《予約可》東京都大田区の医療機関一覧|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

人間ドック・検診予約専用ダイヤル:0066-9809-0000127

通話料無料・24時間受付。予約専用の番号です。施設直通の番号ではありません。

検索条件

東京都 大田区の医療機関検索結果

東京都 大田区で予約可能な医療機関は 7件の医療機関です。
EPARK人間ドックでは、東京都 大田区の医療機関を検索し予約することができます。

7件中 1~7件表示
山田医院(東京都 大田区)
  • 駐車場あり
  • キッズスペース

医療法人社団緑山会「山田医院」は、東京23区最大の面積を持つ大田区のなかでも、最南端の羽田地区にあります。50年以上にわたってこのエリアの方々に寄り添って診療を続けてきました。現院長が引き継いでからは、... 続きを見る

  • 東京都 大田区羽田2-22-3  地図
  • 最寄り駅: 大鳥居駅(徒歩8分) / 穴守稲荷駅(徒歩8分)
  • 休診日:日・祝(第1.3.5金曜は休診)

更新日:2018年9月10日

広浜内科クリニック(東京都 大田区)
  • 駅近
  • 広浜内科クリニック
  • 広浜内科クリニック
  • 広浜内科クリニック
  • 広浜内科クリニック
  • 広浜内科クリニック

広浜内科クリニックは東京都大田区矢口にあり、東急多摩川線武蔵新田駅から徒歩約1分でお越しいただけます。当院は、病気の治療だけではなく、受診者の抱えている不安や悩みを含めた「苦しみ」を少しでも取り除け... 続きを見る

  • 東京都 大田区矢口1-6-17エクセレンスコート橘1F 地図
  • 最寄り駅: 武蔵新田駅(1番出口より徒歩1分)
  • 休診日:日・祝

更新日:2018年5月17日

安田病院(東京都 大田区)
  • 駅近
  • カードOK

医療法人財団 安田病院は、2020年に開院100周年を迎える医療機関です。JR「大森駅」東口から徒歩1分の場所にある当院には、大田区や品川区にお住いの方々を中心に多くの方々が訪れます。 高齢化が深刻化する昨今... 続きを見る

  • 東京都 大田区大森北1-11-18  地図
  • 最寄り駅: 大森(東京都)駅(東口から、徒歩1分) / 大森海岸駅(徒歩10分)
  • 休診日:日・祝(年末年始(12/30~1/3)は休業)

更新日:2018年9月25日

検査コースをもっと見る(全7件)
さたけクリニック(東京都 大田区)
  • 駐車場あり
  • 送迎あり
  • バリアフリー
  • さたけクリニック
  • さたけクリニック
  • さたけクリニック
  • さたけクリニック
  • さたけクリニック

さたけクリニックは、東京都大田区大森北の「八幡通り入口交差点」付近にある診療施設です。最寄り駅は、JR大森駅より徒歩6分、京急本線の大森海岸駅より徒歩6分の所要時間です。 当院では、日本消化器内視鏡学会... 続きを見る

  • 東京都 大田区大森北4-10-2 地図
  • 最寄り駅: 大森(東京都)駅(バス3分) / 大森(東京都)駅(徒歩6分) / 大森海岸駅(徒歩6分)
  • 休診日:日・祝(木曜・土曜午後休診)

更新日:2018年8月10日

田園調布中央病院(東京都 大田区)
  • 駅近
  • 女性専用エリア
  • 田園調布中央病院
  • 田園調布中央病院
  • 田園調布中央病院
  • 田園調布中央病院
  • 田園調布中央病院

田園調布中央病院は、東京都大田区田園調布にある地域に密着した医療を提供しています。地域に貢献することで、地域を支え続け、女性向けの検診にも力をいれています。当院は、東京都大田区田園調布に位置し、東急... 続きを見る

  • 東京都 大田区田園調布2-43-1 地図
  • 最寄り駅: 田園調布駅(徒歩1分)
  • 休診日:日・祝(【乳がん検診休診日】※日曜祝日、月曜午前 休診 ※土曜第2・4午前のみ診察可)

