大腸がん検診とは?検査内容や項目|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

大腸がん検診とは?

大腸がん検診とは、大腸(下部消化管)を検査することによって、主に大腸がん(さらには大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などの)リスクを調べる検査コースの総称です。大腸がん(結腸がん+直腸がん)は、がんの部位別死亡数では2位と、肺がん、胃がんとともに多くみられるがん種です。その疾患リスクの早期発見は、受診者や家族はもとより社会的にも大きな意味を持っています。

実際の大腸がん検診では、便潜血反応検査(2日法)や下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)などが実施されます。また昨今は、大腸CT検査(大腸3D-CT検査)を実施する健診施設もみられ始めています。

大腸がん検診の検査項目

大腸がんの一次検診では、「便潜血検査」・「直腸診」などが行われています。
施設や受診コースによって異なります。

便潜血検査
(化学法・免疫法)
大腸内のがん組織はもろいため、がんがある部分を便が通過する際に刺激を受け容易に出血します。この便に混じったわずかな血液を検査する方法が便潜血検査で、血液中に存在するヘモグロビンというタンパク質を検出します。
専用の容器に便を少しつけて提出し、便のなかに血液が混ざっていないかどうかを調べます。
健康診断で2日分の提出を求められることも多いですが、それは1度だけではたまたま便がとおった時に出血しなかったり、検査棒で便をさす時に血の付いていないところをさしてしまう可能性があるからです。2つ出したうち、1つだけに潜血反応が見られることもあるのです。
直腸診
(直腸指診)
肛門から触診によって直腸にしこりがないかどうかを確認します。 ベッドに横になって緊張せずにリラックスしましょう。
肛門から近い直腸部分にがんがある場合に直腸診は有用です。

大腸がん検診 便潜血検査で陽性が出てしまった場合

問診や便潜血検査は事前の準備は必要ありません。
ここでは、便潜血検査で陽性が出てしまった後の検査についてお伝えしていきます。

便潜血検査が陽性となるのは大腸がんだけではありません。便が体外に出るまでのどこかで出血している部位に触れると陽性反応を示すので、痔のような出血でも陽性反応が出ることもあります。

どこからの出血かを確かめるために大腸内視鏡という検査があります。 大腸内視鏡検査は、肛門から軟らかい管状の小型カメラを挿入する方法です。

まず小腸との境目まで内視鏡の先端を進め、その後、徐々にカメラを引き出しながら結腸、直腸をくわしく観察します。

※大腸内視鏡の検査前には、下剤を飲んで腸内を綺麗にしておく必要があります。約2Lのお水に溶かした下剤を数時間かけてゆっくり飲んで、検査に備えましょう

大腸がん検診の検査の流れ

施設や受診コースによって異なります。

前日

準備

消化に時間のかかる食べ物の摂取は避け、水分(水・お茶)は多めに摂るようにしてください。

当日

問診

当日摂取できるのは水分(水・お茶)のみで、食事、喫煙はできません。

検査

終了

医師から結果の説明後、帰宅となります。

コラム

国立がん研究センターの統計(2017年7月時点の最新)によると、2014年に日本における「大腸がん」の10万人対死亡率(人口10万人あたりの年間死亡数)は、男性で42.9、女性では34.6でした。

この統計では、がんによる部位別の死亡数(2014年)についても、示しています。それによると、大腸がんは男性で肺がん、胃がんに次ぐ3位、女性では1位でした。

大腸がんは早期に発見すれば、お腹を切らずに内視鏡で治療することができます。検診を受ける人の数を増やしていけば、間違いなく減らせるがんといわれており、アメリカなどでは大腸がん検診の受診率を上げるために国家レベルで努力がなされています。日本も例外ではありませんが、まだまだ受診率は十分ではありません。

大腸がんのリスク

生活習慣では体重超過と肥満、過度の飲酒がリスクとなります。また、ベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉は、大腸がんリスクの可能性があるといわれています。

遺伝的要因では、直系の親族に大腸がんの人がいるという家族歴がリスクと要因になります。とくに、家族性大腸ポリポーシスと遺伝性非ポリポーシス性大腸がん家系は注意が必要です。血縁者で大腸がんを患った人がいる場合は、積極的に検診を受けることが推奨されます。

大腸がんの症状

大腸がんは早期では自覚症状がない場合がほとんどです。進行してくると、食欲不振、残便感、腹部膨満感、腹痛、血下痢・便秘を繰り返す、便が細くなる(便柱狭小化)、便・下血、貧血、原因不明の体重減少などが出現します。

血便の頻度が高いといわれていますが、血便というと痔のイメージがあるのか、便に血が混ざっていても「まあ軽い痔だから大丈夫だろう」と様子を見てしまうケースも多いようです。症状が長引いたり、いつもと違う感じがしたら、早めの受診を心がけましょう。

また、上記のとおり大腸がん日本人(とくに女性)に多いがんです。定期的な検診で早期発見、早期治療できるようにしましょう。

その他の検査コースを見る

男性・女性のための検査コース

  • 人間ドック
  • 脳ドック
  • PET検診
  • 心臓ドック
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診
  • 健康診断

男性向けコース

  • メンズドック

女性向けコース

  • レディースドック
  • 婦人科検診
  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診