューを見る
  • 先生が医師を目指されたきっかけについてお話をお聞かせください。

    医学部に行こうと決めたのはもう半世紀前になります。医学部に進学したい理由はさまざまありましたが、一つは仕事を選ぶなら人間を相手にする仕事をしたいということが理由として挙げられます。その中でも、人を相手にする仕事の中で、臨床医という仕事に惹かれ医学部を目指しました。50年経った今でもその選択は間違っていなかったと思っております。

  • 医師として、常日頃から心がけていることがありましたら詳しく教えてください。

    相手が受診者であるということを認識することです。受診者と医療者の関係は対等ではなく、どうしても受診者が弱い立場となります。われわれが受診者を診るときは受診者が弱い立場であるということを基本に考えております。また、人に対する仕事であることを意識して取り組んでいます。人と人との仕事であることを認識しないと徐々に無機的な仕事になってしまいます。私はこの2点を心がけて日頃から診療をしております。

  • 人間ドックを受診する方と接する際に気を付けていることなどがありましたら教えてください。

    人間ドックを受診する方はさまざまなことをお尋ねになります。その際、分かりやすく説明することを心がけております。今は医療知識も手に入りやすくなったため、受診者の方でも豊富な知識を持った方がたくさんいらっしゃり、いろいろなリクエストをいただくこともございます。受診者のリクエストに応えることは重要なことではございますが、医師としてしっかりと分かりやすく説明することを心がけております。

  • 院内設備に関してこだわられた点などがありましたら詳しくお聞かせください。

    基本的に病院は検査や治療をするところであり、レストランやホテルとは違うためアメニティーなどに力を入れているということはございません。重要なのは清潔を保つことです。病気の方と人間ドックなどの健診で来られる方と目的は違いますが、院内でクロスし院内感染などが発生する可能性があります。そのようなことがないよう、清潔ということを一に考えております。院内感染対策をとった上で、過ごしやすい環境を作っております。

  • 導入されている医療機器に関して、特にこだわって導入されたものがありましたら教えてください。

    当院は10年前に今の本館を新築いたしまして、その際にPET-CTを導入いたしました。一つの医療機器の地域共同利用というものをコンセプトとして掲げており、全て当院で賄うのではなく、地域に無いものを当院で用意し、地域内の医療体制を補完し合うようにしております。設置してから10年が経ち、地域の方に利用していただけるように情報発信などを率先して行ってまいりましたので、予定通り活用していただいているところです。

  • ほかの医療機関との違いに関してアピールできる点をお話しください。

    今の医療の世界では、地域内で医療体制を補完し合うという考え方が注目を集めております。この部分はこの病院が一翼を担う、その他の部分はほかの病院が補完していくという風にして、地域内で相互補完することです。もちろん大学病院でしかできないこともございますが、特に地域の病院協会や医師会が中心になり、ほかの医院との差別化というよりも相互に足りない部分を補完し合うという考え方を重視しております。

  • 総合相模更生病院で掲げられている理念について詳しくお聞かせ願います。

    基本理念に掲げているのは、「信頼と調和、そして安全」です。ありきたりなことですが、やはり病院には欠かせない部分だと思っております。それに加えてよく言われているのは受診者の満足度「CS: Customer Satisfaction」です。そして、職員の満足度「ES: Employee Satisfaction」であります。職員が満足して働いていなければ、受診者に納得はしていただけないという考えにのっとって、職場環境、働いている者が満足して働けるようにということを基本理念として考えております。

  • 医師になって良かったと思った瞬間などのエピソードがありましたらお聞かせください。

    常に医師として当たり前のことをしているだけなので、特に語れるエピソードはありません。しかし以前、大学病院などから末期がんの方が、もう抗がん剤はやめたい、治療は受けたくないといって当院を訪ねてくださることがございました。この方には苦痛を和らげる治療のみで、ご本人の意思を尊重して対処療法にとどめました。その方はいまわの際に「先生ありがとう」と言って亡くなっていかれたのですが、それが非常に印象的でした。

  • 時代が変わり、命を救うだけが医師の使命ではなくなってきているということでしょうか?

