人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

豆知識 この検査は何のため?

頸動脈エコー検査とは?

各種の超音波(エコー)検査は、超音波を身体のなかに向けて発信し、身体のなかのいろいろな部分ではね返ってきた超音波を検出して画像化します。頸動脈超音波検査では、主に大動脈から分岐した頸動脈や椎骨動脈の様子をくわしくみていきます。いずれも脳へ血液を供給する大事な血管です。

仰向けや横向きに寝そべって、首にゼリーを塗って、プローブ(探触子)と呼ばれるセンサーのような機械を首の表面に当てて沿わせるように上下させたり、向きを変えたりしながら全体を観察していきます。

頸動脈超音波検査でわかること

頸動脈が断層撮影された画像により、血管の壁の厚さと内側をみることができます。

そのため、動脈硬化によって分厚くなった血管壁や、壁にこびりついたプラーク(高脂血症によって生じた脂肪などの塊)や血栓、石灰化などがわかります。

また、壁にこびりついたプラーク部分の面積と、きちんと血液の流れがある部分の面積の比率を計算して、血管がどの程度狭くなっているか(狭窄率)も調べることができます。

頸動脈は脳に血液を送る血管です。総頸動脈が内頸動脈と外頸動脈にY字路に分かれており、内頸動脈が脳に血流を送っています。ここにこびりついたプラークがはがれ落ちると、それは当然脳に飛んでいくおそれがあります。

身体のなかの血管は末梢に行くほど細くなっていきますので、頸動脈にとっては小さなプラークでも、抹消の細い脳の血管にとってみれば完全に塞がってしまうくらいの大きなプラークです。これで脳の血管が塞がってしまった状態が脳梗塞です。

頸動脈超音波検査は、脳梗塞のリスクを事前に予想することができる検査です。プラークなどの動脈硬化がみつかったとき、多くの場合は高血圧症、脂質異常、糖尿病、肥満、喫煙などの危険因子があるといわれています。

頸動脈のプラーク発見をきっかけに、これらの危険因子を治療することで、脳梗塞を予防する道が開けれます。

また、頸動脈にプラークがあるということは、身体の他の血管にもプラークがあるおそれがあります。たとえば心臓の冠動脈などにもプラークがあるかもしれません。動脈硬化は全身に起こる可能性があります。早い段階で発見して、少しでも早く進行を食い止めることが大切です。