健康診断とは?検査内容や項目|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

健康診断とは?

健康診断とは、現状の基本的な健康状態をチェックするための検査コースの総称です。一般的には法定健診(労働安全衛生法などにもとづいて会社などで実施される定期健康診断や就職時などに受診する健診)を指す場合も多いですが、健診施設によっては通常の検査コースとして設定している場合もあります。主な検査対象には、肺がん、高血圧、腎臓の病気、不整脈、糖尿病、結核、膀胱炎、肥満、メタボリックシンドロームの各リスクなどがありますが、検査項目は通常、人間ドックより少ないことが特徴です。

ほかにも健康診断としては、40歳~74歳の医療保険加入者を対象に2008年より始まった特定健康診査(特定健診、メタボ健診)があります。メタボリックシンドロームに着目した健診で、自治体や健保組合に実施義務があります。特定健診を受診した結果、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善で予防効果が期待できる人に対して、保健師・管理栄養士などが実施する指導は特定保健指導と呼ばれます。

健康診断の検査項目

労働安全衛生規則(労働安全衛生法などにもとづく実施規則)第44条に定められている定期健康診断の項目は次のとおりです。

1 既往歴および業務歴の調査
2 自覚症状および他覚症状の有無の検査
3 身長、体重、腹囲、視力および聴力の検査
4 胸部エックス線検査および喀痰検査
5 血圧の測定
6 貧血検査(血色素量および赤血球数)
7 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
8 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
9 血糖検査
10 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
11 心電図検査

※年齢などにより医師が必要でないと認めるときは省略できる項目もあります。

健康診断の流れ

施設や受診コースによって異なります。

前日

禁止されているのは飲酒です。血液検査や尿検査に影響が出る可能性があるためです。
また、健診開始の10時間前までに食事を済ませることが基本です。コーヒーなどカフェインを含む飲み物、清涼飲料水など糖分を含む飲み物、タバコなども食事と同じ扱いです。服薬している人は、事前に医師に確認する必要があります。

当日

検査

終了

健診終了です。お疲れさまでした。

コラム

健康診断と人間ドックは、どちらも「身体の状態をチェックする」意味では同じです。ただ、内容面ではかなりの違いがあります。

まず、健康診断が無料ないし低額であることに対し、任意で受診する人間ドックは、検査コースによって数万円からときには十数万円の費用がかかります。

また、検査項目数では、人間ドックは50項目以上と健康診断を大きく上回ります。健康診断が、健康状態の確認と生活習慣病の危険性を調べることを主眼にしているのに対し、人間ドックは、生活習慣病を含む一般的な疾患や、がんなど悪性疾患の早期発見を主眼にしているためです。

さらには、健康診断では受診後すぐに結果の説明を受けることはありません。一方の人間ドックでは、受診当日に判明する範囲で医師による結果説明が実施されることはめずらしくありません。また、それを元にした保健指導を受けることも一般的です。

それでは下記に、日本人間ドック学会の「機能評価認定施設」で実施されている人間ドックの検査項目と、一般的な健康診断(法定健診:35歳と40歳以上が対象)の「比較表」を示します。これは、日本人間ドック学会の基本検査項目に沿ったものです。

区分 検査項目 この検査でわかる疾患 機能評価認定施設
での人間ドック
健康診断
(35歳と40歳以上)
身体計測 身長 メタボリックシンドローム
体重
肥満度
BMI
腹囲 ●(40歳以上)
生理 血圧測定 高血圧
心電図 心筋梗塞、狭心症、心肥大、不整脈など
心拍数 ×
眼底検査 緑内障、高眼圧症 ×
眼圧検査 網膜剥離、眼底出血、緑内障、動脈硬化など ×
視力検査 近視、遠視、乱視など
聴力検査 難聴
呼吸機能検査 肺気腫、肺容積の縮小など ×
X線・超音波 胸部X線 肺炎、肺結核、肺がん、肺気腫、胸水など ●2方向から撮影 ●1方向
上部消化管X線※1 ポリープ、潰瘍、がんなど ×
腹部超音波 腎臓がん、結石 ×
生化学 総蛋白 肝機能の異常 ×
アルブミン 肝機能の異常 ×
クレアチニン 腎機能の低下 ×
尿酸 痛風、尿路結石、腎臓障害など ×
総コレステロール 動脈硬化、虚血性心疾患、脳血管疾患など ×
HDLコレステロール 糖尿病、肥満など
LDLコレステロール 心筋梗塞、脳血栓など
中性脂肪 高脂血症、動脈硬化など
総ビリルビン 肝機能の異常 ×
AST(GOT) 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、
肝臓がんなど
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP) アルコール性肝障害、慢性肝炎など
ALP 肝臓障害、骨疾患など
血糖(空腹時)※2 糖尿病 ▲(HbA1cといずれか)
HbA1c 糖尿病 ▲(空腹時血糖といずれか)
血液学 赤血球 多血症、貧血など
白血球 感染症など ×
血色素 鉄欠乏性貧血など ×
ヘマトクリット 血液の濃度(ドロドロかどうか) ×
血小板数 慢性骨髄性白血球、
血小板減少性紫斑病など
×
MCV ビタミンB12欠乏性貧血、葉酸欠乏性貧血など ×
MCH ×
MCHC ×
血清学 CRP 細菌性感染症、心筋梗塞、ウイルス性感染症、急性肝炎など ×
血液型(ABO) ×
血液型(Rh) ×
梅毒反応 梅毒 ×
HBs抗原 B型肝炎 ×
尿 蛋白 腎機能の低下
PH 酸塩基平衡の異常
尿糖 糖尿病、膵炎、甲状腺機能亢進症、
腎障害(腎不全)など
×
沈渣 前段階の検査で見つかった異常がどのような疾患に由来するものかを判断する ×
潜血 尿のとおり道に炎症がある ×
比重 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病など ×
便 潜血 大腸がん ×
問診・診察 内科
情報提供 ×
質問票
説明、教育、指導 ×

※1:原則としてX線検査とする。受診者からX線検査が困難との申し出があり医師が必要と認めた場合、内視鏡検査に変更することも可です。
※2:2日ドックの場合は血糖(75gブドウ糖負荷試験)になります。

以上のように、健康診断と人間ドックの内容には違いがあります。共通しているのは、いずれも受診した時期における客観的な健康状態を示していることであって、将来の健康を保証するものではないことです。たとえ検査結果が「異常なし」であったとしても、日常的な健康管理が重要なことに変わりはありません。

その他の検査コースを見る

男性・女性のための検査コース

  • 人間ドック
  • 脳ドック
  • PET検診
  • 心臓ドック
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診
  • 健康診断

男性向けコース

  • メンズドック

女性向けコース

  • レディースドック
  • 婦人科検診
  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診