更新日:2017年12月21日

牧田総合病院人間ドック健診センター(東京都 大田区)
  • カードOK
  • 女性専用エリア
  • 健診専用施設
  • バリアフリー
  • 人間ドック学会機能評価認定施設
  • 牧田総合病院人間ドック健診センター
  • 牧田総合病院人間ドック健診センター
  • 牧田総合病院人間ドック健診センター
  • 牧田総合病院人間ドック健診センター
  • 牧田総合病院人間ドック健診センター

社会医療法人財団仁医会「牧田総合病院人間ドック健診センター」は、受診者の健康寿命の延伸を掲げて人間ドックを実践している、日本人間ドック学会の機能評価認定施設です。健康寿命とは、生活の質(Quality of L... 続きを見る

  • 東京都 大田区西蒲田4-29-1 地図
  • 最寄り駅: 蒲田駅(徒歩10分) / 蓮沼駅(徒歩12分)
  • 休診日:日・祝(年末年始)

更新日:2018年9月26日

宮下外科(東京都 大田区)
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
  • 宮下外科
  • 宮下外科
  • 宮下外科
  • 宮下外科
  • 宮下外科

宮下外科の特色 東京都大田区(最寄:蒲田駅)にあります、宮下外科です。 宮下外科は脳神経外科・消化器科・外科に注力し、長い経験と実績により地域密着型の診療所として厚い信頼を頂いております。 又、... 続きを見る

  • 東京都 大田区西蒲田6‐23‐8 地図
  • 最寄り駅: 蒲田駅(西口から徒歩13分) / 蓮沼駅(徒歩5分)
  • 休診日:日・祝(木・土曜は午前診療のみとなります。)

更新日:2018年1月15日

7件中 1~7件表示
件中 1~7件表示

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

続きを見る

こんな方にオススメ

こちらのコースのご予約はお電話またはメールにて承っております。

0066-9809-0000127
(通話料無料・24時間受付)

メールで問い合わせる

件中 1~7件表示

東京都大田区の人間ドック・検診関連情報

眼科眼科(緑内障等)検診の実施

緑内障は、視神経が傷つき、見える範囲がだんだん狭くなる眼病です。自覚症状が少なく、早期発見が大切です。平成27年度までは「緑内障検診」の名称で実施していました。眼科(緑内障等)検診には予定数(2,700人)があります。大田区内在住の45歳、50歳、55歳、60歳、65歳の人を対象とし、500円の自己負担額で、問診、視力検査、眼圧検査、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査(眼底検査を含む)、前房隅角(ぜんぼうくうかく)検査、眼底カメラ撮影を検査項目としています。

大田区における健康を取り巻く現状

「平成23年度東京都人口動態統計」による大田区の主要死因別死亡順位をみると、区部や東京都では、いわゆる生活習慣病といわれる「がん」、「心疾患」、「脳血管疾患」が上位3位を占めているのに対して、大田区では、「がん」、「心疾患」に続き、第3位に「肺炎」が位置しています。また、「平成25年大田区保健衛生事業資料集」による大田区の主要死因分類・性・年齢階級死亡者数では、がんが50歳から、心疾患と脳血管疾患が60歳からおおむね増加しています。また、肺炎は80歳以上が多くなっています。

スポーツで健康になる取り組み

大田区は平成24年6月にスポーツ健康都市宣言を行いました。大田区はスポーツ健康都市として、区民がスポーツを楽しみ、スポーツで健康になることを支援しています。また、これを記念して、区民スポーツまつり等の記念行事を毎年行っています。記念事業への参加や普及啓発を通して、区民が積極的に運動に取組む機運を高めていくことを目的としています。平成29年10月に行われた「第34回大田区区民スポーツまつり」では、大田区内全47会場にて、「ふわふわトランポリン」、「みんなで太極拳に挑戦しよう」など、幅広い年齢層の人が参加できる祭りが行われました。

運動習慣の現状

「平成24年度大田区健康に関するアンケート調査」によると、健康のために実践している生活習慣の質問において、「定期的に運動する」を選択した区民は38.8%でした。その中で性/年代別では、働き盛りの30代男性が32.4%と男性の中では一番低い数値となっています。一方、女性では20代が15.7%と最も低い数値となっています。生活習慣病予防の観点からも「定期的な運動」の推進が必要と考えられます。