    医師の仕事はこれまでは命を助けることが至上命題でありました。しかし2025年問題があり、高齢者が多くなることで亡くなり方というのもさまざまなパターンがあります。病気の治療という点ではある程度医療者に任せていただきたいと思いますが、本当にターミナルのステージになった際は、それぞれの方がご自分の人生のフィナーレをどのように迎えるか、それをお手伝いするのが医師の仕事にもなってくると考えております。

  • 予防医療の重要性に関して先生の考えを詳しくお聞かせください。

    昨今、病気の予防をするために食生活から何から何まで改善すべきだと言われる訳ですが、そういった規則正しい生活習慣が身もふたもない話、全てでございます。不必要に健康ということだけをメインに取り組むことに対しては、むしろ警鐘を鳴らしたいと考えております。正しい食生活、つまり三大栄養素をしっかりと摂取すること、そして一般的な生活習慣をきちんと整えることに勝ることはないだろうと考えております。

  • 予防医療の重要性を広める取り組みはどのようなことをされていらっしゃいますか?

    人間ドックや健診で来られた方々に共通してお話するのは、生活習慣を整えるということです。ただ、お勧めはしておりますが、アルコールや喫煙も個々の人生観になるため、禁煙外来などはございますが、それらもご自分の意思で通われる所です。飲み過ぎれば水でも身体に悪いわけですから、適度な所や過剰になるとどういったことになるかといったことを懇切丁寧に説明して、ご了解いただくことを心がけております。

  • 先生の健診にかける想いについて詳しくお話をお聞かせください。

    健診や人間ドックで病気が早く見つかれば、それに対する治療もしやすいということで、定期的に身体のチェックをするということは、非常に重要だと思っております。大病をして、思いがけない病に取りつかれるということは、長い人生の中で大きなつまずきになりますので、それが対処できるうちに見つけるということは一人ひとりの人生を充実したものにする上で非常に重要だと考えております。

  • これから総合相模更生病院をどのような医療機関にしていきたいとお考えですか?

    当院は二百数十床の中小の病院でございます。最近マスコミでも言われるようになりましたが、国が地域医療構想というのを立ち上げ、病院を超急性期、急性期、回復期、慢性期と四つに分けるという話があります。われわれ中小の病院は一般急性期と回復期、超急性期の受診者さんが、まだ在宅医療は難しいが家に帰るための一つのステップの場を提供するというのが重要なミッションになるのではないかと考えております。

総合相模更生病院の検査コース

  • 料金:  108,000円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代

    ◆スタンダードなPET/CTがん検査です。PETが初めての方にぜひお勧めのコースです。
    ◆PETとCT、二つの画像を組み合わせて全身のがんの有無を診断します。
    ◆画像の読影は2人の医師が行い、日本核医学会認定核医... 続きを見る

  • 料金:  139,000円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代

    ◆PET/CTがん検査に肝機能や脂質をチェックする血液検査を加え、その他、肝炎や糖尿病も調べられる充実のコースです。
    ◆PETとCTで二つの画像を組み合わせ全身のがんの有無を診断します。
    ◆画像の読影は2人の... 続きを見る

  • 料金:  175,000円 (税込)

    • 専門医
    • 読影W
    • 男女共通
    • 全年代

    ◆PET/CT検査や腫瘍マーカーでがんチェックだけではなく、心電図を使っての心疾患検査、骨密度検査、甲状腺や腹部の超音波検査、動脈硬化を発見する脈波検査、その他、糖尿病や脂質異常症などのチェックを行う... 続きを見る

総合相模更生病院

住所
神奈川県相模原市中央区小山3429番地 地図・アクセス
休診日
日・祝(年末年始(12/29~1/6))
施設について
バリアフリー対応
責任者
井出 道也
1978年 日本医科大学医学部 卒業
最寄り駅
相模原駅(北口より徒歩1分)
アクセスについて
駐車場あり/60台(有料)/駅近(徒歩10分以内)
クレジットカード対応
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが右のメールフォームからお問い合わせをお願い致します。誤りを報告する

このエリアの他の施設を見る

神奈川県の医療機関をもっと見る

検査コース一覧を見る

EPARK人間ドック予約受付ダイヤル
0066-9809-0000127

24時間受付
通話料無料

閉じる