人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127(通話料無料・24時間受付)

予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

豆知識 この検査は何のため?

乳腺エコー検査とは?

乳腺超音波(エコー)検査では仰向けに寝て、両側の乳房の表面にゼリーを塗って、プローブ(探触子)と呼ばれるセンサーを表面にあてて観察します。

乳がん、乳腺嚢胞、乳腺線維腺腫、乳腺炎、乳腺症、乳管拡張などの疾患について調べることができます。

マンモグラフィ、超音波、MRIの3つがある理由

乳腺の検査にはマンモグラフィ、超音波(エコー)検査、MRI検査の3種類があります。

乳腺の診断は1回の画像検査のみでは確実なことがいえない場合が多いです。たとえば、マンモグラフィで乳がんを疑う「微細石灰化」や「構築の乱れ」といった異常所見が指摘された場合に、よりくわしく調べるために超音波検査やMRI検査を受診してみても何も異常がみつからないということがあります。

逆に超音波検査では異常所見があったが、マンモグラフィやMRIでは何も異常がないということもあります。このような事例はけっしてめずらしい話ではありません。

多くの場合、マンモグラフィ→超音波検査→MRI検査の順序で検査スケジュールが組み立てられますが、けっしてこの並び順に優れた検査というわけでもありません。

上記の例のようにマンモグラフィで異常所見があり、超音波検査とMRI検査で異常所見がない場合に、乳房に針を刺して組織を採取してみたらがんだったということもあるのです。

つまり、3つの検査を上手に組み合わせながら、少なくとも1つの検査で異常があった場合は、状況に応じて組織を採取して調べる検査や経過観察をすることが大切なのです。

最近ではPET検査が普及してきたこともあり、乳腺PET検査を検診やドックで提供する医療機関もあります。40代以降の女性であれば、PET検査もあわせて受診してみてもよいでしょう。