人間ドック・各種検診を受診される皆さまへ
現在、関東甲信越および東北地方を中心に、浸水や断水、停電が発生している地域があります。
そのため、対象地域の医療機関によっては受診状況が変動する場合がございます。受診の際は事前に各医療機関へご連絡の上、確認をお願いいたします。

人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。医療機関直通の番号ではありません。

豆知識 この検査は何のため?

大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査は、下部消化管内視鏡検査あるいは大腸カメラとも呼ばれます。肛門から内視鏡をそう入し、大腸の粘膜の状態を直接観察する検査です。大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などの発見に役立ちます。

検査前に自宅あるいは健診施設で下剤を内服して腸のなかを空にした状態で検査に臨みます。横向きに寝て、肛門から内視鏡を入れて奥へ進め、5分から30分程度で検査が終わります。

大腸内視鏡検査でわかること、できること

大腸内視鏡検査では、肛門〜盲腸までを観察することができます。直腸、結腸の炎症、がん、ポリープなどを評価することができます。もし、疾患らしきものが見つかった場合、ただカメラの映像で観察するだけでなく、内視鏡の先端から組織を採取することができます。早期のがんや、ポリープであれば内視鏡のなかに仕込まれた装置で切除、治療することができる場合もあります。